【スペック】全長×全幅×全高=3630×1660×1485mm/ホイールベース=2370mm/車重=940kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4200rpm)/車両本体価格=145.3万円(テスト車=146.1万円)

トヨタ・ヴィッツ1.5RS3ドア(5MT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ヴィッツ1.5RS3ドア(5MT) 2000.11.29 試乗記 ……146.1万円 総合評価……★★★

老成したボーイズレーサー

ヴィッツシリーズ最大の1.5リッターユニットを搭載する「RS」。内外に専用パーツが与えられ、スポーティ感が押し出される。
サイドサポートを備えた専用シートは、しかしクッションで体が持ち上がられ、ただでさえ高い視点に輪をかける。回してもまるでハレないケ(日常)のエンジン、カサついたシフトフィール、よく路面をとらえるが「鈍」な足まわり。低いギア比と厚いトルクで加速はスバラシイが、古典派にはさっぱり「スポーティ」が感じられない。「老成したボーイズレーサー」。
反面、1.5リッターVVT-iユニットは、2000rpmでシフトしても940kgのボディをじゅうぶん活発に走らせる。粘り強い実用ユニットだ。
街なかをはいずり回ってもリッター10kmを軽々と超える小食さ。「日常」をまったく犠牲にしないスムーズな乗り心地。使いやすいシートアレンジメント。むしろ「知的で大人のコンパクト」をアピールした方が、素材のよさが引き立つんじゃないでしょうか。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1999年1月に発表されたトヨタの新世代コンパクトカー。欧州戦略車でもある。3ドア、5ドア、2種類のハッチバックボディをもち、エンジンラインナップは、当初1リッターと1.3リッター、2000年10月に1.5リッターが追加された。トランスミッションは、4ATか5MT。FFのほか、4WDモデルもある。グレードは、ベーシックなものから「B」「F」「U」、そしてレトロ調の「Clavia(クラヴィア)」、スポーティな「RS」で構成される。
(グレード概要)
「RS」は、「U」ユーロスポーツエディションに代わるグレードとして用意されたスポーティ版。1.3、1.5リッター、2種類のエンジンをもつ。トランスミッションは4ATか5MT。駆動方式はFFのみである。前後バンパーなどの形状をノーマルと変え、専用色を用意、インテリアにはタコメーター付きアナログメーター、専用シートほかを備える。拡大された排気量に合わせ、サスペンションを硬め、リアブレーキをドラムからディスクに強化、タイヤサイズも155/80R13から185/55R15になった。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
白い文字盤の専用アナログスピード&タコメーターや、黒と銀の2トーンカラーのステアリングホイールとシフトノブがうれしい「RS」。しかしセンターメーターは、進行方向から斜めに視線をそらす必要があるので、チラッと回転数を確かめたいときなどは、ちょっと不利。慣れが必要だ。インパネまわりは、過剰とも思える有機デザインで、センターコンソール脇とステアリングコラム下に、大きなモノ入れを上手に溶け込ませた。なんでも放り込めて便利。
(前席)……★★
モノトーン仕立ての専用シートが使われる。クッションが厚く、座面が凸状になっているのが気になるところ。体が浮いて、スポーティモデルとしては不安定に感じられるほど。ドライバーには相応の体重が必要とされる。背もたれのサイドサポートが雰囲気を盛り上げるが、見かけほどホールド感はない。着座位置が高く、腰高感が強いのもイヤだ。
(後席)……★★★★
ルノー・トゥインゴ同様、シート全体をスライドすることができる。座面がちょっと短く、全体に薄いクッションだが、座り心地は悪くない。はめ殺しの大きなサイドウィンドウが開放感をもたらす。ヘッドクリアランスは確保されるが、天井が後にいくほどさがるので、座高が高いヒトは気になるかもしれない。
(荷室)……★★
後席の居住性を重視したために、最小限になったラゲッジスペース。奥行き40cm、トノカバーまでの高さ55cm。床面最大幅は130cmあるが、サスペンション頂部が張り出すため、実用幅はズッと狭い。もっとも、後席背もたれが分割可倒式で、ヘッドレストを付けたまま容易に倒せるので、これを多用することでカバーできよう。リアシート座面を前に跳ね上げてから背もたれを倒す「ダブルフォールディング」も可能だ。すると、100cmもの奥行きをもつ荷室が現われる。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
5速100km/hで3250rpmと、ずいぶん低めに設定されたギア比。高速クルージングではウルサイが、街なかでは小気味イイ、というより芯の太い加速を楽しめる。VVT-iの恩恵で、「1NZ-FE」ユニットはフラットトルク型。ボディが軽いこともあって、あまり回さないでも運転可能だ。シフトは、ストロークが大きく、フィールもガサツ。営業車のそれ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
街なか、高速道路とも、「スポーティ」を言い訳にする必要のない乗り心地。扁平率55の薄いタイヤを履くが、気になる突き上げもよく抑えられる。15mm車高を落とされ、前後にアンチロールバーを備えた足まわりは、破綻がないが、エクサイティングもない。高い視点のままロールするコーナリングは、ドライバーをして醒めさせる。ヴィッツカップ出場者のセカンドカーにはいいかも。運転、楽だし。

【テストデータ】

報告者 :web CG 青木禎之
テスト日 :2000年11月25日
テスト車の形態 :広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離 :1278km
タイヤ :前)185/55R15 81V/(後)同じ(いずれもブリヂストン Potenza RE040) オプション装備 :ハイマウントストップランプ(0.8万円)
テスト形態 :ロードインプレッション
走行状態 :市街地(6):高速道路(4)
テスト距離 :--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る