【スペック】25(5AT):全長×全幅×全高=4705×1760×1450mm/ホイールベース=2780mm/車重=1460kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブ(200ps/6000rpm、25.5kgm/3800rpm)/車両本体価格=279.0万円

トヨタ・ヴェロッサ(4AT/5AT/5MT)【試乗記】

『つらいキャラクター』 2001.07.12 試乗記 トヨタ・ヴェロッサ……240.0から337.0万円プラットフォームを徹底活用するトヨタから、2001年7月6日、またまたマークIIベースのニューモデル登場。“地味め保守派”の「クレスタ」から一新、名前も、イタリア語の「Vero(真実)」と「Rosso(赤)」と合わせた「ヴェロッサ」に変更、エモーショナルセダンを謳う。自動車ジャーナリスト、河村康彦のファーストインプレッション。

若々しくハーダー

「ヴェロッサ」は、“ドライビングプレジャーに溢れる高級車”を目指したという。とはいえ、直列6気筒エンジン+FRレイアウトの3ボックスサルーン……と、この時点で「実はマークIIとDNAを共有する一台」という、その“出典”を見破ったヒトも多いだろう。2リッターと2.5リッター、2.5リッターターボのエンジンラインナップ、4輪ダブルウィッシュボーンの足まわり、そして2780mmのホイールベースと、基本骨格に違いはない。では、マークIIとの違いはドコにあるのか?

エクステリアはかなりアグレッシブだ。スタイリングのテーマは「クラウティングフォルム」。インテリアも、マークIIよりは若づくり。シートレイアウトなどは基本的に同じだが、派手な滑り止め模様付きのペダル類や金属調リングを採用した空調吹き出し口など、ディテイルに若々しさが演出される。

動力性能は、絶対的にもフィーリング的にも、マークIIのそれから変わってはいない。けれども、スプリングやダンパーを「マークIIよりもややかためにセットアップすることで」、フットワークはよりスパイシーなテイストを目指している。絶対的にハードではないがマークIIよりは“ハーダー”……それが、ヴェロッサの狙った味付けだ。

メインはNA2.5リッター

「ちょっと若々しく、すこしスポーティに」。そうしたトヨタ開発陣の意図は、走り出した瞬間から感じ取れる。2リッターエンジン(160ps、20.4kgm)を搭載し、最もソフトな脚が与えられた「20」グレードでさえ、サスペンションはマークIIよりハッキリと硬い。
パーキングスピードではパワーステも重めで、予想以上に“硬派”なテイストだ。もちろん、乗り心地が硬めとなることは、あらかじめ納得しておく必要がある。実際に走らせると、静粛性は高く、全般的な快適性は良好だが、高速走行時のフラット感はもうすこし欲しい。

「20」同様の16インチシューズを履いた2.5リッターNAユニット(200ps、25.5kgm)搭載の「25」は、排気量アップと、2リッターモデルより1段多い5段ATを搭載分、加速力の余裕が増す。とはいえ、それ以外の乗り味は「20」同様。2.5リッターストレート6は、「D-4」つまり直噴エンジンとなるが、アクセルレスポンスに不自然さはない。クルージングでは2リッターモデルを凌ぐ好燃費が期待される。これが、シリーズの主力エンジンという位置付けだ。

2.5リッターターボ(280ps、38.5kgm)を搭載した「VR25」の走りのポテンシャルは別格だ。圧倒的な加速力、コーナリング限界の高さなどからして、これはもう“スーパー・スポーツサルーン”と言える。
ただし1速で80km/h、2速では150km/h(!)までスピードが伸びるとなると、その速さは、もはや日本では過剰な感も強い。ヴェロッサは国内専用車種だから、「この性能を世界に問う」という言い訳(?)ができないところが、キャラクター的にはちょっと辛い……。

(文=河村康彦/2001年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る