【スペック】全長×全幅×全高=4405×1695×1465mm/ホイールベース=2525mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.5リッター水平対向4SOHC16バルブ(100ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=157.3万円(テスト車=175.3万円)

スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT)【ブリーフテスト】

スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT) 2000.09.26 試乗記 ……175.3万円総合評価……★★★★

一球入魂

乱暴にいってしまえば、カローラ級サイズのドンガラにレガシィ用の各種コンポーネンツをブチ込んだクルマだ。というか、軽自動車でない「スバル」は、その意味では全部レガシィ系だ。でもって、ボディ側もまたキャパシティは最強WRX に焦点を合わせてある。当然、テスト車の1.5 リッターには余裕しゃくしゃく。
スバルの例にもれず、実に日本車離れした味わいのクルマだ。安い国産車に特有のペラペラ感や空虚さがない。乗ると、ホッとする。
「フツーの仕様」も魅力的であるところが、たとえば三菱ランサーセディアとは対照的だ。インプレッサというと、速いモデルばかりが注目され勝ちだが。
導入後8年たって、このほど初のフルモデルチェンジ。上記の美点は先代ゆずりとして、今回はさらにガサガサしたところがなくなった。静かに、滑らかに。見た目の品質感も確実に上がった。めでたいモデルチェンジだ。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
インプレッサは、2000年8月23日に、8年ぶりのモデルチェンジを受けた。日常性を重視した5ナンバーのワゴン、走りを進化させるためトレッドを広げ3ナンバーになったセダンと、性格をはっきり分けた。エンジンラインナップは、ワゴンが、1.5リッター、2リッター、同ターボ、セダンは、2リッターNAとターボ。
(グレード概要)
I'sスポルトは、1.5リッターモデル(I's)のスポーティ仕様。本革巻きステアリングホイールが奢られ、ブレーキ冷却ダクトの付いたフロントバンパー、ルーフスポイラーが装着される。2リッター、同ターボモデルには4WDしかラインナップされないが、1.5リッターモデルには、FFモデルもある。テスト車はそれ。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
見た目品質もいわゆるデザインも攻撃的なまでに野暮ったかった旧型と較べると、まさに夢のような改善。各種スイッチ類の配置も使いやすく考えられていてヨイ。ダッシュボード全体がミニバンのようにボーッとデカくないのも評価できる。運転しやすい。
ハンドルをスッと回しただけで、誰でもわかるガッチリ度。ゴツいシャフトがスーッと滑らかに動く様子がアリアリ。いかにも基本部分にカネがかかっている感じだ。
(前席)……★★★★
欧州車によくある、ラチェット式のレバー操作でシート全体を上下に調整できる機構がついた。これは誇張でなく特筆されていい。
一事が万事というか、そういう頑張りの見えるシートはやはり掛け心地もいい。ガチッとしたボディとキレイにストロークする座面の組み合わせは、さっきも書いた「日本車離れした乗りアジ」の小さからぬイチ要因である。
(後席)……★★
一事が万事とかホメた直後でアレだが、畳んで使うことしか考えていないのではないかと思わすぐらい、後席はガードがアマい。つまり掛け心地のつくり込みのレベルが低い。後席に座ると、残念ながらインプレッサのワゴンはむしろ凡庸な日本車そのものである。
セダン比全高30mmアップも、これでは意味がない。後席室内高の数値がカタログ上で虚しく輝くだけだ。早急にグレードアップを。
(荷室)……★★
後席の折り畳み機構は旧型のダブルフォールディングからシングル(背もたれのみ)に変わった。おかげで座面がジャマしないぶん奥行きの最大長が増えたそうだ。ア、そう。
開口部の敷居というか段差の高さを見るにつけても、これが本格派ワゴンでないことは一目瞭然。あるいはリアサスの出っ張りのデカさを見るにつけても。
見た目になんとなくイケてそう、ということの代償として後席環境その他へのシワ寄せはちょっとイタい。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
かなり憎くない。エンジンやオートマの特性は大スジ日本車流だが、細部のツメがよかったのかドライバー疎外度は意外なほど低い。要するに楽しく運転できる。ヘンなハナシ、どう文句つけようかと困ったほどだ。あと、エンジン縦置きでトルクの伝達経路があっちゃこっちゃ右往左往しない感じがそこはかとなく嬉しい。ヨンクでないせいもあるだろうが、スッとキレイに発進してくれる。前後方向のイヤなエンジン揺れもないし。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
車体側はひたすらカッチリ、どっしり。アシはガッチリしつつ、動きはスーッと滑らか。突っ張らず。ブッシュでゴマカしてる感じもなし。シート座面もコシを残しつつキレイにたわむ。という具合に、なんというかメリハリがハッキリしているところがいい。まるで昔のクルマみたい、とも思う。見ても乗っても書き割りみたいな多くの同クラス日本車との最大の違いがここである。やはり一球入魂で作ったクルマは違うわい。

(写真:メインと後席=小河原 認/井手孝高)

【テストデータ】

報告者:森 慶太
テスト日:2001年9月13日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:1709km
タイヤ:(前)175/70R14 84S/(後)同じ(いずれもブリヂストン SF-213)
オプション装備:ナビゲーションシステム+MDプレーヤー+AM/FMラジオ(18.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
高速道路(2):市街地(8)
テスト距離



スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT)【ブリーフテスト】の画像


スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT)【ブリーフテスト】の画像


スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT)【ブリーフテスト】の画像


スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT)【ブリーフテスト】の画像


スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る