マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売

2012.06.29 自動車ニュース

マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売

マツダは、コンパクトカー「ベリーサ」の一部仕様を変更し、2012年6月28日に発売した。

今回、ボディーカラーに新色「ドルフィングレーマイカ」を追加設定。インテリアでは、前席と後席左右のヘッドレストの形状を変更するとともに大型化し、後席中央部にヘッドレストと3点式シートベルトを装備した。

また「C」グレードのインテリアカラーも設定を一部変更。シート座面色を従来のライラックグレーに代えてテーラードブラックとし、それに合わせてメーターフードやグローブボックスリッドの色もブラック基調とした。

価格は、「C」(FF車)の155万円から「L」(4WD車)の186万4000円まで。

(webCG)

「マツダ ベリーサ」
「マツダ ベリーサ」
「C」のテーラードブラック内装
「C」のテーラードブラック内装
「C」のテーラードブラック内装
「C」のテーラードブラック内装
「L」のレザー内装
「L」のレザー内装
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ベリーサに、本物感表現した特別仕様車 2015.4.23 自動車ニュース 専用の本革シートが特徴の、特別な「マツダ・ベリーサ」が発売された。
  • マツダ・ベリーサ(4AT)【試乗記】 2004.7.22 試乗記 マツダ・ベリーサ(4AT)
    ……222万750円

    「車格という従来の概念を打ち破る新しいクルマ」としてリリースされた「マツダ・ベリーサ」。上質なコンパクトを標榜するそれは、どうなのか? 自動車ジャーナリストの笹目二朗が、第一印象を報告する。


  • 「マツダ・ベリーサ」、上質を狙う特別仕様車 2005.12.26 自動車ニュース マツダは、「デミオ」の上級バージョンたる「ベリーサ」に、おしゃれ感と上質感をアップさせたという特別仕様車「Brown Collection(ブラウン・コレクション)」を設定、2005年12月21日に発売した。
  • 第54回:光り輝く激安BMW 2017.8.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第54回は「光り輝く激安BMW」。次なる“牛丼車”として「BMW 320d」を選んだ筆者。だが、唯一気がかりなことが……。中古車買うならココを見ろ! 46台クルマを買ってきたカーマニアの勘がさえる。
  • 100台限定、「フィアット500Xラウンジ」発売 2017.8.10 自動車ニュース 「フィアット500X」に100台限定の特別仕様車「ラウンジ」が登場。FFモデルの「ポップスター/ポップスタープラス」に準じたボディーに、1.4リッターターボエンジンをはじめとした、4WDモデル「クロスプラス」のパワープラントが搭載されている。
ホームへ戻る