【スペック】全長×全幅×全高=4550×1720×1460mm/ホイールベース=2780mm/車重=1580kg/駆動方式=FF/3リッター直6DOHC24バルブ(220ps/5600rpm、30.0kgm/3600rpm)/車両本体価格=377.0万円(テスト車=429.8万円)

トヨタ・ブレビスAi300(5AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ブレビスAi300(5AT) 2001.07.06 試乗記 ……429.8万円総合評価……★★★

クラウンの次

全国のトヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)で販売される「ブレビス」は、プログレと基本骨格を共にする直列6気筒エンジン搭載のFRサルーン。トヨタ店扱いのサルーンは(一部の地域を除き)、「クラウンの下はカリーナ」とその間隙が大きかった。それを補うニューモデルが、このクルマというわけだ。開発陣はブレビスに、「プログレよりやや若々しいテイスト付けを狙った」という。
ボディは、プログレより50mm長く、20mm幅広い。プログレと同じ2780mmのホイールベースは、実は30cm近くも全長の長い「クラウン ロイヤルシリーズ」と同寸なのだ。すなわち、オーバーハングを切り詰めた理詰めのパッケージングが、まずはニューモデルの特徴ということになる。
エンジンは、2.5リッターと3リッターの直列6気筒をラインナップし、いずれも好燃費を売り物とする直噴「D-4」ユニット……と、これまたクラウンロイヤルのスペックとオーバーラップする。すなわち、「クラウンでは大き過ぎるし、見た目も保守的過ぎる」というユーザーの声を受け入れたのが、ブレビスというわけだ。さすがは、綿密なマーケティングが得意なトヨタである。
プレス資料のモノクロ写真で見るとそれなりにコンサバに映ったブレビスだが、実物を目の前にすると、エクステリアデザインは想像よりはるかに華やかだった。その秘密は、グリルやヘッドランプ、ドアハンドルやサイドウインドウまわりなど、ボディ各部に散りばめられた各種の“光モノ”にあるようで、特にダークなボディカラーを選択した場合、それらが強調され、より派手な印象を与える。インテリアも“地味派手”。「クリスタル照明」で照らされ、グラデーションのかかった時計やスピードメーターが目を引く。パイピングが施されたシートも、(トヨタとしては)ずいぶん思い切ったもの。
……というわけで、「ポスト“クラウン世代”のフォーマルサルーン」。ぼくには、ブレビスの狙いがそのあたりにあるように思える。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ブレビスは、2001年6月4日に発表されたオーソドクスな4ドアセダン。マークII、プログレと同じプラットフォームを用いる。基本的に「トヨタ店」用モデルだ。ブレビスの名は、英語の「brave(勇敢な)」に由来する。車体寸法を5ナンバー枠に収めたプログレに対し、こちらは全幅1720mmの3ナンバーサイズ。3リッター、2.5リッター、2種類のストレート6をラインナップし、FRのほか、2.5リッター搭載車には4WDモデル「i-Four」が用意される(2001年10月発売予定)。トランスミッションは、FR車が5段AT、四駆が4段ATとなる。
(グレード概要)
ブレビスのグレード構成はシンプルで、「Ai300」「Ai250」「Ai250 Four」の3種類。価格は、377.0万円、337.0万円、367.0万円。Ai300とAi250の装備面での違いは、3リッターモデルには、ペダル位置まで調整できる「パーソナルドライビングポジションシステム」、サイドエアバッグ(前席)、カーテンエアバッグ(前後席)、クルーズコントロールなどが標準装備となるが、2.5リッター車ではオプションとなること。オーディオ類も同じCD/MD一体型ラジオながら、3リッターモデルはCD6連奏である。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
「ポスト・クラウン」の役割を担うからには、装備品が充実しているのは当然。マルチビジョン(ナビ機能はオプション)や全ドア・ワンタッチ式パワーウインドウ、左右独立調整式エアコン、ディスチャージ式ヘッドライトなど、いたれりつくせりの標準装備。計器類は「クリスタル調オプティトロンメーター」で、グラスグリーンの淡い色調が(トヨタの考える)高級感を醸し出す。
(前席)……★★★
シート地は「静電防止&デオドラント機能付き」というファブリックが標準。ただし、テスト車はオプションのヒーター付き本革シートだった。「Ai300」のドライバーズシートは、8ウェイの調整機能付き。電動チルト&テレスコ式のステアリングホイールに加え、ペダルも電動で位置調節が可能! ただしあまりに調整機能が多過ぎ、一体どこがベストポジションか分からなくなる……!?
(後席)……★★★
3人分の調節可能式ヘッドレストに、同じく3人分の3点式シートベルトが用意される。とはいえ、FR車ゆえセンタートンネルの張り出しは大きく、事実上は「2人のための空間」。テスト車に装着されていた電動リアサンシェードは、(なぜか)本革シートとセットで26.6万円のメーカー・オプション。
(荷室)……★★★
形状的にはサイドウォールの凹凸が激しいものの、燃料タンクがリアシート下配置であることもあって、容量は440リッター(VDA法)と、まず満足レベルのトランクルーム。リッドを支えるアームが、荷物を押し潰す可能性のないリンク式なのが嬉しいポイントだ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
「D-4ユニット+5段AT」は、2001年4月にマイナーチェンジを行なった兄弟車「プログレ」と同じドライブトレイン。滑らかで息の長い加速感は、さすがは直6エンジンと多段ATのなせるワザ。ただしスチールブロックの「JZ系」エンジンはそろそろ世代交代を行なってもおかしくない時期。世界的にV6が幅をきかせるなか、トヨタは次世代ストレート6を手がけるのだろうか……?
(乗り心地+ハンドリング)……★★
日常域では質感の高さを味わわせてくれるものの、速度が増すにつれ、舵の正確性が低下していく印象。テストコースでは、100km/hを大きく超えるゾーンで、狙ったラインをなぞろうとするトレース性の落ち込みが大きかった。良くも悪くも、「日本国内専売車」を感じさせるフットワークテイストの持ち主だ。

(写真=高橋信宏)

【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日:2001年6月19日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:1803km
タイヤ:(前)205/55R16 89V/(後)同じ(いずれもヨコハマ Advan A-460)
オプション装備:DVD/MD一体型ラジオ+音声ガイド付きカラーバックモニター+DVDナビゲーションシステム+NAVI.AI-SHIFT(26.2万円)/本革シート+電動リアサンシェード(26.6万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:284.8km
使用燃料:32.1リッター
参考燃費:8.9km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る