「フィアット500ツインエア」初の5MT車が登場

2012.06.28 自動車ニュース
「フィアット500ツインエア スポーツ」(5段AT搭載車。ボディーカラーはフットルースブルー)
「500ツインエア」初の5MT車hatubai

「フィアット500ツインエア」初の5MT車が登場

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、2気筒エンジンを搭載した「フィアット500ツインエア」の特別限定車「500ツインエア スポーツ」および「500ツインエア スポーツプラス」を2012年7月4日に発売する。車両価格は230万円と235万円。「スポーツプラス」は、国内向け500ツインエア初のマニュアルトランスミッション搭載車となる。

「フィアット500ツインエア スポーツプラス」(5段MT搭載車。ボディーカラーはトロピカリアイエロー)
「500ツインエア」初の5MT車が登場

■合計650台の限定車

今回の特別仕様車のテーマは「スポーティーなスタイリングと走りの追求」。リアルーフスポイラー、マットブラックのアルミホイール、専用デザインのスポーツシートなどが装着され、「これまでにない、硬質で新鮮な500を表現した」(フィアット ジャパン)という。

トランスミッションは、「500ツインエア スポーツ」が5段ATのデュアロジック。それに対して「500ツインエア スポーツプラス」には、国内向け500ツインエアとしては初のマニュアルトランスミッション(5段MT)が搭載される。

また、スポーツプラスの方には、「アバルト500」シリーズと同じ195/45R16サイズのタイヤ、フロントフォグランプ、専用メーターパネル、リアプライバシーガラスが与えられるほか、ルーフにピアノブラック塗装が施されるなど、より一層スポーティーな装いとなる。

両モデルともボディーカラーは、標準色の「ボサノバホワイト」のほか、「トロピカリアイエロー」「フットルースブルー」「テックハウスグレー」「クロスオーバーブラック」の全5色が用意される(ボサノバホワイト以外はオプション扱いとなり5万円高)。

現行フィアット500の本国発表日(2007年7月4日)から5周年に当たる2012年7月4日に発売され、車両価格は500ツインエア スポーツが230万円で、500ツインエア スポーツプラスが235万円。それぞれ400台と250台の限定販売となる。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
ホームへ戻る