【スペック】ステップワゴンDタイプ(4AT):全長×全幅×全高=4670×1695×1845mm/ホイールベース=2805mm/車重=1845kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(160ps/6500rpm、19.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=241.8万円

ホンダ・ステップワゴンDタイプ(4AT)vs日産セレナX(CVT)/ホンダ・ストリームiS(5AT)【ライバル車はコレ】

ホンダ・ステップワゴンの「ライバル車はコレ」 2001.05.08 試乗記 webCGの人気企画「ライバル車はコレ」。自動車ジャーナリスト、河村康彦が、ホンダ・ステップワゴンのライバルをピックアップした。

 

ホンダ・ステップワゴン(185.8から254.8万円)

相変らずのボクシースタイルを特徴とする新型ステップワゴン。ヒット作となった初代モデルを叩き台にして、ウィークポイントを徹底的に見直した。床を下げ、サイドウィンドウをより垂直に近づけたことなどで、室内空間をさらに拡大。「ライバルに見劣りする」と言われたシートアレンジメントも、一気にバリエーションを増やした。エンジン/トランスミッションは、基本的に同社ストリームの2リッターモデルと同じ。新世代「i-VTEC」にバトンタッチした。パワーパックの小型化によって前輪切れ角が向上し、小まわり性が向上したのも、ニューモデルのウリだ。


 
ホンダ・ステップワゴンDタイプ(4AT)vs日産セレナX(CVT)/ホンダ・ストリームiS(5AT)【ライバル車はコレ】の画像
【スペック】
日産セレナX(CVT):全長×全幅×全高=4520×1695×1825mm/ホイールベース=2695mm/車重=1620kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、19.0kgm/4800rpm)/車両本体価格=241.4万円
 
【スペック】
	日産セレナX(CVT):全長×全幅×全高=4520×1695×1825mm/ホイールベース=2695mm/車重=1620kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、19.0kgm/4800rpm)/車両本体価格=241.4万円
	 

【ライバル車 その1】日産セレナ(2/2.5リッターディーゼル=189.5から270.4/231.9から279.9万円)

■両側スライドドア
ステップワゴンに対するセレナ最大の売り物は、リアの両側スライドドア。ステップワゴンが新型となっても「エアコンダクトのレイアウトや、コスト、重量などの点で有利」と片側スライドドアにこだわったのに対し、ソコをすかさず狙い撃ちするカタチで、ステップワゴンの牙城に食い込もうというわけだ。
セレナのエンジンバリエーションは、ステップワゴンと同じ2リッターガソリンユニットに加え、2.5リッターのターボ付きディーゼルが設定される。ランニングコストを追求する人にはこちらの方が魅力的かもしれないが、ノイズが“トラック風”なのが難点。なお、ガソリンモデルに組み合わされるトランスミッションはCVTで、こちらはアクセル開度の少ないクルージング状態であれば、高い静粛性と優れた燃費を提供してくれる。
セレナの両側スライドドアによる利便性は確かに高いものがある。しかし、わずかながらその分ホディが弱くなる印象も否めない。ぼくが乗った試乗車は、走行わずかに7500kmにして、すでに段差を乗り越えるときしみ音が発生していた……。


 
ホンダ・ステップワゴンDタイプ(4AT)vs日産セレナX(CVT)/ホンダ・ストリームiS(5AT)【ライバル車はコレ】の画像
【スペック】
ホンダ・ストリームiS(5AT):全長×全幅×全高=4550×1695×1590mm/ホイールベース=2720mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(154ps/6500rpm、19.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=209.8万円
 
【スペック】
	ホンダ・ストリームiS(5AT):全長×全幅×全高=4550×1695×1590mm/ホイールベース=2720mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(154ps/6500rpm、19.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=209.8万円
	 

【ライバル車 その2】ホンダ・ストリーム(1.7/2リッター=158.8から199.8/189.8から227.8万円)

■正しいストリームの使いかた
2リッターエンジンを搭載するストリームの価格は、189.8万円から。ステップワゴンが185.8万円からだから、このクルマ、同じホンダ車でありながら、価格的にはかなりオーバーラップする。ということで、実際に「購入検討!」という段になると、両者で迷う人も出てくる可能性大。何しろストリームの場合、「オデッセイと迷われるお客さんも見える」(ホンダ販売店)というくらいである。
で、比べてみると……。3列目シートに大人が頻繁に座るとなると、これはもうステップワゴンを選ぶしかない。ストリームの場合、サードシートのスペースはあくまで「法律上は大人も使える」というレベルに過ぎないのだ。ここに長時間座らされるとなれば、犬や猫でも嫌がる(?)に違いない。むしろ普段はこのシートは畳んで荷物室として使う--これが“正しいストリームの使い方”なのだ。
一方、走りはストリームの方が、ステップワゴンよりはるかにスポーティ。「3列シート付きのスポーティクーペを考えた」--開発陣のそんなコメントも納得できる軽快さを味わわせてくれる。“念のため”サードシートが欲しいヒトには、こちらがオススメ。

(文=河村康彦/2001年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る