【スペック】シビックiE(CVT):全長×全幅×全高=4285×1695×1495mm/ホイールベース=2680mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(105ps/5800rpm、14.2kgm/4200rpm)/車両本体価格=154.8万円

ホンダ・シビックvs トヨタ・カローラフィールダー/マツダ・プレマシー【ライバル車はコレ】

『セミミニバンに変身!』 2000.10.12 試乗記 ホンダ・シビックの「ライバル車はコレ」
 

ホンダ・シビック(134.8万円から182.2万円)のライバルは?

7代目シビックは、伝統の3ドアパッケージについに見切りをつけ、5ドアの「セミミニバン」スタイルとでも呼びたいデザインに大変身を遂げた。セダンのフェリオが保守的スタイルで登場したのに対し、5ドアモデルがこれだけ大きく変わることができたのは、このクルマが基本的に日本マーケットでの販売のみを視野に入れたため。
「セダンもクーペもハッチバックも不調という今の日本において、どうしたらカスタマーの心をくすぐることが出来るか?」。この点に果敢な挑戦をした結果が、新しいシビックのカタチに表れたというわけだ。
設定エンジンは1.5、1.7リッターのSOHCのみ。ホンダ得意のスポーツユニットはまだ用意されていない。もちろん、これは「時間の問題」と見るべきであろう。

【スペック】
カローラフィールダー1.5X Gエディション(4AT):全長×全幅×全高=4385×1695×1520mm/ホイールベース=2600mm/車重=1100kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4200rpm)/車両本体価格=159.8万円
 

【ライバルその1】カローラフィールダー(136.3万円から199.8万円)

ハッチバックをしのぐ実用性
フィールダーなるサブネームが与えられたカローラは、旧「カロゴン」ことカローラワゴン。実はこのクルマ、ヨーロッパでも「新カローラ・ワゴン」としてリリースされる予定。
欧州でのカローラは、日本とは異なりハッチバックモデルが主流だった。そこへワゴンを投入するとなれば、もともとユーティリティ性に富んだハッチバック以上にしっかりと荷物が積める「垂直に近いテイルゲート」が不可欠なデザインになるわけだ。
セダンをベースに「試作車レス」で開発されたというフィールダー。リアに大きな開口部をもつせいか、ボディの剛性感がわずかにセダンより落ちる。人によってはドラミングと呼ばれる低周波のノイズが気になるかも知れない。これは同じ5ドアパッケージングでもシビックにはない現象。
セリカ譲りの1.8リッター「190ps」エンジン搭載車は確かに速い。が、フィールの面では、いまだ「ホンダ・ユニット」を凌げない。

【スペック】
プレマシー(4AT):全長×全幅×全高=4295×1695×1575mm/ホイールベース=2670mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOHC16バルブ(135ps/6200rpm、16.5kgm/4500rpm)/車両本体価格=168.6万円
 

【ライバルその2】マツダ・プレマシー(168.8万円から222.8万円)

セダンのよう
3列シートを売り物としているだけに、シビックよりミニバン的イメージが強いのがプレマシー。けれども、全高が7cmほど高いことを除けば、ボディサイズもホイールベースもシビックと同等。ヨーロッパでは2列シート仕様でリリースされていることからも、シビックと同カテゴリーと見ておかしくない。
ファミリアをベースとしたプレマシーは、コンパクトなボディで3列シートを実現させたのが大きな特徴。けれども、ハッキリ言ってその3列目は、到底大人がリラックスできるスペースはもちあわせていない。
都市部に住む人にとっては、タワー式のパーキングに停められるか微妙な車高も気になるところ。その点、ほぼ1.5mという全高のシビックならば、すべてのパーキングに進入OK。迷わずGo!である。
プレマシーの走りはシビックに劣らずセダンライク。ただし、シビック比80kgから100kg重い車重が効いてか、「軽快感」ではシビックにかなわない。

(文=河村康彦/2000.10.12)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る