【スペック】全長×全幅×全高=4365×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1030kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(88ps/6000rpm、12.5kgm/4400rpm)/車両本体価格=129.8万円(テスト車=149.3万円)

トヨタ・カローラ1.3X(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・カローラ1.3X(4AT) 2000.09.27 試乗記 ……149.3万円総合評価……★★★★
 

あすなろ物語

「変われるって、ドキドキ」って言われてもなァ、と思いながら新型カローラに乗ってオドロイタ! Aピラーが、こめかみをかすらんばかりに角度がついている! ・・・じゃなくって、1.3リッターエンジンの力強いこと! それも、走り始めにだけワッと力を出す不自然な設定ではなく、ドライバーが望んだとおりにボディを進める。コンベンショナルな4段ATもスムーズで、小排気量ユニットによく合っている。
乗り心地もいい。市街地、高速道路ともに、突き上げを上手に遮断しつつ、路面情報をドライバーに伝える。山道でも腰が砕けない。「エクサイトメント」の要素は皆無だが、それは「スペック」だから仕方ない。
全長4365mm、全幅1695mm。初代クラウンの大きさにまで成長した9代目カローラ。「いつかはクラウン」と願っているうちに、ひとつ飛び越してセルシオになっちゃった。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年8月28日に発表された9代目カローラ。ボディは、4ドアセダンと「フィールダー」と名づけられたワゴンの2種類。エンジンラインナップは、1.3リッター(88ps)、1.5リッター(110ps)、1.8リッター(136ps/ワゴンには190psも)のガソリンユニットと、2.2リッターディーゼル(79ps)。4AT、5MTが用意される。駆動方式は、FFのほか、4WDもある。
(グレード概要)
セダンは、ベーシックの「X」、標準仕様の「G」、豪華仕様の「Luxel(ラグゼール)」が基本グレード。1.3リッターを積むのはXのみ。電動格納ミラー、タコメーター、室内スポットランプ、シートバックポケットなどが省略される。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
万人に「嫌われない」アッサリとしたデザイン。ベーシックグレードの「X」には、文字盤が発光する「シルエットメーター」も背面から文字を投射する「オプティトロンメーター」も備わらないが、文字が大きくシンプルなメーターは、じゅうぶん見やすい。オプションのナビゲーション(19.5万円)のディスプレイも見やすい位置に設置される。
(前席)……★★★
あたりは柔らかいが、コシのあるシート。座面の角度調整用のダイアルが備わり、好みのポジションを取りやすい。シートサイズが、小さいのが気になるところ。シートまわりに小物入れが多いのは便利。
(後席)……★★★★
ニューカローラは、全車にISOFIX対応チャイルドシート用アンカーが備わる。後方にわずかに下がった座面、少し寝かせた背もたれで、後席住人のスペースを稼ぐ。膝前空間も確保され実用的だ。上下に調整可能なヘッドレストが備わる。なお、「X」は、センターアームレスト(カップホルダー付き)が省略される。
(荷室)……★★★
床面最大幅150cm、奥行き95cm、高さ50cmのラゲッジスペース。荷室への侵入が少ないイータビームサスペンション(スイングビームにパッシブステア機能を与えた)のおかげで、ガランと広い。トランクスルーが備わらないのは、メインターゲットたる年輩ユーザーは、スノボをやるまい、との判断からか。日常の買い物には必要充分。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
可変バルブタイミング機構を備える1.3リッター「2NZ-FE」ユニットは、88psとは思えぬ力強さ。そのうえ、アイドリングや定速走行時には、存在を忘れる静かさ。加速時には、「ビーン」と共鳴するようなノイズを発して回る、軽快なエンジンだ。4段ATとのマッチングもいい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
「コンパクトカー」というカテゴリーから脱した乗り心地のよさ。「カローラ」クラスの誕生? ステアリング操作に素直に従うシャシー。ご主人さまを特別喜ばせることもないかわり、裏切ることもない。従順な召使い。

(写真=荒川正幸)

 

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2000年9月22〜26日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型,
テスト車の走行距離:2211km
タイヤ:(前)175/70R14 84S/(後)同じ(いずれもトーヨー J36)
オプション装備:ナビゲーションシステム(19.5万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(6):高速道路(3):山岳路(1)
走行距離:630.4km
使用燃料:45.2リッター
参考燃費:13.9km/リッター


 
トヨタ・カローラ1.3X(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ・カローラ1.3X(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ・カローラ1.3X(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ・カローラ1.3X(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
トヨタ・カローラ1.3X(4AT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.15 試乗記 ホンダから久しぶりに5ナンバーサイズのセダンが登場した。「グレイス」の売りは、手ごろなサイズのボディーでありながら、アッパーミドルクラス並みの居住性が備わること。また、ハイブリッドパワーユニットを搭載し、34.4km/リッターという低燃費を実現したのも自慢だ。最上級の「HYBRID EX」グレードに試乗し、その「セダン力」を探った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】 2016.1.22 試乗記 ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.30 試乗記 ホンダ久々の5ナンバーセダンにして、ハイブリッド専用車の「グレイス」。ホンダが主張するとおり、「フィット」よりいでて「アコード」の価値を提供するコンパクトセダンに仕上がっているのだろうか。FFの最上級グレードに試乗した。
  • トヨタ・クラウンマジェスタ/SAI/カローラ アクシオ ハイブリッド【試乗記】 2013.10.11 試乗記 フルモデルチェンジでモーターアシストを得た「クラウンマジェスタ」など、タイプの異なるトヨタの最新ハイブリッドセダン、3モデルに試乗。それぞれの仕上がりを報告する。
  • トヨタ・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG(FR/CVT)【試乗記】 2013.5.9 試乗記 これまでのユーザーを驚かすフロントマスクと、ハイブリッドシステムの本格導入が注目される新型「クラウン」。このクルマが持つ根源的な魅力について、雨の箱根で考えた。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る