【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1245mm/ホイールベース=2230mm/車重=830kg/駆動方式=FF/0.66リッター直4DOHC16バルブターボインタークーラー付き(64ps/6000rpm、11.2kgm/3200rpm)/車両本体価格=149.8万円

ダイハツ・コペン アクティブトップ(4AT)【試乗記】

市販化しただけでスゴイ 2002.06.27 試乗記 ダイハツ・コペン アクティブトップ(4AT)……149.8万円「スポーツを語らずして、なにが2シーターオープンや!」というワケで誕生したのが、ダイハツが放つ軽の2座スポーツ「コペン」。千葉県で開かれたプレス向け試乗会で、webCG記者が乗った。
MT車は、フロントにLSDをオプションで装着可能。4段ATは、レバーの上下でシフトできる「スーパーアクティブシフト」をそなえる。

MT車は、フロントにLSDをオプションで装着可能。4段ATは、レバーの上下でシフトできる「スーパーアクティブシフト」をそなえる。


ダイハツ・コペン アクティブトップ(4AT)【試乗記】の画像

スポーツを語らずして……

「電動格納式ハードトップを持つ、軽の2シーターオープンを市販しようやないか! と思いまして」。千葉県は幕張で開かれた、ダイハツの新型軽自動車「コペン」のプレス向け試乗会場で、商品企画部の菅嘉殻係長が関西弁で熱く語った。「スポーツを語らずして、なにが2シーターオープンや!」
というワケで誕生したのが、軽スポーツたるコペンである。
「その通りや!」と、東京は飯田橋生まれのリポーターも大いに賛同したのだが、でもなぜ平成不況のこのおりに?
その答えは、「ダイハツのイメージアップのため」だそうです。

とはいえ、制約の多い軽自動車のこと、パフォーマンス至上主義の“リアルスポーツカー”をつくるつもりはなかったという。「軽自動車という枠、64psという最高出力で速さを求めても、普通車には勝てない。40〜80km/hくらいを気持ちよく走れて、身近な存在のクルマにしようと思いました」とは、製品企画部主査の平田博保次長。スポーツカーの間口を拡げ、誰でも運転を楽しむことができるオープンカーが、コペンの目指すところだ。

オリジナルは、1999年の「第33回東京モーターショー」に出品されたショーカー「コペン」。理想主義的にダブルウィッシュボーンだった前後サスペンションは、「ミラターボ」と同じ、フロントがマクファーソンストラット、リアはトーションビーム式トレーリングアームに改められたが、FFレイアウトや「“C”ompact “Open”」由来の名前、デザインもほぼショーカーのままだ。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=3395×1475×1245mm。タテヨコは軽自動車サイズながら、最近のハイトワゴンがよく採る1550mmの高さと較べると、全高は30cm以上低い。

ルーフを閉めた状態だと、荷室の容量は210リッター(VDA方式)。ゴルフバッグが1つつめるという。開閉はロックを手動ではずした後、サイドブレーキレバー下にあるスイッチを操作するだけだ。

ルーフを閉めた状態だと、荷室の容量は210リッター(VDA方式)。ゴルフバッグが1つつめるという。開閉はロックを手動ではずした後、サイドブレーキレバー下にあるスイッチを操作するだけだ。
ルーフを開けると荷室に格納されるので、当然のことながらトランクルームの容量は、高さがなくなり狭い。ハンドバッグくらいは入るだろう。

ルーフを開けると荷室に格納されるので、当然のことながらトランクルームの容量は、高さがなくなり狭い。ハンドバッグくらいは入るだろう。

ソアラより早い

コペンのウリは、なにはともあれ電動格納式ハードトップ。トヨタ「ソアラ」やメルセデスベンツ「500SL」は、複数個のモーターを組み合わせて(ソアラは12個)開閉する方式のため、パーツ点数が増えてコストがかかるという。
それに対しコペンは1つのモーターで油圧ポンプを作動させ、その圧力を利用して開閉を行う。「高級車は作動時の静粛性を重視するので、モーターを使います」とエンジニア氏。コペンの149.8万円という価格を考えれば、ウィーンというやや骨太な音もいたしかたないでしょう。ちなみに、閉じた状態から完全に開くまでは約20秒。500SLの4秒落ちだが、ソアラを5秒上回る。リッパだ。

電動オープンの「アクティブトップ」のほかに、着脱可能な樹脂製トップを装着する「ディタッチャブルトップ」仕様もラインナップされる。「開発段階で、これは“走り”もイケルということになりまして。電動トップより30kg車重が軽くなりますから」と菅係長。トップを外せばさらに12kg軽くなり、車重は「アクティブ」の830kgとくらべ、788kgまで軽くなる。スイッチひとつでオープン化という“コンビニエンス”を捨てることにはなるが、42kgのダイエットは、元が軽いだけに効果も大きいだろう。よりスポーティにチューンしたサスペンションなどがセットの「スポーツパック」が標準装備(アクティブトップにはオプション)される。「リアルスポーツ」を目指さないとはいえ、やはり欲が出るのが人のサガ。

「ディタッチャブルトップ」仕様に標準の「スポーツパック」(どちらも、2002年9月から販売開始予定)は、スペシャルチューンドサスペンションと、リアサスの横剛性を高めるパフォーマンスブレースを装着。「Copen−S」というバッヂもつく。



台形を逆さにしたようなモールドや、ランプの形状と配置は、前後対象にデザインされた。

交差点を曲がるだけでタノシイ

屋根に頭をブツけないように、運転席へ座る。シートはファブリックのスポーツシートで、コシのある適度な硬さと、サイドサポートのホールド感がスポーティ。太いAピラーと目の前に迫るフロントスクリーンの切れ目がドライバーを圧迫するのが、いかにも現代のオープンカーだ。
ブラックで統一された標準のインテリアは、ちょっと素っ気ない印象。そう思う御仁のために、赤いレザーシートとトリムの「レザーパック」オプションが設定される。オープン時の見た目も華やかなので、リポーターはお勧めします。

雨だったので、残念ながら屋根を閉めて走りだした。0.66リッター直4DOHC16バルブ・ターボは、64ps/6000rpmと、660ccクラストップを謳う11.2kgm/3200rpmのアウトプットを誇る。低回転からトルキーで、使いやすいエンジンだ。
間口の広いスポーツカーを目指したせいか、乗り心地はフラットでなかなかのもの。ステアリングホイールの動きにクルマが機敏に反応し、レーンチェンジや交差点を曲がるだけでも楽しい。段差などを通過するとボディがふるえるのは、オープンボディのご愛敬というところだろう。

コペンは「ミゼットII」同様、熟練工のみが集う「エキスパートセンター」という名の大阪にある専用工場で、月1000台しか生産されない(できない)スペシャルモデルでもある。思いを込めて丁寧につくったものは、ユーザーに「持つ悦び」を提供すると、ダイハツは主張する。大量生産のリスクを避けつつ、ハンドメイドのプレミアム性を付与したという、ひねくれた見方もできるが、販売台数の見込めなさそうな(失礼!)2座オープンだから、量産化しただけでスゴイと思う。いまのところ、計画より2〜3倍の受注を受け、工場はフル稼働だそうだ。

(文=webCGオオサワ/写真=郡大二郎/2002年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る