【スペック】全長×全幅×全高=4575×1815×1665mm/ホイールベース=2615mm/車重=1580kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(160ps/5600rpm、22.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=269.5万円(テスト車両=300.0万円)

トヨタ・ハリアーiRバージョン(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ハリアーiRバージョン(4AT) 2001.02.14 試乗記 ……300.0万円総合評価……★★★

唸るライオン

2000年11月のマイナーチェンジで、ハリアーの4気筒モデルは、2.2リッター「5S-FE」ユニットを、「クルーガーV」でも使われる2.4リッター「2AZ-FE」ユニットに換装。VVT-i(連続可変バルブタイミング機構)装備、給排気系のファインチューニングで、燃費向上、排ガス低減を狙う。
新世代エンジン搭載で、4シリンダーモデルの走りがグッと新しくなったかというと、これがそうでもない。2AZユニットは、トルキーだが、回してもまるで色気のないエンジン。キックダウンを効かせたときに高まるノイズは、ワイルドというより、ガサツで興ざめ。そんなに唸らないでも……。
テスト車は、「ユーロチューンドサスペンション」を備えた「iRバージョン」。低速時には、つっぱった足で左右にユラユラ揺れるの感あり。高速道路に乗ると、さすがにビシッとするが、視界の高さからくる優越感ほどは、感銘を受けず。百獣の王は、あんまりシャカリキに獲物を追わなくてもいいんじゃないでしょうか。それにしても、同じ価格で3リッターのベースモデルが買える絶妙の価格設定。どうせV6モデルが買えるなら……って、おそるべし、三河商法。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1998年に登場した乗用車ベースのSUV。北米ではレクサスRX300として販売され、大ヒット。国内のデビュー当初は、2.2リッター直4と3リッターV6の2本立て。2000年11月13日にマイナーチェンジを受け、2.2リッターは、2.4リッターに拡大された。いずれも4段ATと組み合わされ、4輪駆動、前輪駆動が用意される。
(グレード概要)
ハリアー全グレードを通して、標準仕様のほか、スポーティな「iRバージョン」、ラグジュアリーな「Gパッケージ」がラインナップされる。iRバージョンは、スプリングレイトを上げた「ユーロチューンドサスペンション」を装着するほか、内装では、シフトボタンの付いたステアリングホイール、スポーツタイプのシート、アルミパネルを採用、外装のリアスポイラーなどで、スポーティを演出する。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
スポーティ版らしく、ウッドではなくシルバーのオーナメントを用いたインパネまわり。スッキリしている。センターコンソール上部に配されたディスプレイ、シフト時に左手の動線が短いシフターの位置など、機能的で、よく考えられている。ステアリングホイールには、表側がダウン、裏側がアップのシフトボタンが装備されるが、さて、どれほど使われるんでしょうか?
(前席)……★★★
iRバージョンに革内装は用意されない。ファブリックシートは、「スポーツタイプ」と称されるが、グレーと格子模様を組み合わせた雰囲気重視のもの。あたりが柔らかく、むしろラグジュアリーな座り心地だ。トンネルコンソールに設置されたモノ入れは、引き出しのようになっていて便利。カップホルダーも備わる。
(後席)……★★★★
頭上、足もと空間とも文句ない。左右はもとより、中央の席も、座面が盛り上がり、座り心地がいくぶん硬いが、じゅうぶん実用的だ。分割可倒式の背もたれを倒すと、連動して座面が沈み込み、ほぼ水平に荷室フロアが延長される。トヨタ流のおそるべき細かい配慮。使いやすい。
(荷室)……★★★
奥行き100cm、床面最大幅140cm、パーセルシェルフまでの高さ45mm、天井までは85mmと、まず不満のないラゲッジスペース。床下には深さ5cmから15cmほどの、細かく仕切られた収納トレイ有り。ガラスハッチだけの開閉ができないのが、後発SUVと比較されたときの弱点だ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
新型2.4リッターエンジンは、2.2リッターより、パワーが20psアップの160ps、トルクは、400rpm低い4000rpmで、3.0kgm太い22.5kgmを発生する。連続可変バルブタイミング機構でフラットなトルク特性を狙った、純然たる実用ユニット。フィールはともかく、実用的な動力性能に文句はない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
「ユーロチューン」を謳う足まわりだが、特に硬いことはない。街なかでもスポーツサスを意識することなく、一方、高速では安心感が高い。ハリアーは、ハンドリング、乗り心地とも、通常の乗用車と選ぶところがなく、そこがセダンからの乗り換え組からも、SUVの乗り心地にウンザリしたタフガイ気取りからも支持される理由だ。次第に運転していることを忘れがちになるところは、ほかのトヨタ車と同じ。

(写真=阿部ちひろ)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2001年2月3日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年 :2000年型
テスト車の走行距離:2634km
タイヤ:(前)215/70R16 99S/(後)同じ(いずれもTOYO TRANPATH A11)
オプション装備:前席サイドエアバッグ(3.5万円)/プレミアムサウンドシステム(8スピーカー)+DVDナビゲーションシステム(27.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(6)
テスト距離:301.2km
使用燃料:44.5リッター
参考燃費:6.8km/リッター

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(前編)】 2017.5.11 試乗記 外部から充電できるハイブリッド車「トヨタ・プリウスPHV」と、エンジンで発電した電力を使って走る「日産ノートe-POWER」。今が旬のエコカー2台をさまざまな道で乗り比べ、運転感覚や使い勝手の違いを詳しくリポートする。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る