「フィアット500ツインエア」初の5MT車が登場

2012.06.28 自動車ニュース
「フィアット500ツインエア スポーツ」(5段AT搭載車。ボディーカラーはフットルースブルー)
「500ツインエア」初の5MT車hatubai

「フィアット500ツインエア」初の5MT車が登場

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、2気筒エンジンを搭載した「フィアット500ツインエア」の特別限定車「500ツインエア スポーツ」および「500ツインエア スポーツプラス」を2012年7月4日に発売する。車両価格は230万円と235万円。「スポーツプラス」は、国内向け500ツインエア初のマニュアルトランスミッション搭載車となる。

「フィアット500ツインエア スポーツプラス」(5段MT搭載車。ボディーカラーはトロピカリアイエロー)
「500ツインエア」初の5MT車が登場

■合計650台の限定車

今回の特別仕様車のテーマは「スポーティーなスタイリングと走りの追求」。リアルーフスポイラー、マットブラックのアルミホイール、専用デザインのスポーツシートなどが装着され、「これまでにない、硬質で新鮮な500を表現した」(フィアット ジャパン)という。

トランスミッションは、「500ツインエア スポーツ」が5段ATのデュアロジック。それに対して「500ツインエア スポーツプラス」には、国内向け500ツインエアとしては初のマニュアルトランスミッション(5段MT)が搭載される。

また、スポーツプラスの方には、「アバルト500」シリーズと同じ195/45R16サイズのタイヤ、フロントフォグランプ、専用メーターパネル、リアプライバシーガラスが与えられるほか、ルーフにピアノブラック塗装が施されるなど、より一層スポーティーな装いとなる。

両モデルともボディーカラーは、標準色の「ボサノバホワイト」のほか、「トロピカリアイエロー」「フットルースブルー」「テックハウスグレー」「クロスオーバーブラック」の全5色が用意される(ボサノバホワイト以外はオプション扱いとなり5万円高)。

現行フィアット500の本国発表日(2007年7月4日)から5周年に当たる2012年7月4日に発売され、車両価格は500ツインエア スポーツが230万円で、500ツインエア スポーツプラスが235万円。それぞれ400台と250台の限定販売となる。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
ホームへ戻る