トヨタ・カローラ1.5G(4AT)/カローラフィールダー1.8Zエアロツアラー(6MT)【試乗記】

トヨタ・カローラ&カローラフィールダー「ちょい乗り」試乗報告 2000.09.06 試乗記 「変われるって、ドキドキ」をキャッチフレーズに、2000年8月28日にデビューした9代目カローラ。パッケージング最優先、ビッグキャビンスタイルをとるセダンと、フィールダーと名づけられたワゴンが、まずは市場に投入された。エンジンは、1.3、1.5、2種類の1.8リッター、そして2.2リッターディーゼルがラインナップされる。 9月5日、プレス向け試乗会が開かれた。


トヨタ・カローラ1.5G(4AT)/カローラフィールダー1.8Zエアロツアラー(6MT)【試乗記】の画像
全長×全幅×全高=4365×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.5リッターDOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4200rpm)/車両本体価格=151.8万円(テスト車は、174.9万円/ナビシステム+アルミホイール)

全長×全幅×全高=4365×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1040kg/駆動方式=FF/1.5リッターDOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4200rpm)/車両本体価格=151.8万円(テスト車は、174.9万円/ナビシステム+アルミホイール)

小さなセルシオカローラ1.5G(4AT)……174.9万円

「エンジン、かかってる?」
110psと14.6kgmを発生する1.5リッター「1NZ-FE」ユニットは、キーを捻っても息をひそめている。グリップバータイプのドアハンドルを引いて室内に入ると、新しいカローラのインテリアは、すっきりシンプル。ライトをつけると文字盤が発光する「シルエットメーター」が目に優しい。
フワッとやわらかい触感のシートはサイズ小さめ。スロットルを開けるとエンジンノイズが高まって、3000rpmを超えるとこもり音がウルサイ、と思う矢先に4ATが早めのシフト。実用エンジンの欠点を目立たせない。
60km/hでの巡航では、再びエンジンの存在を忘れる。静かだ。
「車外からの花粉やほこりを除去するクリーンエアフィルターを装備するのは、セルシオとカローラだけです」。エンジニアの説明を思い出す。新型カローラが小さなセルシオなのは、装備面だけではない。



トヨタ・カローラ1.5G(4AT)/カローラフィールダー1.8Zエアロツアラー(6MT)【試乗記】の画像
全長×全幅×全高=4385×1695×1520mm/ホイールベース=2600mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOHC16バルブ(190ps/7600rpm、18.4kgm/6800rpm)/車両本体価格=193.4万円(テスト車は、216.9万円/ナビシステム)

全長×全幅×全高=4385×1695×1520mm/ホイールベース=2600mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOHC16バルブ(190ps/7600rpm、18.4kgm/6800rpm)/車両本体価格=193.4万円(テスト車は、216.9万円/ナビシステム)

クルマの残照カローラフィールダー1.8Zエアロツアラー(6MT)……216.9万円

「あんたはどうだい?」と変わったことに胸をはる新型カローラの、変わらないところは、ドライビングプレジャーが希薄なところ、と思っていたら、ウレシイ誤算。
「若向け」につくられた、カローラワゴン改めフィールダー。Zエアロツアラーは、セリカにも使われる1.8リッター「2ZZ-GE」ユニットを搭載。吸気バルブのタイミングのみならず、吸排気バルブのリフト量まで切り替え、リッター105ps(!)の190psを絞り出す。トランスミッションは、セリカより部分的にギアが低められた6段MT。8000rpm超まで快音を発して回るエンジン。カチッとしたシフト。守旧派クルマ好きを泣かせる。
「スポーティ」を、2ドアでも、ハードトップでもなく、ワゴンが担う。カローラも、変わらずにはいられないワケだ。

関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • 「カローラ フィールダー」に赤が特徴の特別仕様車 2016.5.11 自動車ニュース トヨタが「カローラ フィールダー」に特別仕様車「+Red」を設定し、販売を開始した。フロントグリルに施されたラインや、インテリアの各所にあしらわれたステッチなど、各所にアクセントカラーとして赤が用いられている。
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.24 試乗記 トヨタ・カローラ フィールダー1.8S“AEROTOURER”(FF/CVT)
    ……236万5648円

    「若々しくダイナミックなワゴン」が「カローラ フィールダー」のテーマ。その中で最もスポーティーに仕立てられた「1.8S“AEROTOURER”」は、世が世ならスポーティーカーだった!? 箱根を目指した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • トヨタ・カローラ アクシオ 1.5G/カローラ フィールダー ハイブリッドG“AEROTOURER”【試乗記】 2015.5.5 試乗記 デビューから3年を経て、トヨタのセダン「カローラ アクシオ」とワゴン「カローラ フィールダー」にマイナーチェンジが施された。内外装のみならず、パワーユニットから安全装備まで手を入れられた、最新型の実力やいかに? 都内の一般道で試乗した。
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
ホームへ戻る