【スペック】全長×全幅×全高=4600×1695×1470mm/ホイールベース=2700mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/車両本体価格=196.0万円(テスト車=234.4万円)

トヨタ・プレミオ1.8X EXパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・プレミオ1.8X EXパッケージ(4AT) 2002.05.16 試乗記 ……234.4万円総合評価……★★★

無印良品的

歴史と伝統ある「コロナ」の名をついに捨て、サブネームから独立した名前に昇格した「プレミオ」。日本市場のみをターゲットとしたセダンということで、ボディサイズも5ナンバー枠に納められた。4.6mの全長は従来の“コロナプレミオ”と同寸。ただし時代を反映して(?)全高は一挙に60mmもアップした。
カタログスペック上でもう一箇所目だつのが、2700mmと従来より120mmも延長されたホイールベース。実はコロナプレミオのホイールベースは、現行カローラよりも短かったのだ。今回のパッケージング見直しにより、ようやく「カローラの兄貴分」としてふさわしいシャシーを得た。双子モデルであるアリオンとは、エンジンフード、トランクリッド、フロントフェンダー、リアドア……と多くのアウターパネルを別デザインとしている。とはいえ、パッと見の印象で、両者はさほど異なっているとは思えない。「異なる販売チャンネルでセールスを行うために必要な方策」とトヨタでは言うが、こうした戦略はこれからも本当に不可欠なのだろうか?


【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
プレミオ/アリオンは、2001年12月25日から販売が開始されたトヨタのミディアムセダン。プレミオはコロナ、アリオンはカリーナの後継モデルとなる。ターゲットがやや若いアリオンは、ドアハンドルやグリルはボディ同色。対するプレミオは、メッキ調の“光りモノ”を使用する。5ナンバー枠内のサイズながら、長いホイールベースによる広いキャビンと豊富なシートアレンジを実現。特にリアシートは、荷室との隔壁をなくすことで、背もたれを大きく後にリクライニングできるようになった。エンジンは、いずれも1.5、1.8、2リッターの3種類。FFのほか、1.8リッターモデルには4WDも用意される。
(グレード概要)
プレミオは排気量によって小さい順に「F」「X」「G」と分けられ、1.8X“EXパッケージ”は、1.8リッターの最上級モデル。EXパッケージは、2リッターと1.8リッターモデルに用意される“豪華版”。アルミホイールが標準となり、トリム、シート地が、ファブリックながらより滑らかなエクセーヌ調となる。空気清浄器たる「エアピュリファイヤー」が天井にビルトインされるのも、EXパッケージならではだ。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
外観部分ではオリジナリティ演出のため、多くの個所で異なるデザインを採用するプレミオとアリオンだが、インテリアは基本的に共通。ダッシュボードまわりの質感は不満のないレベル。全グレードにわたって木目調パネルを随所に用いるほか、グローブBOX内部にまで植毛を施すなど、お父さんの高級感をくすぐる作戦が巧みだ。
(前席)……★★
従来のコロナプレミオと全長/全幅を一にする新型プレミオだが、全高だけは60mmアップ。合わせてヒップポイントを45mm高めたことで着座姿勢はグンとアップライトに変わった。要するに「大きな現行カローラ」的パッケージングを採り入れた。Aピラーの死角が少なくワイパーも視野に入らないので視界は良好。「周囲がよく見えない」ミニバンから乗り換えると、セダンの良さを再認識させられる。
(後席)……★★★★
ワゴン顔負けの多彩なシートアレンジがプレミオ/アリオンの大きな売り物。けれども、ユーティリティ性が高いだけが特徴というわけではない。基本的な後席居住性が極めて高いのも、このクルマの大きなウリ。なかでも見逃せないのが、ロングホイールベース化によって実現された、ゆとりのレッグスペース。最大20度までリクライニング可能なシートバックも、このクラスのセダンの常識を超えた装備と言える。
(荷室)……★★★★
外板プレスの成型形状がアリオンとは微妙に異なるトランク部分だが、機能はもちろん同一。VDA法で462リッターという容量も同じ。リアシートはクッション、シートバック共に、全グレード6:4での分割機構が与えられ、ステーションワゴンに迫るユーティリティの高さがジマン。ちょっと残念なのは三角状に張り出したホイール/サスペンションハウス。どうせデッドスペースになるなら、四角く成型した方がより扱いやすかったかも。


【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
シリーズの中堅どころである1.8リッター車に搭載される1ZZ-FE型エンジンは、現行セリカと共にデビューした新世代の直4ユニット。軽量/コンパクトが特徴のこの心臓、今回さらにブラッシュアップ。1.5リッターと共にいわゆる“超”低排出ガスの基準をパスした(平成12年基準排出ガス75%低減レベル)。量販モデルでの実現だけに高い評価に値する。一方、トランスミッションはごく一般的な4段ATに“据え置き”。このクラスに5段ATを求めるのは贅沢に過ぎるのだろうか?
(乗り心地+ハンドリング)……★★
プレミオのフットワークテイストも、アリオン同様極めて“無印良品”的な印象だ。ことさらにケチを付けたくなる部分がないかわりに、これといって感動するような部分も見当たらない。ただし、路面によっては予想していたよりも上下Gを強めに感じた。燃費を意識する高めのタイヤ空気圧が、影響を及ぼしているのかもしれない。ボコボコとした低周波ノイズがセダンとしてはやや強めなのは、このクルマがワゴン風の多彩なシートアレンジを売り物としていることに影響がありそう。リアシートとトランク間の開口部が、大きな“共鳴箱”を形成するためと想像できる。

(写真=トヨタ自動車広報写真)

【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日:2002年1月10日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:--km
タイヤ:(前)195/65/R15 91S(後)同じ
オプション装備:2灯式マルチリフレクターディスチャージヘッドランプ(4.5万円)/DVDボイスナビ付きワイドマルチAVステーション&バックガイドモニター&TVアンテナ(29.9万円)/音声案内クリアランスソナー(4.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(6):高速道路(2):山岳路(2)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター



トヨタ・プレミオ1.8X EXパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・プレミオ1.8X EXパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートアレンジが見られます。(写真は‘L’パッケージ)

写真をクリックするとシートアレンジが見られます。(写真は‘L’パッケージ)


トヨタ・プレミオ1.8X EXパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】の画像
エアロスポーツバージョン(ディーラーオプション)

エアロスポーツバージョン(ディーラーオプション)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る