【スペック】全長×全幅×全高=4680×1695×1485mm/ホイールベース=2650mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6500rpm、35.0kgm/5000rpm)/車両本体価格=291.3万円(テスト車=295.8万円)

スバル・レガシィツーリングワゴンGT-B Eチューン(5MT)【ブリーフテスト】

スバル・レガシィツーリングワゴンGT-B Eチューン(5MT) 2001.06.26 試乗記 ……295.8万円総合評価……★★★★
 

運ばないワゴン

目つき鋭く、彫りが深くなったビッグマイナーチェンジ版レガシィツーリングワゴン。フロントの、大きなスバルエンブレムが誇らしげ。単なるフェイスリフトでないことをアピールするため、プレス向けに開かれた試乗会場には、ドライブトレイン&シャシーのカットモデルが飾られた。フロントにはコーナリング時の横力を受け止める「クロスパフォーマンスロッド」、リアにはサブフレームの揺らぎを抑える「サイドパフォーマンスアーム」が追加されたのがわかる。
また、スバル自慢の大小2ツのタービンで構成される「2ステージターボ」は、小さなプライマリー側ターボが形状変更を受け、2000-4500rpmでのトルクを約7%アップしたという。日常での使い勝手を向上し、セカンダリーターボへスムーズにつなぐためである。
最速グレード「GT-B EチューンII」のマニュアルモデルに乗ると、開発陣の気合いがヒシヒシと感じられる。高速スタビリティの高さ、フラットで上質な乗り心地、カーブでの安定感、どれをとっても国際級。「ワゴン界のイチロー」とでもいいましょうか。
ただし、スペックと商品性が直結しないのが、自動車のオモシロクも残酷なところ。スバルは、今後、ハンドリングオタクへの誘いを、振り切ることができるでありましょうか。ワゴンは、スポーティな生活を運ぶクルマではあるが、スポーツカーではない。


 
スバル・レガシィツーリングワゴンGT-B Eチューン(5MT)【ブリーフテスト】の画像

 
スバル・レガシィツーリングワゴンGT-B Eチューン(5MT)【ブリーフテスト】の画像

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1998年6月17日に登場した3代目レガシィ。看板モデルたる「ツーリングワゴン」、車高を上げ、SUV的な性格が与えられたワゴン「ランカスター」、そしてスポーティセダン「B4」に大別される。ツーリングワゴンは、ボディサイズを5ナンバー枠にとどめたまま、ホイールベースを20mm延長して室内空間を稼ぎ、ボディ剛性を上げ、リアにマルチリンク式サスペンションを採用したのが新しい。エンジンは、2.5リッターNA(自然吸気)、2リッターターボ、同NAのDOHCとSOHCがラインナップされる。すべて水平対向4気筒だ。駆動方式は、全車4WD。2001年5月22日のビッグマイナーチェンジで、顔つきが変わり、エンジンがリファインを受け、足まわりが強化された。
(グレード概要)
「GT-B EチューンII」は、大小2ツのタービンを用いた2リッター「2ステージツインターボ」ユニットを搭載した最速グレード。5MT車は280ps、4AT車は260psを発生する。同じエンジンを積む「GT」と比較して、ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)、215/45ZR17とひとまわり大きなタイヤ、ホイールを履くのが、「EチューンII」のゆえん。オートマチックトランスミッションは、ゲート式のGTに対し、EチューンIIにはシーケンシャルシフト可能なスポーツシフトが装備される。


 
スバル・レガシィツーリングワゴンGT-B Eチューン(5MT)【ブリーフテスト】の画像

 
スバル・レガシィツーリングワゴンGT-B Eチューン(5MT)【ブリーフテスト】の画像

 
スバル・レガシィツーリングワゴンGT-B Eチューン(5MT)【ブリーフテスト】の画像

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
オーソドクスだが、完成されたインパネまわり。キーを捻ると、メーターリング、針、そして数字と表示される「ブラックフェイスメーター」を装備。マイナーチェンジにともなって、スクラッチの入った黒い「ブラックエアラインパネル」が採用された。黒基調の室内はスポーティだが、「地味」と「陰気」の狭間にある。
(前席)……★★★★
荒い織り、細かい織りのファブリックを上手にミックスしたシート。サラッとした手触りがいい。「スポーティバケット」の名に違わず、座面、背面ともしっかりとしたサイドサポートが張り出す。運転席のみ、電動で座面角度の調整が可能だ。
(後席)……★★★
足もと、頭上とも、スペース十分なリアシート。ヘッドレストが上下調整できないのが不満点。中央席にも、ちゃんと天井から延びる3点式シートベルトが備わる。が、こちらのヘッドレストは、まったく高さが足りない。子供用? なお、後席左右とも、ISOFIX対応型チャイルドシート固定用アンカーが備わる。
(荷室)……★★★★
床面最大幅136cm、奥行き107cm、フラットな床面をもつラゲッジルーム。パーセルシェルフまでの高さは40cmとやや浅いのは、荷物を重ねて置くことはあまりない、ということか。その分、フロア3分の2にわたって、前後2カ所に深さ8cmの広い床下収納が用意される。荷物の出し入れに際にひっかからないよう、ハッチゲイトのキャッチはフロアレベルから飛び出さない。キャビンと荷室をわけるバックレスト内蔵型6:4分割カーゴネットを標準で備える。


 
スバル・レガシィツーリングワゴンGT-B Eチューン(5MT)【ブリーフテスト】

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
外で聞いているほどは感じないが、依然として個性的なビートを打つボクサーターボ。コンプレッサーハウジングや吸気ポートの形状を変更、低中回転域でのトルクを太くして日常の使い勝手に配慮した。大小2ツの過給機のうち、小さいプライマリーターボのコンプレッサーホイールが小型化されて、レスポンス向上と、セカンダリーターボへのスムーズなつながりが図られ、実際、段付きが軽微になった。過給の主役がプライマリーからセカンダリーに移る、4500rpm付近の加速の「踊り場」を、2ステージターボゆえの“演出”と感じていたヒトにはちょっと寂しいかも。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
街なか、高速を問わず、フラットな乗り心地が印象的。日本車離れした、有無をいわさぬスタビリティの高さを誇る。「キング・オブ・雨のハイウェイ」。マイナーチェンジ時に、フロントに横剛性を高める「クロスパフォーマンスロッド」、リアにサブフレームの揺らぎを防ぐ「サイドパフォーマンスアーム」が採用された。まさに盤石の足まわり。また、パワステのアシスト量が変更されて、ステアリングは手応えあるいい重さに。開発陣は、「ちょっと重すぎるかな?」と心配していたが、杞憂でしょう。いままでが軽すぎた。

(写真=河野敦樹)

 

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2001年6月15日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:2227km
タイヤ:(前)215/45ZZR17/(後)同じ(いずれもブリヂストンPotenza RE010)
オプション装備:スポーティパック(リアドア、リアクォーター、リアゲイト濃色ガラス+ハイマウントストップランプ内蔵ルーフスポイラー)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:212.8km
使用燃料:30.2リッター
参考燃費:7.0km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィツーリングワゴン の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る