【スペック】全長×全幅×全高=4720×1745×1550mm/ホイールベース=2650mm/車重=1590kg/駆動方式=4WD/3リッター水平対向6DOHC24バルブ(220ps/6000rpm、29.5kgm/4400rpm)/車両本体価格=348.0万円(テスト車=同じ)

スバル・レガシィランカスター6ADA(4AT)【試乗記】

おとなの走り味 2001.08.08 試乗記 スバル・レガシィランカスター6ADA(4AT)……348.0万円和製ツーリングワゴンとして、国内ではある種“プレミアム”な存在となったレガシィシリーズ。スポーティさを前面に出すラインナップのなかで異彩を放つのが、世界中でほかにポルシェしかつくっていない水平対向6気筒ユニットを搭載する「ランカスター6」である。自動車ジャーナリスト、河村康彦が乗った。

飛び抜けた上質感

トヨタや日産などのフルラインメーカーとは異なり、限られたラインナップのなかで効率の良いビジネスを目指すスバル。そんなスバルを代表するレガシィシリーズは、2001年5月22日に実施されたマイナーチェンジで、「ワゴンとセダン、そしてランカスターという3タイプの個性の違いをさらに鮮明にアピールする」という作戦をとることとなった。これまでは基本的に共通だったツーリングワゴンとセダン「B4」にそれぞれ異なるデザインのフロントマスクを与え、ランカスターはさらにワイルドな顔つきを採用した。

こうしたレガシィシリーズのなかで異彩を放つのが、「フラット6」エンジンを搭載した「ランカスター6」。世界中を見まわしても、ほかにはあのポルシェにしか例を見ない(!)水平対向6気筒レイアウトの3リッターユニットを搭載する。どうやらスバルは、ランカスターを「将来的にはレガシィシリーズから“卒業”させたい」と目論んでいるのではないか? ぼくは、そのように考えている。
実はこのクルマ、ツーリングワゴンのトップモデル「GT-B EチューンII」とほぼ同じ価格帯にある。それゆえ、うっかりすれば“同士討ち”の可能性すらあるのだが、スバルは敢えてそうした冒険に挑んだわけだ。

実際、ランカスター6の走りの上質感は、レガシィシリーズのなかでも飛びぬけている。正直なところ、エンジン低回転域でのトルク感はもう一息。場面によっては「あと一割くらい排気量が大きくても良いかなぁ……」と感じることがある。とはいえ、そのスムーズさは抜群だ。しかも、4気筒ユニットとのフィールの差は、回転が高まるにつれて広がる。「そもそも多気筒化は、エンジン回転数を高めるためにある技術」と、そんなことを教えてくれるかのようでもある。

「おっとり」と「スムーズ」

加速の能力に不満はない。惜しむらくはコンビネーションを組むオートマチックトランスミッションが、“プレミアムカー”としては記号的にも物足りない4段仕様であること。これが5段化されれば、各ギア間のステップ比が小さくなることでシフトアップに伴う加速の連続性はさらに滑らかさを増し、前述したエンジンの素性の良さが一層引き立つこと請け合いなのだが……。

レガシィシリーズ全般にわたって定評ある「フットワークの質感の高さ」「ハンドリングのよさ」。ランカスターの場合、オールシーズンタイプのシューズを履くがために、ステアリング操作に対する舵の正確性という点で、じゃっかん不利な部分がある。指一本分、といったオーダーでのノーズの動きは、確かにスポーツ性が売り物の各ターボ付きモデルほどにはシャープではない。
しかし一方で、こうしたちょっぴり“おっとり”とした動きが、前述のスムーズなエンジンのキャラクターと不思議にマッチする。4気筒エンジン搭載のレガシィシリーズとはひと味異なる“落ち着いた大人の走り味”--それがランカスター6の大きな魅力である。

(文=河村康彦/写真=高橋信宏/2001年7月)


 
スバル・レガシィランカスター6ADA(4AT)【試乗記】の画像

 
スバル・レガシィランカスター6ADA(4AT)【試乗記】の画像
リアビューミラーの後に付くのが、ADA(Active Driving Assist)の「目」たるCCDカメラ。ここから得られる「立体画像情報」ナビからの「道路情報」VDC(Vehicle Dynamic Control)からの「走行状態」といった情報から、自車の状況を判断。「車線逸脱」「車間距離」「プレビュー制御」などを行う。
 
リアビューミラーの後に付くのが、ADA(Active Driving Assist)の「目」たるCCDカメラ。ここから得られる「立体画像情報」ナビからの「道路情報」VDC(Vehicle Dynamic Control)からの「走行状態」といった情報から、自車の状況を判断。「車線逸脱」「車間距離」「プレビュー制御」などを行う。
	 

 
スバル・レガシィランカスター6ADA(4AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
 
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
	 

 
スバル・レガシィランカスター6ADA(4AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【レビュー】
    2016.7.14 試乗記 STIが手がけた、スポーツワゴン「スバル・レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。これまでのようなカスタマイズカーや特別仕様車としてではなく、メーカーがライン生産する“カタログモデル”として登場したSTIの実力を試す。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る