【スペック】全長×全幅×全高=4685×1825×1720mm/ホイールベース=2715mm/車重=1730kg/駆動方式=4WD/3リッターV6DOHC24バルブ(220ps/5800rpm、31.0kgm/4400rpm)/車両本体価格=312.0万円(テスト車=391.3万円)

トヨタ・クルーガーV 3.0 Four Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・クルーガーV 3.0 Four Gパッケージ(4AT) 2000.12.13 試乗記 ……391.3万円 総合評価……★★★

ないないずくし

トヨタのエンジニアいうところの「ミディアムサイズ乗用車ライクSUV」。言い換えると「車高の高い4輪駆動版ミニバン」。ボディは大きいし、車内空間も広い。オフロード走行よりも、舗装路での乗り心地や走りっぷり、取りまわしの良さなどを開発目標とした。コンセプトとしては「乗用車ベースのクロカンルック」ハリアーと同じ。新しい提案は見あたらない。
とはいえ、余裕たっぷりの3リッターV6、スムーズなオートマチックトランスミッション、シットリとした乗り心地と、クルマとして特に不満はない。他車より極端に劣るところもない。一方、人に強く推薦したくなるような個性や長所も、これまた、ない。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年11月24日デビューの、「ハリアー」の兄貴分的SUV。乗用車寄りのハリアーに対し、よりオフロードテイストを押し出したモデルだ。ホイールベースをハリアー+100mmにし、より広い室内空間とラゲッジスペースを確保したのが特徴。エンジンは3リッターV6(220ps)と2.4リッター直4(160ps)。2WDと、生活ヨンクたるビスカスカプリング式4WDが用意される。グレードは、直4、V6/2WD、4WDのそれぞれに、標準「クルーガーV」、スポーツ仕様「Sパッケージ」、豪華仕様「Gパッケージ」で展開される。
(グレード概要)
V6+4WDの「3.0 Four Gパッケージ」は、クルーガーVの最高級グレード。運転席パワーシート、専用のラグジュアリーシート表皮、6連奏CDチェンジャー/MDプレーヤー/電子チューナーラジオ、16インチアルミホイールなどを備える豪華仕様だ。本皮シート、クルーズコントロール、オーディオメーカーJBL製のプレミアムサウンドシステムはオプション設定。  

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
Gパッケージのパッケージは、「チャコール」と呼ばれるコンサバティブなもの。ブラウンとグレーの2トーン内装で、木目調パネルにもとってつけたところがない。オーディオやナビゲーションシステム、空調などのスイッチ類が大きく、表示が見やすいのは大変好ましい。来る高齢化社会に向けて、大切なポイントだ。
(前席)……★★★
テスト車には、メーカーオプションの本革シートが奢られる。シートは、通気性を考慮してか、体が触れる部分に小さな孔がたくさん開けられる。コーナリング中にツルツル滑ることもなく、ホールド性は良好。ただ、革特有の柔らかさが感じられないのが残念。
(後席)……★★★
リアシートはスライドし、バックレストをリクライニングすることも可能だ。前席のヘッドレストを抜いて背もたれを後に倒せば、いわゆる「フルフラット」になる。後席の乗員は、足をのばして寛ぐことができるという寸法だ。停車中は、くれぐれもアイドリングを止めましょう。
(荷室)……★★★
リアシートを畳まなくても、ボディが大きいので十分な荷室空間は確保される。シートバック上面までの容量は、650リッター(VDA法)。分割可倒式のリアシートを倒せば、1060リッターに拡大する。欲を言えば、リアサスペンションの張り出しがもうすこし小さければ良かった。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
3リッターV6は、220ps/5800rpmの最高出力と31.0kgm/4400rpmの最大トルクを発生。160psと22.5kgmの2.4リッター直4でも十分なのだから、3リッターは、もう余裕たっぷり。4段オートマチック「スーパーインテリジェント」トランスミッションは、他のトヨタ車の例に漏れず、スムーズでショックが少ないものだ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
4輪駆動版のリアサスペンションは、サブフレームをはじめ、チューニングもFF車と異なる。車両重量が100kg増えていることもあってか、しっとりと落ち着いた乗り心地。2.4リッターのFF「S(スポーツ)」モデルをドライブしたときにみられた、リアがポンポン跳ねる挙動もなかった。オフロードをテストする機会は得られず。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者: 金子浩久
テスト日: 2000年12月4日
テスト車の形態 :広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離 :--
タイヤ :(前)215/70R16 99S/(後)同じ(いずれもToyo Radial)
オプション装備 :本革シート+ナビゲーションシステム(56.2万円)/前席サイドエアバッグ(3.5万円)/クルーズコントロール(2.6万円)/スライドルーフ(9.0万円)/VSC+TRC(8.0万円)
テスト形態 :ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態 :市街地(10)
テスト距離: --
使用燃料: --
参考燃費: --

関連記事
  • トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)【試乗記】 2011.5.9 試乗記 トヨタFJクルーザー オフロードパッケージ(4WD/5AT)
    ……350万5850円

    ジャパンメイドの北米向けSUV「FJクルーザー」の評判がいい。なにが、そんなにイイのか!? モリケータはその“地盤”に注目した。
  • トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)【海外試乗記】 2008.6.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(5AT/4WD)

    日本ではあまり聞き慣れないトヨタのSUV「FJクルーザー」。1960年代のランドクルーザー「40系」のスタイルを再現した、トヨタが北米向けに生産するモデルだ。自動車ジャーナリスト河村康彦がアメリカで試乗した。
  • トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)【試乗記】 2011.2.4 試乗記 トヨタFJクルーザー(4WD/5AT)
    ……336万7850円

    オフロード性能も本格的! 「FJクルーザー」はルックスだけでなく、ヘビーデューティさでもランクルの魂を継承していた。
  • トヨタ海外仕様車試乗会(後編)【試乗記】 2010.10.31 試乗記 先に、「マトリックス」や「アイゴ」などハッチバックを中心にリポートした「日本で買えないトヨタ」の試乗記。後編では、個性的な3台のSUVを紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデスAMG G63(後編) 2017.4.13 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「メルセデスAMG G63」に試乗する。レーシングドライバー視点で“ゲレンデヴァーゲン”を斬る!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る