【スペック】全長×全幅×全高=4690×1820×1880mm/ホイールベース=2675mm/車重=1940kg/駆動方式=4WD/3リッター直4DOHC16バルブディーゼルターボ・インタークーラー付き(170ps/3400rpm、35.9kgm/1800から3400rpm)/車両本体価格=361.0万円(テスト車=413.9万円)

トヨタ・ランドクルーザープラド TZ5ドア(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ランドクルーザープラドTZ5ドア(4AT) 2000.11.07 試乗記 ……413.9万円総合評価……★★

トヨタのパジェロ

現行モデルは、簡単にいってハイラックスサーフの兄弟。パジェロつぶしを第一の目的として日本ではサーフとともに売られているが、海外だと2台は相補的関係にある。すなわちサーフを売っている国へはプラドを売らず、プラドを売っている国ではサーフなし。そういう意味では兄弟というより2台でひとまとまりか。
実際、乗ってみてもプラドの印象は「トヨタの差し向けたパジェロつぶし」という以外特になし。共用前提で設計されたシャシー(梯子フレーム)がサーフに対してはきわめていい方向に効いているが、そういうウマ味も特になし。デカく、重く、設計はそれなりマトモだが、基本的には安直な企画が生んだオフロード対応型ステーションワゴン。さまざまな種類の過剰さを覚悟のうえで日本の我々が買う物件としては、なによりありがたみが希薄だ。
また逆に、本格派のオフローダーが望みならトヨタにはランクル70というホンモノがちゃんとある。要は中途半端と。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ラダーフレームをもつハイラックスサーフとシャシーを共用するが、プラドには5ドアのほか、ホイールベースを305mm短縮した3ドアボディも用意される。エンジンは、3.4リッターV6(185ps)、2.7リッター直4(150ps)のガソリンエンジンと、3リッター直4ディーゼルターボがラインナップされる。
(グレード概要)
2000年7月31日に、ディーゼルユニットが改変をうけ、「シングルカム渦流室式」から「DOHC16バルブ」のヘッドメカニズムをもつコモンレール式となった。「TZ」は、「TS」「TX」の上に立つ最上級グレード。LSDを標準で装備し、内装には木目調パネル、ムーンルーフ、オプティトロンメーターなどが奢られる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
ウッドパネル風の化粧板があからさまに悲しいが、全体としても、また細部においてもカタチの基本はまあ手堅い。ダッシュボード天井ごしのボンネットの眺めは良好。使い勝手も、少なくともランクル100 よりはマトモ。というか、積極的な挑戦がなにもない種類の造形だから破綻してないのがアタリマエ。
(前席)……★★
サーフ比で明らかに着座位置は高い。つまり、クルマのキャラの違いに合わせてある。運転姿勢も、大枠でみれば良好な種類のアップライト系。つまり上半身を起こし、背筋を伸ばして座るのがよくハマるタイプ。ただし、シート座面がよくない。アップライト系の着座姿勢に合わせた設計になっていない。具体的には、すぐにお尻がイタくなる。あるいはモゾモゾしはじめる。それを意識せずにいられるのは、せいぜい乗ってから15分間程度。
(後席)……★★★
少なくとも2列目は、ナンの期待もせずに座れば期待どおり。特に強烈な違和感なし。だがリッチな居心地はそこにはない。舗装路上で乗っているかぎり、嬉しさを味わうことはないだろう。また3列目は、屋根がダランとスロープしていないぶん頭上はたしかにラク。いずれにせよ、特筆すべき工夫や配慮の跡はどこといって見られない。これだけ四角く、かつ背の高いキャビンでは後席を狭苦しくつくるほうがよっぽど難しい、というだけの話。
(荷室)……★★★
後席に同じ。3列目を畳んで使えばたしかにデカい(アタリマエ)。ただ、3列目を畳まなければ狭い。実用にはならない。ほぼ手ぶらに近い7人を道なき道のその先までご案内するにはいいかもしれない。それだけの話。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
パワートレインは、サーフにも使われている3リッター 直噴ディーゼルターボ+4段オートマ。単体としては悪くない、あるいは憎くないと思う。最大の違いは、サーフより大人2人ぶんほど重たくなっていることだ。で、その心配どおりにニブい。ドライバーのみ乗車の状態でも、サーフにあったプレジャーが味わえない。動力源としての用はなす、というだけ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
ドライバーにとってはひたすらニブくオモい。やはりサーフとは別世界。操舵特性にしろアシのセッティングにしろオフロード重視でこうなったといわれればまあ納得できなくもないが、これでオフロードにいく人間がいったいどれだけいるというのか。この日本に。もっといえば、これはプラドという企画そのものに対する疑問へと直結する部分でもある。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:森慶太
テスト日:2000年9月20日から21日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:2727km
タイヤ:(前)265/70R16 112S/(後)同じ(いずれもブリヂストンDueler H/T689)
オプション装備:VSC+アクティブTRC(9.5万円)/リアアンダーミラー(0.6万円)/ルーフレール(3.5万円)/電動ウインチ(17.8万円)/ナビゲーションシステム(21.5万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る