【スペック】1.3F Lエディション:全長×全幅×全高=3855×1695×1530mm/ホイールベース=2370mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(87ps/6000rpm、12.3kgm/4400rpm)/車両本体価格=130.0万円(テスト車=151.3万円/DVDナビゲーションシステム+CD/MD/TV一体ラジオ)

トヨタ・イスト 1.3F Lエディション/1.5S Lエディション(4AT/4AT)【試乗記】

遅れてきたキューブ 2002.05.17 試乗記 トヨタ・イスト 1.3F Lエディション/1.5S Lエディション(4AT/4AT)……151.3/174.3万円「SUVテイストとモノフォルムを融合させた新感覚のスタイリッシュ2BOX」と謳われるトヨタのニューモデル「イスト」。“……をするヒト”の接尾辞“ist”を名前にしたコンパクトモデルやいかに?
1.3リッターモデルのダークグレー内装。

1.5リッターモデルのライトグレー内装。

ランクスとヴィッツの間

「ヴィッツにお乗りになるのは20代前半の方が多いので、イストでは20代後半から30代前半のユーザーをターゲットとしています」と、トヨタの製品企画担当員の人が説明してくれる。「荷物が積みたければファンカーゴ、それにbBもありますが、もうすこし別のスタイルがいい、という消費者もいらっしゃいますので……」。
どこかで聞いたフレーズだなァと考えていて、思い出した。神奈川県は逗子マリーナで開催されたカローラ・ランクス/アレックスのプレス向け試乗会で、開発担当者が主張していたことと同じだ。
「……ランクスは少々大きいので」と製品企画担当員。ヴィッツとランクスの間! トヨタは、わずかな隙間(ニッチ)も逃さないということだ。
「ヴィッツの売れ筋グレードは何リッターですか?」とリポーター。
「1リッターです」。
つまり、イストはヴィッツと同じ車台を使いながら、より利幅の大きい1.3、1.5リッター車としてお買いいただくわけですな、とは、もちろん口にしなかった。

2002年5月15日、山梨県は河口湖付近で開かれたイストの試乗会に参加している。イストは、同年5月18日に発表された5ドアハッチ。ヴィッツのプラットフォームを用い、全長×全幅×全高=3855×1695×1530mmと、20cmほど長く、3.5cm太く、3.0cm高い上屋を載せる。エンジンは、1.3と1.5リッターの2種類。トランスミッションは4段ATのみで、FF(前輪駆動)のほか、1.5リッター車には4WDも用意される。

【スペック】
1.5S Lエディション:全長×全幅×全高=3855×1695×1530mm/ホイールベース=2370mm/車重=1030kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.4kgm/4200rpm)/車両本体価格=147.0万円(テスト車=174.3万円/DVDナビゲーションシステム+CD/MD/TV一体ラジオ+アルミホイール)

1.5リッターモデルのエンジン。

内外装の感想

イストは、いかにもトヨタ車らしい、そつないデザインを採る。サイドシルや前後バンパー下端の黒いガーニッシュで「SUVテイストのアクティブ感」(広報資料)を出すとともに、背を高く見せる。一方、実際の車高は、じゅうぶんタワーパーキングに収まる数値に抑えられた。
スペースユーティリティは高いけれど退屈になりがちな四角いキャビンをもつボディを、ヴィッツ以上に寝かしたAピラーでノーズ部分と一体化し、全体の塊感を出す。四隅のタイヤを強調した円状に膨らんだフェンダーはアクセントとなり、最近の自動車デザインのトレンドのひとつでもある。リアにまわり込んだサイドクオーターウィンドウも、オ・シ・ャ・レ。あと足りないのは、天才のヒラメキか。

ヴィッツの、あふれんばかりの有機デザインとは対照的に、イストの内装はシンプルだ。黒とシルバーを基調にクールに決める。センタークラスターの、半透明のフタを通して中の照明が見えるCD入れ、「イルミネーテッド・マルチボックス」はご愛嬌。
ただ、ヴィッツをドライブした経験があると、どうもインテリアが、前提となる骨組みにニューデザインのインストゥルメントパネルを無理に被せたような、つまりハリボテに感じられて困る。いや、別に困りはしないが、その原因を分析するに、ベースモデルと同じ位置に、同じステアリングホイール、エアコン吹き出し口、そしてセンターメーターがあるのがイカンと思う。イカンのは、イストではなくて、勝手にベースとなった内部構造を感じるリポーターなのだが。



イストでは、ボディ側面のベルトラインに補強材を追加するなど、衝突安全ボディ「GOA」の強化が図られた。セルシオとの50km/hでの前面、側面、後面からの衝突試験が実施された。また、ボンネット、フェンダーなどの衝撃吸収性を高め、対人事故の際の、歩行者へのダメージを軽減する工夫が施された。

イマ風のスパイス

1.5リッター(109ps、14.4kgm)モデルのドライブフィールは、乱暴な言い方をすると、ちょっとヨーロッパ車っぽい。ステアリングは(予想より)重く、足は硬め。路面が悪いと、けっこう突き上げる。

エンジニアの人にうかがうと、「ヴィッツよりヤリス(ヴィッツの欧州名)に近い」という。具体的には、前後にアンチロールバーがつく。ダンパー、スプリングのセッティングは、ひとクラス上のbBに準じる。なぜなら、デザイン上の要求からタイヤサイズが「185/65R15」と大きめだから。
「14インチと比較すると、半径で19mm大きくなるんですよ」とエンジニア氏は顔を曇らせる。「それだけ重心高も高くなるわけで……」、転倒の危険性を減らすため、ややハードなサスペンションとなった。「本当は、175(の太さ)でもいいと思うんですけどね」とおっしゃったのは、コーナリングスピードが上がりすぎて、過大な横Gがかかるのがイヤだから。「せめて、アルミホイールのリムを狭く」設定したそうだ。イストのオーナーは、あまり太いタイヤを履かないように。

1.5リッターモデルとは20kgしかウェイトが違わないが、それでも1.3S(87ps、12.3kgm)は相対的に軽やかだ。どちらの直4エンジンも連続可変バルブタイミング機構「VVT-i」を備え、スムーズで実用的で無個性だが、それでもストロークの短い1.3リッターを積んだ13Fの方が、ステアリングホイールを握っていて楽しい。

イストは、思いがけぬ大ヒットとなった日産キューブやヒットしたマツダ・デミオやヒットしなかったホンダ・キャパなどをブラッシュアップして、コンセプトとスタイルにイマ風のスパイスをまぶしたクルマだ。bB以来磨きをかけた、ニューモデルの開発期間短縮と(おそらく)低い採算分岐点を武器に、ホンダ・フィットや日産マーチを迎えうつヴィッツを加勢するドメスティックカー。それ以上でも以下でもない。

(文=webCGアオキ/写真=郡大二郎/2002年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る