【スペック】全長×全幅×全高=4735×1760×1460mm/ホイールベース=2780mm/車重=1460kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(200ps/6000rpm、25.5kgm/3800rpm)/車両本体価格=273.0万円(テスト車=312.5万円)

トヨタ・マークII2.5グランデ(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・マークII2.5グランデ(4AT) 2000.11.09 試乗記 ……312.5万円総合評価……★★★★

ホイールベースを長く、背を高く

1980年代後半から90年代にかけて、カローラを超えるほどの販売台数を誇った「中流国民車」。
マークII、クレスタ、チェイサーと、すこしずつテイストを変えた兄弟車をラインナップしていたが、2000年10月24日に発表された新型は、マークIIだけ。クレスタとチェイサーは継続販売されるが、同様のモデルチェンジを受けるかどうかは不明。
今回のモデルチェンジの特徴は、プラットフォーム、前後サスペンションをプログレと共通化し、先代とくらべて全高を60mmも上げたこと。マークII3兄弟車といえば、「低く長いボディに窮屈な室内空間」を特徴としていたが、最近のトヨタの新路線に従ってか、ニューモデルは背を高く、一方、全長は25mm短くされた。全幅は5mm増やし、ホイールベースは50mm延ばした。エンジンには、2.5リッター直噴ガソリンが新たに採用された。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
姉妹車クレスタとチェイサーに先立ち、2000年10月24日にデビューした9代目マークII。新しいトヨタの中堅FRセダンは、ビッグキャビンスタイルを採り、窓には枠が付いた。2.5リッターターボ(280ps)、主力の直噴2.5リッターNA(200ps)、直噴でない2.5リッターNA(200ps)、2リッター(160ps)、4種類のエンジンが用意される。ラグジュアリー指向の「グランデ」、スポーティの「グランデiR」に大別される。
(グレード概要)
2.5リッターNAには、4WDモデル用のノーマルユニットと、メインであるFRモデル用直噴「D-4」ユニットが用意される。グランデ系は、2/2.5リッター+4ATの「グランデ」、2.5リッターに5ATを奢った「グランデG」、2.5リッターターボの「グランデG-tb」がある。装備面で「グランデ」を「グランデG」と比較すると、タイヤサイズがひとまわり小さく、ヘッドライトが通常のハロゲン、ステアリングホイールが樹脂製といった点が異なる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
装備は豪華満点だが、それらがインパネまわりでうまく整理されていない印象を受ける。カーナビのスイッチには日本語が使われているのに、オーディオには英語といった具合に。
(前席)……★★★★
シートは良くなった。旧型までのフカフカしたものではなく、引き締まったもの。それでいて、腰や背中もしっかりサポートする。調整幅は普通だが、日本車には珍しくシート座面の前後長がたっぷりとあり、ヒザの裏側までを支えてくれる。
(後席)……★★★
いつも人が乗るわけではない後席は、コストダウンの犠牲になりがち。日本車では最近その傾向が非常に強い。しかし、前席同様、今度のマークIIは悪くない。また、後席でチェックすべきなのは、シートや空間の広さとともに屋根がどこまで延びているかということ。リアガラス越しの直射日光を避けられるかどうかが肝心だ。これも悪くない。
(荷室)……★★★
ガソリンタンクを後席下に移したことによって重量配分が改善され、また荷室が広がった。具体的には、左右リアサスペンションの間の空間が荷室として使うことが可能に。そこで、「ユーティリティボックス」なるプラスチック製の箱を設置して、トランクスルーの穴を通じて後席からものを取り出しやすくしている。悪いアイデアではないが、黒一色のペナペナのプラスチック製の箱は、100円ショップで売っていそうだ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
エンジンのレスポンス、パワー、トルク、それらの出方など、いずれも不足ない。ショックの少ないトランスミッションとの組み合わせも申し分ない。元はメルセデスベンツ・オリジナルのスタッガード式シフトレバーは、使いやすくてとてもいい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
エンジンとトランスミッションが洗練されているのと対照的なのが、足まわり。乗り心地は舗装のいい路面では快適なのだが、凹凸や轍が掘れた路面ではサスペンションと一緒にボディも上下してしまう。また、ハンドルには常に路面とタイヤからの振動が伝わってくるのが不快。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2000年11月7日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:1108km
タイヤ:(前)195/65R15 91H/(後)同じ(いずれもブリヂストン B370)
オプション装備:VSC(アンチスピンデバイス)+トラクションコントロール+タイヤ空気圧警報システム(8.0万円)/インダッシュCDチェンジャー+カセット一体AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ+6スピーカー(2.5万円)/DVDナビゲーションシステム(29.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(7):山岳路(1)
テスト距離:370.7km
使用燃料:48.0リッター
参考燃費:7.7km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る