【スペック】全長×全幅×全高=4385×1695×1530mm/ホイールベース=2600mm/車重=1240kg/駆動方式=4WD/1.8リッター直4DOHC16バルブ(136ps/6000rpm、17.4kgm/4200rpm)/車両本体価格=189.8万円(テスト車=217.9万円)

トヨタ・カローラフィールダー1.8S 4WD(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・カローラフィールダー1.8S 4WD(4AT) 2000.11.08 試乗記 ……217.9万円 総合評価……★★

パッと見オーケーなら……?

日本における従来カローラの最大の問題は、セダンでいうと顧客年齢層の上昇だ。すでに60歳に近づいていたのではないか。このままでは先細り。
一方、若者にとって「これ以外なし」のカローラであるところのワゴンは、売れ行きで日産(車体)ウイングロードに負けていた。さらに、全トヨタ的課題として欧州市場でヴィッツの上にくる、しかも戦闘力のあるセダンが欲しかった。それら諸条件を勘案すると、1.3/1.5リッター用のシャシーに、より大きなエンジンを積む必要があった(?)
その結果、テスト車1.8リッターのカローラフィールダーはどうも仕上げが粗雑だ。日本のガキ、いや若者にパッと見で「あ、いいじゃん」と思わせればオーケー、みたいなクルマづくりが見えてしまう。あるいは見える気がする。すくなくとも、フィールダー買うならこれ以外を。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年8月28日に発表された9代目カローラ。ボディは、4ドアセダンと「フィールダー」と名づけられたワゴンの2種類。エンジンラインナップは、セダンのみの1.3リッター(88ps)、1.5リッター(110ps)、1.8リッター(136ps/ワゴンには190psも)のガソリンユニットと、2.2リッターディーゼル(79ps)。トランスミッションは、4AT、5MTが用意される。駆動方式は、FFのほか、4WDもある。
(グレード概要)
フィールダーは、ベーシックの「X」、標準仕様の「X Gエディション」、ちょっと豪華な「S」、そして6段MT搭載のスポーティ版「Zエアロツアラー」がラインナップされる。メッシュグリル、本革巻きシフトノブ、運転席側フットレストが備わることなどが、「S」と「X」との装備上の相異点。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
前席からの眺めは、もはやカローラではない。というか、ほとんどミニバン。ただし、旧型比で大幅に高くなった着座位置に対してカウルトップがさらに高いところにあるので、ミニバン系特有の見下ろす嬉しさはない。もちろん、車両直前の見切りは悪い。日本で使われることを重視したセダン/ワゴンのデザインでは明らかにない。つまり欧州重視型だ。ダッシュボードまわりの質感は、明らかに最新のフォルクスワーゲンを意識したタイプ。でも嬉しくない。
(前席)……★★
天井までの空間の余裕の大きさを前提に、シート全体を動かすリフターがついている。が、使ってみると、まだしもポジションが出るのはいちばん低い位置のみ。座面を上げていくと、座面後部が高くなりがち。「点」でカラダを支えることになり、これはツラい。つまりこのリフター、小柄なドライバーに対するとりあえずの対策として以外にほとんど意味がない。いちばん低い位置でも、ポジションが違和感なくキマった実感は薄い。というかない。空間設計としては旧型までとまったく別世界のはずで、それに対する不慣れが正直に露呈したか。
(後席)……★★★★
空間の余裕に問題なく、また着座姿勢その他シート側の環境も(リクライニングを使わなければ)セオリーどおりにできている印象。ワカモノ向け内装調度のせいか、カローラに乗ってる実感はまったくないが、少なくともイビツなものではない。間違いなくウイングロードの後席よりは嬉しい。あるいは、ひょっとするとカローラセダンの後席よりも着座姿勢はいいのかもしれない。
(荷室)……★★★
外見からして窓の下端の位置が高い。ということは、そのぶん荷室は深い。床下にも収納スペース、とは要するに上げ底で、これにより後席を畳んだ際も荷室床面はフラットなまま拡大される。また敷居との段差も小さくできる。ま、文句は特にない。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★
車体側の想定キャパを超えているせいか、それともマッチングを真剣にやっていないせいか、はたまたエンジンじたいのデキがよくないせいか、いずれにせよフィーリングがよくない。ハッキリいって安モノ感バリバリ。コロナに載っていた旧世代のS 型でもこれよりしっとり回った。ヨンクとはいえ、1.25トン(これは軽い!)に1.8リッターだからオソくはない。だがありがたみはない。かといって痛快にブン回るわけでもまたなし。意味ないじゃん。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
ルノーのような磐石の安心感があるわけでなく、カローラのようなくんにゃりしたソフトさがあるわけでもない。プジョーのような痛快さもまたない。(シャシーにとっては)少々掟破りに強力な動力性能と、あとはヨンクという事情に合わせてなんとか妥協点を見つけるとここしかない、という感じか。ひょっとして、新型カローラのうち乗っていちばん嬉しくないのがこの仕様かも。だからといって190ps +6MT の仕様を薦める気もないが。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者: 森 慶太
テスト日: 2000年9月25日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離: 2211km
タイヤ: (前)185/70R14 88S/(後)同じ
オプション装備: アルミホイール(5.0万円)/ナビゲーションシステム(18.1万円)/サラードサイドマッドガード+カラードフロントスポイラー(5.0万円)
テスト形態: ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(8)
テスト距離: 630.4km
使用燃料: 45.2リッター
参考燃費:13.9km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ フィールダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る