【スペック】全長×全幅×全高=4445×1765×1675mm/ホイールベース=2625mm/車重=1400kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpm)/車両本体価格=200.0万円(テスト車=245.0万円)

日産エクストレイルS(4AT)【ブリーフテスト】

日産X-TRAIL(エクストレイル) S(4AT) 2000.11.16 試乗記 ……245.0万円 総合評価……★★★★

バリュー・フォア・マネー

ライトクロカンとミニバンを足して2で割ったようなクルマだが、その発想がよい方に実を結んだ。サイドガラスとドアを直立気味に立てているから、車内空間は広い。後席クッションを取り外し、バックレストを倒し、助手席背もたれをフルリクライニングすれば、ロングボードを収納可能。実質的で使える工夫だ。未舗装路での乗り心地とハンドリングはクロカン同等かそれ以上だし、踏破力も高そうだ。おまけに価格も手頃。バリュー・フォア・マネー。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年10月19日に発表された日産の小型ヨンク。エクストリーム系スポーツ、いわゆる「横ノリ系」スポーツを楽しむ若者をターゲットに開発。気持ちの若いオジサン、オトウサン層の取り込みをも狙う。サニーのフロアパンをベースに、リアサスペンションをパラレルリンクを用いたストラット式の独立懸架に変更。テラノなどで実績のある電子制御式4WDシステム「オールモード4×4」を搭載した(FFモデルもある)。エンジンは、2リッターと同ターボ。
(グレード概要)
「S」は最もベーシックなグレード。上級グレードの「X」と比較すると、ホイールが鉄チン+ホイールカバーになり、車体後部のガラス類がプライバシーガラスにならないほか、ステアリングホイールがウレタン、エアコンがマニュアル、といった違いがある。 

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
「車両情報を乗員全員で共有」すると謳われるセンターメーターは、ドライバーの視線移動が多いので、あまり感心しない。インテリア全般は、グレー、メタリック、グラファイトなどをうまく配色して、新しい雰囲気を醸し出すことに成功した。好感がもてる。センターコンソールの保冷・保温対応「ドリンクボックス」は便利そう。ただ、「ティッシュボックスを収納可能」な運転席前インパネ上部の「ドライバーズボックス」は、出し入れするのにステアリングホイールが邪魔だし、万が一のとき、なかのモノが飛び出したりしないか、ちょっと心配。
(前席)……★★★★
シートは大ぶりで、まずまずのかけ心地。水気を弾き、拭き取れる撥水素材をシート表皮に用いた点も、エクストレイルの使われ方を考えると、評価できる。
(後席)……★★★★
後席の乗り心地もいい。未舗装路で凹凸の激しい路面でも、4輪独立懸架が効いて、リアの揺さぶられ方が小さい。車内空間も十分確保され、前席と変わらない居住性がある。
(荷室)……★★★★
最大床幅148cm、奥行き97cmと、まずまずのラゲッジスペース。リアシートの座面やアームレストが取り外せるようになっていたり、ダブルフォールディングした際、バックレスト背面のデザインをラゲッジフロアに合わせて違和感をなくしたりと、よく工夫されている。遊びだけでなく、ある種の仕事用にも向いているのではないか。花屋さんとか。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
排出ガスを低減(平成12年基準排出ガス25%低減レベル)した、新型「QR20DE」ユニット搭載。CVTC(連続可変バルブタイミングコントロール)を備え、「パワー」「トルク」「ドライバビリティ」などに可不足なし。トランスミッションは4段AT。4輪駆動システムは、テラノ、レグラス、エルグランドなどで実績のある「オールモード4×4」を小型軽量化したもの。アクセル開度や車輪速センサーなどからの情報を検知、走行状態に応じて電子制御多板クラッチを介して後輪へトルクを配分する。多くのライトクロカンのように、車輪がスリップしてから4輪へのトルクが増すのではない、高度なシステムだ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
特にオフロードでの乗り心地とハンドリングが秀逸だった。乗用車の延長線上のクルマだから当然か。一方で、踏破性能のカギであるアプローチアングルやデパーチャーアングルも、本格的なオフロード4WDと同じだけ取られていて感心させられる。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者 :金子浩久
テスト日:2000年11月9日
テスト車の形態 :広報車
テスト車の年式 :2000年型
テスト車の走行距離 :983km
タイヤ: (前)215/65R16 98S/(後)同じ(いずれもブリヂストン Dueler H/T 689)
オプション装備 :キセノンヘッドランプ+ナビゲーションシステム+16インチアルミホイール(45.0万円)
テスト形態 :ロードインプレッション
走行状態 :市街地(8):未舗装路(2)
テスト距離: --
使用燃料 :--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る