【スペック】全長×全幅×全高=4680×1695×1485mm/ホイールベース=2650mm/車重=1470kg/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブ(170ps/6000rpm、24.3kgm/2800rpm)/車両本体価格=254.8万円(テスト車=273.3万円)

スバル・レガシィツーリングワゴン250S(4AT)【ブリーフテスト】

スバル・レガシィツーリングワゴン250S(4AT) 2001.08.13 試乗記 ……273.3万円総合評価……★★★★
 

独特の魅力

スバル・レガシィは堅実な道を歩んできたクルマだ。2001年モデルとしての改良も、後部サスペンションアーム付近の、ボディ側取り付け部の強化が主なところ。ターボ車は前部にも同じく強化パーツが組み込まれる。個性的な水平対向エンジンも、細かな改良が加えられて、カタログ上の数字は不変だが低回転域で使いやすくなった。また、歴史の長い4WDシステムのトルク前後配分が見直された。目新しい技術を求めて、ころころ様変わりを繰り返すのではなく、このように、細かな煮詰めを行って、今では完成の域に達している。つまり、ボディの剛性は高いし、サスペンションもしっかりしているし、4WDによる走行性能も安定性の高いものだ。姿勢変化の少ないフラットな乗り心地も秀逸である。水平対向エンジンは、言われるほど重心を低くは感じないものの、ポロポロと個性的な音を発して回る様は独特の魅力をもつ。GM傘下に入って、より独自性を主張するため、スバルマークとして、本来の六連星のマークが全車に復活した。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1998年6月17日に登場した3代目レガシィ。看板モデルたる「ツーリングワゴン」、車高を上げ、SUV的な性格が与えられたワゴン「ランカスター」、そしてスポーティセダン「B4」に大別される。ツーリングワゴンは、ボディサイズを5ナンバー枠にとどめたまま、ホイールベースを20mm延長して室内空間を稼ぎ、ボディ剛性を上げ、リアにマルチリンク式サスペンションを採用したのが新しい。エンジンは、2.5リッターNA(自然吸気)、2リッターターボ、同NAのDOHCとSOHCがラインナップされる。すべて水平対向4気筒だ。駆動方式は、全車4WD。2001年5月22日のビッグマイナーチェンジで、顔つきが変わり、エンジンがリファインを受け、足まわりが強化された。
(グレード概要)
いわゆる2001年モデルから、レガシィツーリングワゴンの2.5リッターモデルは「250S」に一本化された。2.5リッターフラット4は、ビッグマイナーに伴って吸気系がファインチューニングを受け、出力特性と静粛性が改善された。パワーステアリングのアシスト量が変更を受け、据え切り時の操舵感向上が図られたのも新しい。250Sの4WDシステムは「アクティブトルクスプリット4WD」を搭載。通常、前:後=60:40にトルクが配分される。ただし、アンチスピンデバイスたるVDC(Vehicle Dynamics Control)をオプション装備した場合、50:50がベースとなる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
色気はないが機能的で、透過照明によるメーター類が見やすい。ステアリングホイールのグリップは太すぎで無骨。繊細さに欠ける。同様にシフトレバーも大袈裟で「トラック的」。手が大きな人にはいいが……。
(前席)……★★★★
サイズ、形状、ホールド性、いずれも良好。座面の後傾斜角もほどほどで良い。クッションはややゴワゴワした感触あり。もうすこししっとりとしたソフトな部分と、がっしりとした、腰のある剛性感高い骨格が欲しい。
(後席)……★★
形状がやや平板。しかし畳めるタイプのシートとしては仕方のないところ。前席のヘッドレストを抜いてシートバックを倒すと、後席座面とフラットにつながるなど、よく考えられている。ヘッドレストの形状は考慮の余地あり。
(荷室)……★★★★★
サスペンションの張り出しも少なく、荷室は使いやすい。沢山積める広さがある。積む物の形状にもよるが、友人のカメラマンによれば、欧州製の大型ワゴンで積みきれない荷物でも、レガシィワゴンなら積めたこともあるという。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
エンジン騒音はやや大きいが、音質は悪くない。加速時のパワーや駆動力は文句ない。2457ccと4気筒エンジンとしては排気量が大きい方だが、回転上昇も高回転域にいたるまで滑らかである。シフトレバーの動きは、長いだけにやや大きく感じる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
乗り心地はこの手の日本車のなかで一番フラットで快適。多少ゴロゴロした振動はあるが、概ね静粛で洗練されている。硬いばかりでなく、ほどよいロール感を伴う旋回性も自然で安心感がある。

(写真=清水健太)

 

【テストデータ】

報告者: 笹目二朗
テスト日: 2001年6月22日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式: 2001年型
テスト車の走行距離: 1576km
タイヤ: (前)205/55R16 89V/(後)同じ(いずれもヨコハマ Advan A-681)
オプション装備: VDC+スポーツパック(リア濃色ガラス+リアスポイラー)+サイドエアバッグ
テスト形態: ロードインプレッション
走行状態: 市街地(2):高速道路(7):山岳路(1)
テスト距離: 331.1km
使用燃料: 40.2リッター
参考燃費: 8.2km/リッター


 
スバル・レガシィツーリングワゴン250S(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
スバル・レガシィツーリングワゴン250S(4AT)【ブリーフテスト】の画像

 
スバル・レガシィツーリングワゴン250S(4AT)【ブリーフテスト】の画像
クリックするとシートが折りたたまれるさまが見られます。
 
クリックするとシートが折りたたまれるさまが見られます。
	 

 
スバル・レガシィツーリングワゴン250S(4AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィツーリングワゴン の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 安全装備が充実した「スバル・レヴォーグ」が登場 2016.10.3 自動車ニュース 富士重工業は2016年10月3日、「スバル・レヴォーグ」に特別仕様車「1.6GT EyeSight Smart Edition」を設定したと発表した。スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第4弾にあたる。同年12月12日に販売を開始する。
ホームへ戻る