トヨタ・カローラ1.5G(4AT)/カローラフィールダー1.8Zエアロツアラー(6MT)【試乗記】

トヨタ・カローラ&カローラフィールダー「ちょい乗り」試乗報告 2000.09.06 試乗記 「変われるって、ドキドキ」をキャッチフレーズに、2000年8月28日にデビューした9代目カローラ。パッケージング最優先、ビッグキャビンスタイルをとるセダンと、フィールダーと名づけられたワゴンが、まずは市場に投入された。エンジンは、1.3、1.5、2種類の1.8リッター、そして2.2リッターディーゼルがラインナップされる。 9月5日、プレス向け試乗会が開かれた。


全長×全幅×全高=4365×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.5リッターDOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4200rpm)/車両本体価格=151.8万円(テスト車は、174.9万円/ナビシステム+アルミホイール)

小さなセルシオカローラ1.5G(4AT)……174.9万円

「エンジン、かかってる?」
110psと14.6kgmを発生する1.5リッター「1NZ-FE」ユニットは、キーを捻っても息をひそめている。グリップバータイプのドアハンドルを引いて室内に入ると、新しいカローラのインテリアは、すっきりシンプル。ライトをつけると文字盤が発光する「シルエットメーター」が目に優しい。
フワッとやわらかい触感のシートはサイズ小さめ。スロットルを開けるとエンジンノイズが高まって、3000rpmを超えるとこもり音がウルサイ、と思う矢先に4ATが早めのシフト。実用エンジンの欠点を目立たせない。
60km/hでの巡航では、再びエンジンの存在を忘れる。静かだ。
「車外からの花粉やほこりを除去するクリーンエアフィルターを装備するのは、セルシオとカローラだけです」。エンジニアの説明を思い出す。新型カローラが小さなセルシオなのは、装備面だけではない。



全長×全幅×全高=4385×1695×1520mm/ホイールベース=2600mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOHC16バルブ(190ps/7600rpm、18.4kgm/6800rpm)/車両本体価格=193.4万円(テスト車は、216.9万円/ナビシステム)

クルマの残照カローラフィールダー1.8Zエアロツアラー(6MT)……216.9万円

「あんたはどうだい?」と変わったことに胸をはる新型カローラの、変わらないところは、ドライビングプレジャーが希薄なところ、と思っていたら、ウレシイ誤算。
「若向け」につくられた、カローラワゴン改めフィールダー。Zエアロツアラーは、セリカにも使われる1.8リッター「2ZZ-GE」ユニットを搭載。吸気バルブのタイミングのみならず、吸排気バルブのリフト量まで切り替え、リッター105ps(!)の190psを絞り出す。トランスミッションは、セリカより部分的にギアが低められた6段MT。8000rpm超まで快音を発して回るエンジン。カチッとしたシフト。守旧派クルマ好きを泣かせる。
「スポーティ」を、2ドアでも、ハードトップでもなく、ワゴンが担う。カローラも、変わらずにはいられないワケだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ フィールダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る