日産マーチ 3ドア12C&5ドア14e【試乗記】

商品への昇華 2002.03.19 試乗記 日産マーチ 3ドア12C&5ドア14e……147.5-151.9万円リバイバルプランを1年前倒しで終えた新生日産。次なる課題は、“売れる”クルマの市場投入である。目玉がキョロキョロするTVコマーシャルが楽しい3代目マーチに、webCG記者が横浜で乗った。

95.3万円から132.0万円

ホテル前の広場に、色とりどりの日産マーチが並んでいる。高い位置にあるギョロリとしたヘッドライトがほほえましい。
2002年3月9日、神奈川県は横浜で、3代目となるマーチのプレス向け試乗会が開かれた。10年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたベーシックモデルには、全12色のボディカラーが用意される。「パブリカオレンジ」「アプリコット」「ビーンズ」「フレッシュオリーブ」といった果物や野菜類にちなんだ名前がつけられた色々が春の陽を浴びているさまは、いかにも楽しげ。個人的には「オパールラベンダー」という薄い紫色がキレイだと思った。「実際に買われるお客様は、やはりシルバーといった無難な線に落ち着くようです」と日産の広報担当は言うが、結果はともかく、購入前にカタログを見て迷うのはウレシイものだ。

2002年2月26日に発表されたニューコンパクトは、従来通り3ドアと5ドアのボディがある。ドア数が違っても、見た目の印象が驚くほど変わらないのは、先代と同じ。サイズも同寸。
エンジンは3ドアに1リッター(68ps、9.8kgm)と1.2リッター(90ps、12.3kgm)、5ドアにはさらに1.4リッター(98ps、14.0kgm)が加わる。いずれも直4ツインカム。トランスミッションは4段ATがメインだが、日産が売れ筋と目する1.2リッターモデルなら、5段MTも選ぶことができる。駆動方式は、当面FF(前輪駆動)のみだが、2002年の秋には、モーターで後輪を駆動する電気式の4WDがラインナップに加わる。
価格は、95.3万円から132.0万円。

3代目の強み

新型マーチは、国内での日産車販売の起爆剤と期待されるほか、いうまでもなく欧州でのロングセラー「マイクラ」の後を継ぐ。トヨタ・ヴィッツ(欧州名ヤリス)、ホンダ・フィットとヨーロッパにおける日本3メーカーの戦略モデルが出そろったわけだ。

デザインに関わったデザイン本部第一プロダクトデザイン部プロジェクトデザインマネージャーの横関康夫さんに、ヴィッツとの違いをうかがったところ、「マーチらしさにこだわった」とおっしゃる。それはそうでしょう。で、マーチらしさとは?
「乗用車感といいましょうか。しっかりした下半身にキャビンが載るといった……」。ショルダーを通る優しい曲線、やはり柔らかいルーフラインが2代目から受け継いだところ。「一目でマーチとわかる」のがジマンだ。でも、空力性能を出すのに苦労したという。「リアガラスの下にウィングをつけられればいいんですが、デザイン上そうもいきませんから」と横関さんは苦笑いされる。結局、フロントバンパー下端に小さなエアダムを付け、ルーフエンドの形状を控えめにスポイラー状にすることで、CD値=0.32と、まずまずの数字を得た。
もう一台のライバル、フィットに関しては、「スペースユーティリティを追求すると、ああいうカタチ」になり、「キャブフォワード(フロントスクリーンが前に出ている)が新しい」としながらも、全体として印象に残らない、とバッサリ。フィットの(ロゴの失敗による)白紙からのスタートが、センタータンクという斬新なアイディアにつながったが、一方、イメージの定着という点では、ユーザーの意識に“先代”がないのがツラいところだ。


フレンドリー

最初に乗ったのは、1.2リッターの3ドア(4AT)。内装はジャージ素材の「クリークグレー」。薄緑に近い「エクリュ」、ごく明るい煉瓦色の「シナモン」と比べると地味だが、「色あわせに苦労した」というデザイナーの話通り、室内の色調はみごとに統一される。布をインパネに貼り付けたかに見える新素材「T.P.O」も新しい。先代より100mm全高が高いこともあり、広々感は高い。

エンジンは、新開発CRユニット。連続可変バルブタイミング機構を備え、低回転からのトルク重視が謳われる。1.2リッターの排気量から、90ps/5600rpmの最高出力と12.3kgm/4000rpmの最大トルクを発生する。インテリジェントキーと名付けられたデータ内蔵型の鍵(1.2リッターではオプション)を携帯していれば、メカニカルに鍵穴に差さなくても、イグニッションノブをひねればエンジンがかかる。

軽いステアリングにじゃっかん戸惑いながら走りはじめる。
40mmのシートリフターをもつシートからは高い位置にあるヘッドライトの突起が目に入り、車両感覚を得る一助となる。最小回転半径は、旧型より0.2m小さい4.4m。ロック・トゥ・ロック=3回転と少々のステアリングホイールをクルクル回しながら、知らない路地にもグングン入っていける。マーチ「3ドア12c」“売れ筋グレード”のドライブフィールは、全体に軽快。内外装から受ける印象ほどココロに残るものではないが、街なかを“ちょい乗り”したかぎり、「フレンドリー」をキーワードにしたイージードライビングの追求は成功していると思う。

コンベンショナルと新しさ

次に試乗したのは、1.4リッターの5ドア。「フレッシュオリーブ」という緑のボディに、スウェード調クロスを使ったエクリュ内装。明るく華やかで、シャレた室内だ……、と感心した後、ニューモデルに乗る興奮を抑えて観察すると、シートの座り心地はいまひとつ。サイズが小ぶりで、座面が平板でシート地の下がゴワつく感じ。リアシートに座ってみると、前席背面の生地がやけに薄いのに気が付く。ブルーバードシルフィのカフェラテ内装、シーマから積極的に採り入れられたエクリュなど、淡色のインテリアは素敵だけれど、ことベーシックカーの場合、「汚れやすい」という言葉がしきりに頭をよぎるのは、リポーターが貧乏性なためか。

エンジンは、5600rpmで98psの最高出力、3200rpmという低めの回転数で14.0kgmの最大トルクを発生する。次期ルノー・クリオ(邦名ルーテシア)とプラットフォームを共有化するため、サスペンションは、フロントはマクファーソンストラット、リアが先代の5リンク式リジッドから、ルノーが現行クリオで経験を積んだ半独立式たるトーションビームに変更された。1.4リッター「14e」には、リアサスのみならず、フロントにもスタビライザーが追加され、アウトプットの大きなパワーソースと合わせ、トップモデルらしいしっかりした走りを見せる。高速巡航にも余裕が感じられる。12cとの車両本体価格差22.5万円に説得力がある。

正攻法で欧州市場に挑戦するヴィッツ、燃料タンクをフロントシートの下にもってきたチャレンジャー、フィット。マーチは? 日産関係者のいう「トータルでヴィッツを上まわる」のは後発モデルの有利さゆえとして、デザインの新しさと内外装の仕上がり、そして今回はちゃんとテストできなかったが、インターネットとも接続可能な情報サービス「カーウィングス」が付加価値としてある。
新型マーチは、メカニカルな面ではコンベンショナルなFFコンパクトカーだ。しかし、ユーザーに一目でわかるアピール力があるところが、皮肉な言い方になるが、日産車として新しい。“乗ればわかる”“走ればわかる”技術力を、商品として昇華させることができた点が、新生日産の明るい面を感じさせる。ゴーン社長に感謝!

(文=webCGアオキ/写真=難波ケンジ/2002年2月)



日産マーチ 3ドア12C&5ドア14e【試乗記】の画像


日産マーチ 3ドア12C&5ドア14e【試乗記】の画像


日産マーチ 3ドア12C&5ドア14e【試乗記】の画像
【スペック】
3ドア12c:全長×全幅×全高=3695×1660×1525mm/ホイールベース=2430mm/車重=890kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(90ps/5600rpm、12.3kgm/4000rpm)/車両本体価格=109.5万円(テスト車=147.5万円/キセノンヘッドランプ、14インチアルミ、サイド&カーテンエアバッグ、リア可倒式シート、ISOFIX対応チャイルドシート用アンカー、MD&CD一体型ラジオ、インテリジェントキー、カラードアハンドル、カーウィングユニット)

【スペック】3ドア12c:全長×全幅×全高=3695×1660×1525mm/ホイールベース=2430mm/車重=890kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(90ps/5600rpm、12.3kgm/4000rpm)/車両本体価格=109.5万円(テスト車=147.5万円/キセノンヘッドランプ、14インチアルミ、サイド&カーテンエアバッグ、リア可倒式シート、ISOFIX対応チャイルドシート用アンカー、MD&CD一体型ラジオ、インテリジェントキー、カラードアハンドル、カーウィングユニット)


日産マーチ 3ドア12C&5ドア14e【試乗記】の画像
【スペック】
5ドア14e:全長×全幅×全高=3695×1660×1525mm/ホイールベース=2430mm/車重=950kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(98ps/5600rpm、14.0kgm/3200rpm)/車両本体価格=132.0万円(テスト車=151.9万円/キセノンヘッドランプ、14インチアルミ、ISOFIX対応チャイルドシート用アンカー、MD&CD一体型ラジオ、カーウィングユニット)

【スペック】5ドア14e:全長×全幅×全高=3695×1660×1525mm/ホイールベース=2430mm/車重=950kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブ(98ps/5600rpm、14.0kgm/3200rpm)/車両本体価格=132.0万円(テスト車=151.9万円/キセノンヘッドランプ、14インチアルミ、ISOFIX対応チャイルドシート用アンカー、MD&CD一体型ラジオ、カーウィングユニット)


日産マーチ 3ドア12C&5ドア14e【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る