「フィアット500ツインエア」初の5MT車が登場

2012.06.28 自動車ニュース
「フィアット500ツインエア スポーツ」(5段AT搭載車。ボディーカラーはフットルースブルー)
「500ツインエア」初の5MT車hatubai

「フィアット500ツインエア」初の5MT車が登場

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、2気筒エンジンを搭載した「フィアット500ツインエア」の特別限定車「500ツインエア スポーツ」および「500ツインエア スポーツプラス」を2012年7月4日に発売する。車両価格は230万円と235万円。「スポーツプラス」は、国内向け500ツインエア初のマニュアルトランスミッション搭載車となる。

「フィアット500ツインエア スポーツプラス」(5段MT搭載車。ボディーカラーはトロピカリアイエロー)
「500ツインエア」初の5MT車が登場

■合計650台の限定車

今回の特別仕様車のテーマは「スポーティーなスタイリングと走りの追求」。リアルーフスポイラー、マットブラックのアルミホイール、専用デザインのスポーツシートなどが装着され、「これまでにない、硬質で新鮮な500を表現した」(フィアット ジャパン)という。

トランスミッションは、「500ツインエア スポーツ」が5段ATのデュアロジック。それに対して「500ツインエア スポーツプラス」には、国内向け500ツインエアとしては初のマニュアルトランスミッション(5段MT)が搭載される。

また、スポーツプラスの方には、「アバルト500」シリーズと同じ195/45R16サイズのタイヤ、フロントフォグランプ、専用メーターパネル、リアプライバシーガラスが与えられるほか、ルーフにピアノブラック塗装が施されるなど、より一層スポーティーな装いとなる。

両モデルともボディーカラーは、標準色の「ボサノバホワイト」のほか、「トロピカリアイエロー」「フットルースブルー」「テックハウスグレー」「クロスオーバーブラック」の全5色が用意される(ボサノバホワイト以外はオプション扱いとなり5万円高)。

現行フィアット500の本国発表日(2007年7月4日)から5周年に当たる2012年7月4日に発売され、車両価格は500ツインエア スポーツが230万円で、500ツインエア スポーツプラスが235万円。それぞれ400台と250台の限定販売となる。

(webCG 竹下)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る