【スペック】全長×全幅×全高=4560×1745×1455mm/ホイールベース=2780mm/車重=1560kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブ(215ps/5800rpm、30.0kgm/3800rpm)/車両本体価格=700.0万円

トヨタ・オリジン(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・オリジン(4AT) 2000.08.24 試乗記 ……700.0万円総合評価……★★

ミカワのタクミ

初代クラウンの自家版本歌取り。プログレなどに使われるFRプラットフォームに、センチュリー生産ライン熟練工の「匠の技」を活かしたボディを載せる。もちろん、観音開きのドアも再現。
複雑な形状のフロントフェンダーと車体正面のフロントエンドパネルを結合。複数のパネルを組み合わせてリアフェンダーを形成。いずれも、継ぎ目がまったくわからないクラフトマンズ・マージック! 顔が映るワンダホーなペイントは、最終塗装前に手作業で耐水ペーパーをかけ、塗装面を平滑にするご苦労のタマモノ。前後バンパーの、鮮映度の高いクロムメッキも見所のひとつ。
……といったオリジンの凄さは、説明を受けないとウッカリ者には理解できない。700.0万円。ファニーな外観に隠された作り手と買い手の強烈な自己満足。トヨタにとっては、「匠の技」継承と少量生産ノウハウ蓄積の一石二鳥。しかも約1000台の限定販売、完売(予定)。ミカワのタクミ。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
プログレなどで用いられるFRプラットフォームを利用した高級パイクカー。トヨタが培った「匠の技」と「最新自動車技術との融合」が謳われる。2000年11月1日から、約1000台の限定販売。
(グレード概要)
3リッター直6+4ATのモノグレード。DVDナビゲーションシステム、先行車との車検距離を自動的に維持するレーザークルーズコントロール、ナビおよびブレーキと連動してシフトダウンを行うナビ協調シフト制御など、自動運転へ向けて、着々と装備充実。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネまわり+装備)……★★★
オプティトロンメーターと呼ばれる光る文字盤を採用。ステアリングホイール、シフター、ウィンカーレバー先端など、随所に赤みの強い木目素材が使われる。ほのかに上品。シフター周囲のメッキも特別仕様だ。センターコンソールの時計は、プログレの「銀」から「金」に格上げされた。
(前席)……★★★
ステッチの幅にも気を使い、パイピングを施した柔らかめのレザーシート。背もたれに、金色に輝く「Origin」の文字。トヨタ初!の革刺繍である。ただし、座り心地に傑出したところは感じられなかった。
(後席)……★★★★
広い足元。頭上の空間も充分。座面の長さもイイ。後ろまで伸びたルーフは、日差しの強い真夏にはありがたい。居心地のいい後席だ。前開きのドアには慣れが必要。
(荷室)……★★
後席を広くとったためか、荷室の奥行きは90cmといまひとつ。床面最大幅は160cm、荷室高さは48cmと、こちらは標準的。ホイールハウスの張り出しが大きいのが減点ポイント。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
トヨタの直6は、スムーズで静か。出力も充分。でも、それだけ。連続可変バルブタイミング機構がついて、よりノッペリした印象に。クルマになんゾ、心乱されたくない御仁に。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
やんわり、決してトガらない乗り心地。金持ち喧嘩せず。10m走って感心。次の10mで、クルマに乗っていることを忘れる。トバすと、ロールアンダー強し。でも、そんな走らせ方をするヒトは、オリジンを買わない。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2000年8月24日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:780km
タイヤ:(前)195/65R15 91H(Dunlop SP Sport D8H)/(後)同じ
オプション装備:−−
テスト形態:ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態:市街地(6):山岳路(4)
走行距離:−−
使用燃料:−−
参考燃費:−−











この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。