トヨタ・カローラランクス&アレックス X Gエディション(4AT)/Z エアロツアラー(6MT)【試乗記】

『神は細部に宿る』 2001.02.20 試乗記 トヨタ・ランクス&アレックス2001年1月24日、カローラのハッチバックモデル「ランクス」と「アレックス」が発表された。「洗練されたデザインと爽快でしなやかな走り」(プレスリリース)と謳われる「スタイリッシュ5ドア」(同)である。ランクスはトヨタカローラ店、アレックスはネッツトヨタ店を通じて販売される。

 
トヨタ・カローラランクス&アレックス X Gエディション(4AT)/Z エアロツアラー(6MT)【試乗記】の画像
【スペック】
ランクスX Gエディション:全長×全幅×全高=4175×1695×1480mm/ホイールベース=2600mm/車重=1170kg/駆動方式=4WD/1.5リッターDOCH16バルブ(105ps/6000rpm、14.1kgm/4200rpm)/車両本体価格=169.8万円(テスト車=179.9万円/アルミホイール+CDカセット一体ラジオ+6スピーカー)
 
【スペック】
	ランクスX Gエディション:全長×全幅×全高=4175×1695×1480mm/ホイールベース=2600mm/車重=1170kg/駆動方式=4WD/1.5リッターDOCH16バルブ(105ps/6000rpm、14.1kgm/4200rpm)/車両本体価格=169.8万円(テスト車=179.9万円/アルミホイール+CDカセット一体ラジオ+6スピーカー)
	 

逗子マリーナにて

2001年2月5日、トヨタ・ランクス&アレックスのプレス向け試乗会が、神奈川県は逗子マリーナで開催された。英国人女性失踪事件でいま話題の場所である。しかし、凪いだ海にはやわらかい日ざしがそそぎ、キラキラと輝く水面は、平和そのものであった。
と、それはともかく、ズラリと並んだ試乗車を見ながら、同行した(というか、webCG側が同行させてもらったのだが)自動車専門誌『NAVI』の佐藤健記者に、「太いCピラーがフォルクスワーゲン・ゴルフに似ているねぇ」と話しかけると、「いや、アウディA3でしょう」とキッパリ。佐藤記者は、NAVIの長期リポート車「ゴルフGTI」の担当なのだ。なるほど、かるくノッチのついた(段差のある)リアビューは、たしかにA3を彷彿させる。「最近のデザイントレンドなのかしらん」と、リポーターは外野の気楽さで考える。

ランクス&アレックスは、1.8リッター「Z」、1.5リッター「X」と、大きく2つのグレードに分かれる。トランスミッションは、前者が6段MTと4段AT、後者は4段ATのみである。駆動方式は、「Z」はFFだけだが、「X」には4WDモデルも用意される。


 
トヨタ・カローラランクス&アレックス X Gエディション(4AT)/Z エアロツアラー(6MT)【試乗記】の画像
【スペック】
ランクスZエアロツアラー:全長×全幅×全高=4175×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOCH16バルブ(190ps/7600rpm、18.4kgm/6800rpm)/車両本体価格=189.4万円(テスト車=199.9万円/アルミホイール+CDカセット一体ラジオ+6スピーカー)
 
【スペック】
	ランクスZエアロツアラー:全長×全幅×全高=4175×1695×1470mm/ホイールベース=2600mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOCH16バルブ(190ps/7600rpm、18.4kgm/6800rpm)/車両本体価格=189.4万円(テスト車=199.9万円/アルミホイール+CDカセット一体ラジオ+6スピーカー)
	 

「走る!」予感

まず乗ったのは、ランクスの1.5リッターモデル「X」Gエディションの4WD版。オプション装備を含めて、価格は179.9万円となる。
佐藤記者が乗ってきたゴルフと並べてみると、ボディサイズはほとんど変わらないが、ランクスは、サイド、リアとも「内側から膨れる」の感があり、ふっくらと立体的だ。見慣れたフォルクスワーゲンが、にわかに古く見える。

「オッ」と思うほど軽いドアを開けてランクスのドライバーズシートに座る。内装はタン。インテリアまわりはカローラと同じだが、3本スポークのステアリングホイールがスポーティだ。ホワイトメーターと、2トーンのシートが若々しい。
車重は、セダンよりむしろ増えているが(1140から1170kg)、走りは軽快。「VVT-i」こと可変バルブタイミング機構を備えた1.5リッター(105ps、14.1kgm)は、回転が高まるにつれ「ビーン!」と独特の共鳴音を発するライブリィなエンジン。カメラマンを含め、3名乗車で逗子、鎌倉の街なかを走って、なんら不満はない。

続いて、ランクス「Z」エアロツアラーをドライブした。トランスミッションは6段MT。かつては廉価版の役目も負ったマニュアルモデルであるが、最近の日本では、「特殊なスポーツ版」と位置づけられ、ほぼトップグレード扱いである。テスト車は、車両本体価格189.4万円。オプション込みで199.9万円也。

黒基調の室内。インパネまわりには、シルバーパネルが配され、計器類は黒字に赤文字のオプティトロンメーターが使われる。
1.8リッターユニットは、バルブタイミングのみならず、リフト量まで変化させる「VVTL-i」を搭載。最高出力190ps/7600rpm、最大トルク18.4kgm/6800rpmという、すばらしいカタログスペックを誇る。
セリカのハイチューンエンジンを小柄なハッチに積んだのだから、文句なく速い、はずだが、あいにく今回はテストする場に恵まれなかった。わずかに、披露山を登る短い山道で、「X」よりひとまわり大きな16インチホイールを履いた足まわりがカーブでグッと踏ん張り、「なかなかヤル」予感がしただけである。


 
アレックスには、ドアハンドルにメッキ処理が施される。
 

ロバストネス

試乗後、トヨタ自動車・第2開発センター第2デザイン部の廣川学さんと、同製品企画主担当藤田博也さんにお話をうかがうことができた。

カローラハッチことランクス&アレックスのスタイリングは、セダン同様、欧州デザインセンターによるもの。「ロバストネスをキーワードにした」と廣川さんはおっしゃる。ロバストネスとは、「塊感」の意味で使っているという(robust:強健な、豊潤な)。クルマを上下に分ける「Bライン」(サイドウィンドウ下端の線)、スポーティなヒップアップ、そしてリアガラスの角度が、デザインのキモだそうだ。
「リアビューがあまりにアウディA3に似ていませんか?」というリポーターのぶしつけな問いには、「そうでしょうか?」と首をひねる。
リアで下方に折れ曲がるサイドのキャラクターラインと、垂直方向のクランクを強調するリアのコンビネーションランプが「ランクスのアイデンティティ」との説明を受けた。ヒトはトレンドに流され、しかし細部に神は宿る、ということでしょうか。

「リーンバーンVTEC、CVT、フラットなフロアといった斬新なコンセプトをもつホンダ・シビックと比較して、ランクスは保守的に過ぎませんか?」と聞くと、「まあ、手持ちの武器がなかったということです」と、藤田さんが穏やかに応える。
カローラのハッチバックモデルは、既存のコンポーネンツを手堅く組み合わせただけでなく、開発初期からCAE(Computer Aided Engineering)を駆使して、徹底的に軽量化したという。「走りにも、燃費にも影響しますから」と藤田さん。「ドアの鉄板だって、0.5mm厚くするだけで、バスッといい音で閉まるんですが、敢えてそうしなかった」。「メルセデスの質感」や「フェラーリのエンジン音」よりコスト、もとい、燃費や環境が大切ということである。なにせ、経済的な小型ハッチですから。

終始ニコやかな藤田主担当に、質問を続ける。
--北米には輸出しますか?
「予定はありません」
--欧州はどうですか?
「このまま出したら、『日本用のクルマをそのままもってくるのか』と怒られるでしょう。デザインは変えることになると思います」
そうでしょうなぁ。
--ときに、ハッチバックは日本ではすっかり影が薄くなりましたが、果たして市場はあるのでしょうか?
「たとえばターセル、コルサ、カローラIIに乗っている年輩のご婦人。ヴィッツじゃ小さいし、bB、ファンカーゴというわけにもいかない。このセグメントで、手堅いクルマがなくなっていたから、待っていたヒトも多いと思います。ランクス、アレックス合わせて月4000台と控え目な販売目標ですが、意外に売れるのでは。それから、外国車のコンパクトモデルにお乗りの方にも来て欲しい」
--ランクスは、ゴルフやA3より、だいぶお安いですから
「とはいっても、プアマンズA3になっても困るんでね……」
なっていると思います。

(webCGアオキ/写真=望月浩彦)

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
ホームへ戻る