【スペック】全長×全幅×全高=4405×1730×1435mm/ホイールベース=2525mm/車重1400kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6400rpm、38.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=306.8万円(テスト車=315.3万円/HIDロウビームランプ+濃色ガラス)

スバル・インプレッサSTiシリーズ【試乗記】

スバル・インプレッサSTi「ちょい乗り」試乗報告 2000.10.25 試乗記 ノーマルでもじゅうぶん速いスバル・インプレッサの、(さらなる)スポーティバージョン「STi」シリーズが、2000年10月24日、280psニットと6段MTをひっさげてデビューした。翌25日、web CG 記者が、さっそく同シリーズに試乗! 小雨ふるハコネから報告します。

シェキナベイビー……、オシリがイタイ

WRX STi type RA(6MT)……315.3万円

青が目に鮮やかな「エクセーヌ」ことバックスキン調専用バケットシートにスッポリ体をはめ込んで、「しかしクッションが薄いナ」と思いながらやや重いクラッチペダルを踏んで発進すると、ア、ワ、ワ、ワ……って、なんて硬いアシなんだ。フロントスクリーンごしに、小山のような大型エアインテイクが上下に揺れている。ノーマルSTiモデルより10%バネレートをアップしたタイプRA。いわずと知れた、競技車両ベースなり。

3500rpmからモリモリとパワーが湧いてきて、ノーマルターボモデル比マイナス40kgボディの、あまりの加速にアルミペダルを踏む力もゆるみ勝ち。
驚いたのは、「もう、ご主人様がステアリングを切るのを待っていられない!」とばかりのスンバラシイ回頭性。15:1から13:1に速められたステアリングギアと、細められたフロントアンチロールバーの恩恵であろう。
コマネズミのようなRA。可能なかぎり競技場で使おう。街乗りでは、オシリがイタイ。

[テスト車は、RAの17インチモデル。RAには、機械式フロントLSDを装備、ABSなどを廃した純然たる競技ベースたる16インチモデルも用意される(296.8万円)]



スバル・インプレッサSTiシリーズ【試乗記】の画像
【スペック】全長×全幅×全高=4405×1730×1435mm/ホイールベース=2525mm/車重1430kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6400rpm、38.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=319.8万円(テスト車=332.3万円/フロントLSD+HIDロウビームランプ+濃色ガラス)

【スペック】全長×全幅×全高=4405×1730×1435mm/ホイールベース=2525mm/車重1430kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6400rpm、38.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=319.8万円(テスト車=332.3万円/フロントLSD+HIDロウビームランプ+濃色ガラス)

じゅうぶんスペシャルWRX STi(6MT)……332.3万円

T字型のSTi専用キーを捻ると、2リッターフラット4が「ドコドコドコ!」と歌いだす。
鍛造ピストン&コンロッドを組み込んだシングルターボユニットは、先代より100rpm低い6400rpmで280psの最高出力、4000rpmで同2kgm増しの最大トルク38.0kgmを発生する。AVCSと呼ばれる吸気側可変バルブタイミング機構を搭載、「滑らかなトルクカーブ」を謳うが、それでも3000rpm以下ではまるで意気地がない。
しかし、タコメーターの針をトルクバンドから外さないために、ニューSTiの目玉、6段MTはある。ストロークは短く、カチッと節度あるフィールが好ましい。前に乗ったRAでは「ずいぶんシブい」と感じたが、各車1000kmに至らない、短い走行距離ゆえの個体差か。

250psモデルより2割方サスペンションをハードにセッティングしたというSTiだが、RAと較べると、グッと文化的。ヨンゴータイヤが細かいゴツゴツを拾うけれど、足まわりは路面のうねりによく追従して、「しなやか」とさえ感じる。もちろん、絶対的には硬い。

「ホントは、もっといろいろやりたかったんですけどねぇ。ボディは、防音・防振材を抜いて軽量化したくらい。衝突安全性を犠牲にするわけにもいきませんし……」とエンジニアの方が言う。大丈夫。じゅうぶんスペシャルですから。ブツけないように気を付けます。



スバル・インプレッサSTiシリーズ【試乗記】の画像
【スペック】
全長×全幅×全高=4405×1695×1460mm/ホイールベース=2525mm/車重1430kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6400rpm、38.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=299.8万円(テスト車=308.3/HIDロウビームランプ+濃色ガラス)

【スペック】全長×全幅×全高=4405×1695×1460mm/ホイールベース=2525mm/車重1430kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6400rpm、38.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=299.8万円(テスト車=308.3/HIDロウビームランプ+濃色ガラス)

洒落者の走り屋にスポーツワゴンSTi(6MT)……308.3万円

「日常の使い勝手を重視」した5ナンバー、ワゴンボディのSTi。しかし、エンジンフードを開ければ、WRX同様「STi」と大書されたインタークーラーが、赤チヂミ塗装をしたインテイクマニフォルドの上にデンと鎮座する。先代より50%コア容量が増やされたのがジマンだ。ウォータースプレイも備わる。
ちなみに、フロントストラットタワーバーは、富士重工航空宇宙部門のノウハウを活かしたという。パイプはチタン、両端の取り付け部はアルミダイキャスト。

スポーツワゴンSTi、フロントLSDは装備しないが、走らせればこれまた速い。タイヤサイズは、セダンより狭いトレッドに合わせ、215/45ZR17とちょっぴり細め。
「センターデフ+ビスカスLSD」を備えた4WDシステムで、雨の日でもガンガン……、トバし過ぎると危険です。
ワゴンというより実質5ドアハッチの荷室だが、車体寸法と合わせ、日常使うには便利だろう。「洒落者の走り屋」向け。

(web CG アオキ/写真=阿部ちひろ/テスト日=2000.10.25)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る