【スペック】全長×全幅×全高=4840×1800×1770mm/ホイールベース=2675mm/車重=1760kg/駆動方式=4WD/3リッター直4DOHC16バルブディーゼルターボ(170ps/3400rpm、35.9kgm/1800?3400rpm)/車両本体価格=299.7万円(テスト車=343.3万円)

トヨタ・ハイラックスサーフSSR-X(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ハイラックスサーフSSR-X(4AT) 2000.09.20 試乗記 ……343.3万円 総合評価……★★★★

トラック万歳!

見ればわかるとおり、同車の原型はボンネット型トラックだ。つまりハイラックス(と書いてしまうと実にアタリマエだが)。独立梯子フレームをその象徴として、ハードウェアの基本的な構成はそれこそモーガンといい勝負するぐらいに古い(ピックアップの登場は1968年!)。
で、そのことがサーフにとっては決定的だった。「元がトラックである」という事情のおかげで同車はくだらないモノにならずに済んだ。もっといえば、サーフは現行トヨタ中屈指の傑作車だとすら個人的には思う。
ハードウェアのインフラ事情=「しょせんはトラック」がインプレ向きの静かさやいい乗り心地やいいハンドリングその他の追究に少なからず歯止めをかけさせた結果、皮肉なことにかえって非常に快適で楽しくかつ実用的クルマができた。いまさら流行りのジャンルでもなかろうが、暮らしの福祉向上には確実に役立つ1台だ。
なお、今回のテスト車は、2000年7月31日に追加された直噴ディーゼルターボ車。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
現行モデルは、1995年12月に登場した3代目。シャシーは一新されたが、ラダーフレームの構造は踏襲された。当初のエンジンラインナップは、3.4リッターV6、2.7リッター直4のガソリンエンジンと、3リッター直4ディーゼルターボの3種類。2000年7月31日に、ディーゼルがコモンレール式直噴に変更された。
(グレード概要)
SSR-Xは、下に「V」、上に「G」を置く中堅グレード。リアスポイラー、フロントフォグほか、「REAS」と呼ばれる、左右のダンパーを結んで減衰力を調整する機構が装備されない。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
車両前方の見切りが素晴らしく良好。それだけで乗る楽しみと安心感がナンボか増す。具体的にはボンネットがよく見え、かつその形状が明快で、ダッシュボードの造形も量的に控えめ。またAピラーも位置が手前でよく立っている。すべてトラックだからこそ。
細かい話としては、たとえばギアレバーその他の操作感が適度にゴツいのもいい。これと較べると、最近の乗用車のはほとんどゲーム機なみ。真剣に運転する気が失せる。
(前席)……★★★★
シートそのものはシボレー・ブレイザーあたりに少々負ける。座面のたっぷり感がイマイチ。が、日本車の水準でみれば優秀なほう。
運転姿勢は良好。ほぼ教科書どおり。以前はヘンに足元だけ浅いキライがあった(テラノは今でもそうだ)が、フレームから見直された現行は問題なし。幅、高さともに広くない空間は、しかしカタチが素直に四角いので、実際はヘタなセダンやミニバンよりずっとずっと快適。それもトラックならでは。
(後席)……★★★
やはり空間のデカさは大したことなし。ただし、シートの掛け心地はこのテ(概してよくない)のなかではわりかしマトモ。特筆してホメたくなるほどでもないが。ここに関しては「トラックだから」というインフラ事情に対するトヨタの諦めの悪さ(?)がいい方向にはたらいた感じだ。
全体として居心地は悪くない。もっとも、事前に過大な期待をいだかせないから、というのも要因として少なからずるあるとは思う。
(荷室)……★★★
後席を畳めばMTB1台を走行可能状態のまま横にして積み込むことができる。ちなみに、軽の箱バンなら自転車の分解作業一切なしで最低2台を立てたまま積める。
後席シートベルトのアンカーが自立式でないのは減点。ボーッと畳んでボーッと戻すとクッションの下に潜ってしまう。ユーザーが気をつけていればすむ問題かもしれないが、「GOAより先にやるべきことがあるでしょ」とはいっておきたい。とりあえず。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
新規導入の直噴ディーゼルターボはかなりいい。分厚くかつ流れるように自然なトルク特性といい、また円やかな音および振動の特性といい、ほとんど文句のつけようがない。乗った印象でいえばベンツML270CDIよりも上だ。ということは相当。速いしアジも濃い。
エンジンが太っ腹なおかげもあって、オートマのことはほとんど気にならない。というか運転している最中ほとんどその存在を意識させられない。つまり悪くないのだろう。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
バネ上質量(もちろんデカい)とタイヤ空気容量(同じく)、という基本特性が乗り心地のよさに関しては決定的。小手先の工夫ではどうやっても出せない快適さを、したがってサーフはモノにしている。身体が喜ぶ。
走りはとにかく素直。舗装路でプリメーラに対抗しようとした結果テラノは無残なことになってしまったが、サーフは違う。やはり、いい意味で「しょせんはトラック」。楽しい。MR-Sよりよほどスポーツカーだ。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者 :森 慶太
テスト日 :2000年9月9日から9月10日
テスト車の形態 :広報車
テスト車の年式 :2000年型
テスト車の走行距離 :1267km
タイヤ :(前)265/70R16/(後)同じ
オプション装備 :LSD(3.0万円)、電動ムーンルーフ(10.6万円)、ナビゲーションシステム(17.5万円)、パッケージA(フロントバンパープロテクター+バックドア付きスペアタイヤキャリア+リアスポイラー+フロントフォグランプ=12.5万円)
テスト形態 :ロードインプレッション
走行状態 :市街地(10)
走行距離 :?-
使用燃料 :?-
参考燃費 :?-



トヨタ・ハイラックスサーフSSR-X(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・ハイラックスサーフSSR-X(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・ハイラックスサーフSSR-X(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・ハイラックスサーフSSR-X(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・ハイラックスサーフSSR-X(4AT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る