【スペック】全長×全幅×全高=3885×1695×1235mm/ホイールベース=2450mm/車重=980kg/駆動方式=MR/1.8リッター直4DOHC16バルブ(140ps/6400rpm、17.4kgm/4400rpm)/車両本体価格=217.5万円(テスト車=226.8万円)

トヨタMR-S Vエディション(5MT)【ブリーフテスト】

トヨタMR-S Vエディション(5MTシーケンシャル) 2000.09.04 試乗記 ……226.8万円総合評価……★★★
 

アーバンスポーツマン

1997年の東京モーターショーで展示されたMR-Sが装備していたシーケンシャルシフト、ついに市販化実現! エライぞトヨタ! しかもATのスポーツモードでお茶を濁さず、電子制御クラッチだァ! スゴイ! でも、こんなニッチなもんに大トヨタが金かけられっかァと、ドイツはルーク社製だァ!
シフトレバーを、手前にひくとアップ、前方に押すとダウン。アップ時にスロットルをすこし戻すのがコツといえばコツだが、ズボラに操作しても問題ない。クラッチの繊細な電子制御も驚異だが、5速、1500rpm、30km/hでも、ちゃんとクルマを動かす粘り強いエンジンにも拍手ゥ! 停車すると自動的に1速に。シフトの多い街なかでは、ラクチンラクチン。まさにアーバンスポーツカー。
シフトダウン時、必要とあらば「中吹かし」を入れてくれる。上手だ。でも、そんなもん、ヒトにやってもらってどうする。MR-S、スポーツはしたいが汗はかきたくないアーバンスポーツマン向けか。AT免許でも乗れる。

 

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
MR2の後を継いで、1999年10月12日に登場した2座オープン。1.8リッターユニットをミドに積む。トランスミッションは、通常のHゲイト、シーケンシャル(2ペダル)、2種類の5MTが選べる。
(グレード概要)
シーケンシャルシフト搭載のMR-Sは、Hゲイトモデルに遅れること約10カ月、2000年8月4日に販売開始。MR-Sの5MTに、ドイツはルーク社製の制御ユニットを組み合わせた。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
デザイン要素が多く、全体に煩雑。樹脂、プラスチック、革、アルミそれぞれの素材感が個性を主張。ウルサイ。もっとも、空調関係、オプションのMD・CD一体ラジオなどは、操作がシンプルで使いやすい。
(前席)……★★★
スポーツカーらしい、低い着座位置がイイ。シートは、ポルシェのそれを大柄にした形態。ホールド性はいいが、尻、腰が沈む座り心地が不満。リアウィンドウがガラス製のホロは、手動ながらZ状に折り畳め、開閉が簡単。後方視界もしっかり確保される。
(荷室)……★★★
スペースが取りにくいミドシップスポーツにもかかわらず、座面後、フロントカウル下に実用的なラゲッジルームを確保、大衆車メーカーの意地を見せた。シート後の荷室は、幅105cm、高さ35cm、奥行き30cm。フロントは、開口部が60×48cm、深さが70cmである。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
アップ、ダウンとも、まったく実用的なシーケンシャルシフト。惜しむらくは、ダウン時の中吹かしサウンドが、いまひとつ。ステアリングホイールにもシフトボタンが備わるが。これはオマケ。ギアチェンジは得意だが、バックは苦手。クラッチのつながりが唐突だ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
硬いうえにストローク感のない足まわり。高速の継ぎ目で、ボディが軽くシェイクするのが気になる。「お軽いつくり」といった印象。一方、ハンドリングは軽快。こちらは好感。軽い気持ちで山道を駆けることができる。

(写真=五條伴好)

 

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2000年8月31日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:931km
タイヤ:(前)185/55R15 81V/(後)205/50R15 85V(いずれもYokohama Advan A043)
オプション装備:ヘリカルLSD(3.0万円)/MD・CD一体ラジオ4スピーカー(6.3万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(7):山岳路(1)
走行距離:351.2km
使用燃料:38.2リッター
参考燃費:9.2km/リッター











この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ MR-S V EDITION FINAL VERSION(MR/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】 2007.6.22 試乗記 ……244万6305円
    総合評価……★★★★

    発売から7年を経て、生産終了まで秒読みとなった「MR-S」。トヨタのラインナップ中最後のスポーツカーにして、最後の特別限定モデルを峠で試した。
  • トヨタ・MR-S Sエディション(シーケンシャル6MT)【ブリーフテスト】 2002.10.1 試乗記 ……219.8万円
    総合評価……★★★★★




  • トヨタMR-S Vエディション(5MT)【ブリーフテスト】 2000.9.4 試乗記 ……226.8万円
    総合評価……★★★




  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • 鈴木亜久里、トヨタ「MR-S」に乗る 2000.1.19 自動車ニュース NAVI 3月号の「鈴木亜久里の全部書いてね」では、「トヨタMR-S」と「マツダ・ロードスター」を取り上げます。絶賛に近いかたちで巷の評判を高めているトヨタ「MR-S」。われらが鈴木亜久里も、同様の評価を与えた。それも、乗ってすぐに、だ。いいクルマというのは乗ってすぐにわかるものらしい。亜久里が「MR-S」のハンドルを握って動き出し、1分もたたないうちに「おっ、いいじゃない。身のこなしが軽くて」という、うれしい驚き。スポーツカーはキビキビと身軽なことが肝心なんだよ、というのがこれまでの亜久里のスポーツカー観だった。だから、ポルシェ・ボクスターを心からスポーツカーと呼べなかったのも、そこに理由があった。「これだよ、これ。スポーツカーは、こうじゃなきゃ。すっごく軽くて、キビキビしている。ええっ、ホントにこれトヨタのスポーツカーなの。わかってるじゃない。このクルマはマルだよ」青山の亜久里の自宅から首都高速道路池尻入り口に入るまでに、亜久里の驚きは確信に変わっていった。「乗り心地とか、ハンドリングもいいじゃん。決してソフトじゃないんだけど、不快でもない。僕が若かったら、すぐ買ってたね」幌が画期的な使いやすさを持っていたり、トヨタ以外のメーカーでは決して実現できなかったであろう値段などを知っていくにつれ、亜久里はどんどん「MR-S」に魅せられていった。「エンジンもよく吹き上がるし、普通に走るのにはどこにも弱点がない。このクルマを作った人にぜひ会って話がしたいね」東名高速をしばらく走って、比較対照のためのマツダ・ロードスターに乗り換える。「MR-Sと比べちゃうと、あらゆる動きが重ったるい。クルマの重量じゃなくって、動きが重いんだ。でも、エンジンはこっちの方がトルクはあるね。あと、古いね。デザイン的にレトロにしているのかもしれないけど、インテリアの雰囲気なんか、なんか古い」マツダ・ロードスターは、エンジン排気量が同じ1.8リッターのモデル。1.6リッターもあるのが「MR-S」と違うところだ。マツダ・ロードスターの1.8リッターは6段マニュアル・トランスミッションを装備している。今のところ、「MR-S」の排気量とトランスミッションは、1.8リッターと5段マニュアルだけだ。箱根ターンパイクで2台を乗り比べてみた。「MR-Sは、タイトコーナーでアンダーステアが出る。これを出なくすることは可能なんだけど、そうするとスピンしやすくなるんだよ」しかし、それを差し引いても「MR-S」の素性はホンモノだった。「ホントいいわ。ワインディングだと本領発揮」2台を乗り比べながら、芦ノ湖スカイラインを行く。「ロードスターのいいところは、トランスミッションのタッチ。ストロークが短くてスコスコ入る。これは、シフトレバーからの距離が違うからしょうがないんだけどね」エンジンとトランスミッションをドライバーの後ろに搭載する「MR-S」は、シフトレバーからの距離が長くなるから操作感覚が不如意になるのもいたしかたない。対して、マツダ・ロードスターはエンジンとトランスミッションをドライバーの目前のボンネット内に収めているから、シフトレバーにごく近いのだ。だから、小気味よくシフトできる。「両方の違いがわかったよ。ロール軸の近くに座っているのがMR-Sで、それより遠くに座っているのがロードスター。だから、MR-Sはキビキビと身軽に走るけれど、ロードスターはモッサリしている。でも、それはMR-Sと比べてのハナシであって、ロードスターもいいスポーツカーだってことには違いないんだよ」(文=金子浩久)
ホームへ戻る