マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売

2012.06.29 自動車ニュース

マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売

マツダは、コンパクトカー「ベリーサ」の一部仕様を変更し、2012年6月28日に発売した。

今回、ボディーカラーに新色「ドルフィングレーマイカ」を追加設定。インテリアでは、前席と後席左右のヘッドレストの形状を変更するとともに大型化し、後席中央部にヘッドレストと3点式シートベルトを装備した。

また「C」グレードのインテリアカラーも設定を一部変更。シート座面色を従来のライラックグレーに代えてテーラードブラックとし、それに合わせてメーターフードやグローブボックスリッドの色もブラック基調とした。

価格は、「C」(FF車)の155万円から「L」(4WD車)の186万4000円まで。

(webCG)

「マツダ ベリーサ」
マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売
「C」のテーラードブラック内装
マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売
「C」のテーラードブラック内装
マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売
「L」のレザー内装
マツダ、「ベリーサ」を一部改良し発売

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ベリーサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る