【スペック】全長×全幅×全高=3855×1695×1530mm/ホイールベース=2370mm/車重=1000kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(87ps/6000rpm、12.3kgm/4400rpm)/車両本体価格=125.0万円(テスト車=同じ)

トヨタ・イスト 1.3F【ブリーフテスト】

トヨタ・イスト 1.3F 2002.06.13 試乗記 ……125.0万円総合評価……★★★★

男向きコンパクトカー

ヴィッツのプラットフォームとメカニカルコンポーネンツを活用し、独自のボディを被せた新型5ドア車。ヴィッツからは同工異曲のクルマが何台も派生しているが、大人の男が気恥ずかしい想いをせずに乗れるのはヴィッツとこのイストぐらいだろう。それだけでもポイントは高い。コンパクトカーや軽自動車には、妙にファンシーで女性や若者に媚びたような造形が内外に施されたものが多いからだ(イストにも多少その気があるが)。
1.5リッターエンジンを搭載した2輪駆動版と4輪駆動版のイストにも乗ったが、この1.3リッター2輪駆動の「1.3F」が一番好ましかった。1.5リッターの2輪駆動版はサスペンションのダンピングが強過ぎて路面からの入力をボディに伝え、4輪駆動版は1.3Fより100kg、2輪駆動版より80kgとそれぞれ重く、軽快感を削いでいたからだ。だから、ベストバイは1.3Fだ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
“……する人”を表わす「ist」を車名にしたイストは、2002年5月8日に発表された。「若者のモビリティライフに応える最上のコンパクト車」をコンセプトに開発された5ドアハッチ。「for your 1st」がキャッチコピー。1stとistを視覚的にかけたのがオシャレだ(そうだ)。ヴィッツのプラットフォームに、「スタイリッシュな新感覚エクステリア」(プレスリリース)を載せた。1.3、1.5リッター直4に、いずれも4段ATを組み合わせる。FF(前輪駆動)を基本に、1.5リッターには4WDも用意される。
(グレード概要)
イストのFFモデルは、基本的に「1.3F」と「1.5S」で構成される。1.3Fには、プライバシーガラスやルーフスポイラーなどが省かれる最廉価グレード“Eエディション”が用意されるのに加え、1.3Fと1.5Sの双方に、ちょっと豪華な「Lエディション」が設定される。ドアミラーが格納式か否か、エアコンがオートかマニュアルか、助手席シートアンダートレイ、運転席&助手席シートバックポケットが付くか付かないか、といったことが両者の差異だ。オーディオでは、CD/MD一体型ラジオが、Lエディションは6スピーカーだが、ベーシックは4スピーカーとなる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
ヴィッツシリーズお得意のセンターメーターと、アルミ風の樹脂をアクセントに使ったインテリア造形は手慣れたもの。新鮮味はない。でも、それで見にくく、使いにくいということもないから不満もない。
(前席)……★★★★
シートはサイドサポート部分がスポーツシートのように盛り上がっていて、ホールド具合もなかなかよい。Aピラーの傾斜具合よりも、車内から見える太さが最初は気になる。収納スペースが13ヵ所もあるのは開発者の執念か。まとめてくれると、もっと助かるけど。
(後席)……★★★
空間自体は狭いものではないが、乗り口が狭い。リアフェンダーに押されたドア下縁を見て下さい。シートにも、あからさまなコストダウンの痕は、短い試乗時間中にうかがい知ることはできなかった。
(荷室)……★★
底が浅い。「2ウェイアンダーデッキ」なるフタ付き引き出しが底に収まっているからだが、個人的にはいらないと思った。エンジニアの説明とカタログの記述では、収納物を直接目にふれさせない、オシャレのためとのことだった。デッキはリアシート背面を前方に倒した時に床をフルフラットにすることにも寄与しているとあったが……。それって本末転倒ではないか。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
1.3リッター4気筒エンジンに4段ATの組み合わせは、実用的な使い方に何の不満もなかった。パワー、トルク、ドライバビリティなどは十分。変速ぶりもスムーズで過不足はない。トヨタのエンジニアにしてみれば、そんなことは当たり前で、「排ガスのクリーンさと実用燃費の良さを知ってほしい」といいたいのではないか。試乗では確認する時間もなかったが、これはそういうエンジンだろう。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
エンジンとトランスミッション同様に、コンパクトカーとしての実用性を満たしている。特にこれといった特徴はないが、街乗りで普通に走っているかぎり、1.3Fの素直なロール特性に好感を抱くことができた。

(写真=郡大二郎)

【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2002年5月17日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:--km
タイヤ:(前)185/65/R15 88S(後)同じ(いずれもMichelin GreenX MXE)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(7):山岳路(3)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る