【スペック】全長×全幅×全高=4575×1815×1665mm/ホイールベース=2615mm/車重=1580kg/駆動方式=FF/3リッターV6DOHC24バルブ(220ps/5800rpm、31.0kgm/4400rpm)/車両本体価格=287.5万円(テスト車=355.6万円)

トヨタ・ハリアーGパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ハリアー Gパッケージ(4AT) 2001.01.30 試乗記 ……355.6万円総合評価……★★★

わかりやすいライオン

デビュー時の「スポーツユーティリティサルーン」という無理な造語はアッサリ忘れられたが、「ワイルド・バット・フォーマル」という名コピーは、いまだ健在。2000年11月にマイチェンを受けて、ライオンは人間に進化し、2.2リッター直4が2.4リッターに拡大された。ただし今回の試乗車は北米に出される3リッターV6。まずは、基本を押さえよ、ってか。
マイチェンでもほとんど変わらぬ外観は、人気車の証。ギラギラする大型ヘッドランプとでっかいグリルで、豪華さ2割増し。ホントのサイズ以上に大きく見える。
広い室内。Gパッケージオップションの革とウッドの内装。高い視点と前席の肘掛けが優越感を誘う。「エッ!? これで287.5万円?」 ただし、ベース価格。
走り出すと、意外にラフなV6。思ったほどフォーマルでない乗り心地。しかし、そこはトヨタ車、すぐに体が馴染んで、乗っているクルマのことなど忘れてしまう。
教訓。わかりやすさが大事なのは、広告コピーだけではない。「つかみ」が肝心。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1998年に登場した乗用車ベースのSUV。北米ではレクサスRX300として販売され、大ヒットとなった。国内のデビュー当初は、2.2リッター直4と3リッターV6の2本立て。2000年11月13日にマイナーチェンジを受け、2.2リッターは、2.4リッターに拡大された。いずれも4段ATと組み合わされ、4輪駆動、前輪駆動が用意される。
(グレード概要)
ハリアー全グレードを通して、標準仕様のほか、スポーティな「iRバージョン」、ラグジュアリーな「Gパッケージ」がラインナップされる。Gパッケージは、ノーマルと比較して、アルミホイール、ディスチャージヘッドランプ、フォグランプ、6スピーカーのオーディオなどが装備されるほか、オプションで革内装を選ぶことができる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
ナビゲーションシステム(オプション)のディスプレイを、センターコンソール上部に置いた、機能的なインパネまわり。革とウッドのコンビネーションになったステアリングホイールとATシフターとの距離が近いのもいい。木目調パネル、樹脂類の質感はいまひとつ。
(前席)……★★★
「革」を強調するかのように、座面、背面に、あえて皺が出るように縫製したシート。しかし、あまりにキレイに整列したドアトリムの縦皺はいかがなものか。シートの革は固めで、耐久性は高そうだ。アメリカ産SUVと異なり、サイズは標準的。運転、助手席ともに肘掛けがつくが、特にラグジュアリーな座り心地、というわけではない。
(後席)……★★★★
フロアコンソールを前席後端で終えて、応接間のように広い足もとを演出する。頭上空間も文句ない。前席同様、高い視点がウレシイ。タクシーに使ってもよい。
(荷室)……★★★
床面最大幅140cm、奥行き100cm、パーセルシェルフまでの高さ45cmと、標準的なラゲッジルーム。荷室側面が複雑に出っ張っていないので、使いやすそう。床下に、収納トレイあり。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
意外にラフなV6。3リッターで31.0kgmの最大トルクは立派だが、発生回転数が4400rpmとやや高め。回すと、多気筒ユニットらしからぬ振動を発生。「液体封入式エンジンマウント」「井型防振サブフレーム」採用が謳われるが……。4ATとのマッチングは手慣れたもの。タキシードというよりは、「ネクタイ着用でOK!」の、学生ノリなフォーマル感。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
トヨタ車らしからず、大径タイヤをもてあますかのように、バネ下がバタつく。路面状態によっては、コツコツとした突き上げあり。「上級サルーンの乗り心地」を期待すると、及ばないところがあるが、しかし、さすがは4輪独立懸架。「並みの」サルーンに匹敵するフラットライドとハンドリングは確保される。視点の高さで、むしろプラスか。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2000年12月18日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:-
タイヤ:(前)215/70R16 99S M+S/(後)同じ(いずれもトーヨーTranpath A11)
オプション装備:クルーズコントロール(2.6万円)/VSC&TRC(8.0万円)/前席サイドエアバッグ(3.5万円)/本革シート(15.0万円)/電動スライドルーフ(9.0万円)/ナビゲーションシステム(27.0万円)/スパークリングゴールドメタリック(3.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(8):高速道路(2)
テスト距離:-
使用燃料:-
参考燃費:-

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
ホームへ戻る