【スペック】全長×全幅×全高=4405×1730×1435mm/ホイールベース=2525mm/車重=1340kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向DOHC16バルブ ターボ・インタークーラー付(250ps/6000rpm、34.0kgm/3600rpm)/車両本体価格=238.3万円

スバル・インプレッサWRX NB(5MT)【ブリーフテスト】

スバル・インプレッサWRX NB(5MT) 2000.08.30 試乗記 ……258.3万円総合評価……★★★

ターボの嵐

ギョロ目の「New Age」インプレッサ。WRXと総称されるセダンは、「磨き抜いてきた走りのポテンシャルをさらに高める」ためにトレッド拡大。ブリスターフェンダーが5ナンバー枠を突き破る。
2リッター・ボクサーターボは、アイドリングからしてタダモノではない。ドコドコドコドコ……。腹に響く低音の魅力。
スポッと身体をバケットシートにはめて走り出す。高めの視点が、いかにも当代一流ラリーカーの後継車。
ニューエンジンは、吸気側可変バルブタイミング機構採用で、中低回転域のトルクを太らせた。3500rpmからは、大径化されたターボが本領発揮。インプレッサは滑空開始。
ロウで60km/h、セカンドで100km/h、サードでは……。7000rpmのレブリミットまでひっぱれば、シフトアップのたび、回転計の針は、4500rpm、5000rpmと、過給の嵐のなかに着地する。途切れない加速感。このクルマ、ホントに250ps? 競技車ベースのSTiバージョンは、2000年10月に登場するという。これ以上速くしてどうするの?

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
インプレッサは、2000年8月23日に、8年ぶりのモデルチェンジを受けた。日常性を重視した5ナンバーのワゴン、走りを進化させるため3ナンバーになったセダンと、性格をはっきり分けた。エンジンラインナップは、ワゴンが、1.5リッター、2リッター、同ターボ、セダンは、2リッターNAとターボ。
(グレード概要)
セダンはWRXと呼ばれることに。NBは、250psを発生するターボユニットを搭載。NAモデル(155ps)より車高が5mm低められる。リアにLSDが装備されるのも、ターボモデルの特権。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネまわり+装備)……★★★
タコメーターをセンターに配した3連メーターがスポーティ。ただ、黒基調、ところどころ「銀」使用のインパネまわりは、陰気。ビルトイン式ナビゲーションシステムをオプション装備として装着することができる。
(前席)……★★★★
先代よりヒップポイントを30mmアップした前席。バケットシートに肩を抱かれたら、目を三角にして走るほかあるまい。ラチェット式の座面高さ調整機構をもつ。上下50mmの調整が可能。軽快に動く。
(後席)……★★
前席に較べて、少々お粗末な後席。座面を落とし気味にして頭上空間を稼ぐ。バックレスト一体型のヘッドレストは、高さが低すぎる。ツルツルする「通気性のよい表皮」は好みの分かれるところ。
(荷室)……★★★
床面最大幅135cm、奥行き95cm、高さ50cmと、標準的な荷室。幅×奥行き×高さ=48×26×46cmの帽子ケースを、なんとか立てて収納できた。トランクスルー不可。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
独特のエンジンビートを発する、存在感大のフラット4。低速域でもトルクの細さを感じさせない。3500rpmからは、怒涛のパワー。シフトのストロークは標準的だが、フィールはカッチリして、品質感高し。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
路面のゴツゴツを素直に拾う足まわり。キモチは「走り」に。250psをしっかり受け止める懐の深い4輪ストラット。無闇に滑らない。ヨンクならではのノサッとしたところあり。

(写真=井手孝高)

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日: 2000年8月29日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離: 790km
タイヤ:(前)205/50R16 87V/(後)同じ(いずれもYokohama Advan A680)
オプション装備: HIDロービーム+濃色ガラス+リアスポイラー+K'sマスターサウンドシステム(20.0万円)
テスト形態: ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態: 市街地(2):山岳路(8)
テスト距離: --
使用燃料: --
参考燃費: --



スバル・インプレッサWRX NB(5MT)【ブリーフテスト】の画像


スバル・インプレッサWRX NB(5MT)【ブリーフテスト】の画像


スバル・インプレッサWRX NB(5MT)【ブリーフテスト】の画像


スバル・インプレッサWRX NB(5MT)【ブリーフテスト】の画像


スバル・インプレッサWRX NB(5MT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
ホームへ戻る