【スペック】全長×全幅×全高=4405×1695×1465mm/ホイールベース=2525mm/車重=1210kg/駆動方式=FF/1.5リッター水平対向4SOHC16バルブ(100ps/5200rpm、14.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=157.3万円(テスト車=175.3万円)

スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT) 【ブリーフテスト】

スバル・インプレッサスポーツワゴンI'sスポルト(4AT) 2001.08.22 試乗記 ……175.3万円総合評価……★★★

背伸びしたがる弟

WRカー(ワールドラリーカー)そっくりの「ソニックブルー」のボディカラー、巨大なフォグランプ用ホールが穿たれたフロントスポイラー、目をひくルーフスポイラー……、これはどう見てもあの峠道の王者「インプレッサ」……、にしてはホイールとタイアがちとショボイし、エンジンフードの上にインタークーラー用のインテイクもない。実はこの「スポーツワゴンI'sスポルト」、インプレッサはインプレッサでも水平対向1.5リッターSOHC4気筒を積む“普通の”モデル。それでも車名に“スポーツ”という言葉がダブルで入っているぐらいだから、走り屋に大人気の兄貴分にあやかろうとしているのは明白だ。尊敬する兄に一所懸命追い付こうとしている弟みたいでいじらしくもあるが、100psエンジンに4段AT付きFWD(前輪駆動)モデルにしてはちょっと気張りすぎの格好だ。話してみるといいヤツなのに、身体に合わない大人びた(?)スーツは、好感度を殺ぐ大きな減点対象である。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
インプレッサは、2000年8月23日に、8年ぶりのモデルチェンジを果たした。日常性を重視した5ナンバーのワゴン、走りを進化させるためトレッドを広げ3ナンバーになったセダンと、性格がハッキリ分けられたのがポイント。エンジンラインナップは、ワゴンが、1.5リッター、2リッター、同ターボ、セダンは、2リッターNAとターボとなる。
(グレード概要)
I'sスポルトは、1.5リッターモデル(I's)のスポーティ仕様。本革巻きステアリングホイールが奢られ、ブレーキ冷却ダクトの付いたフロントバンパー、ルーフスポイラーが装着される。2リッター、同ターボモデルには4WDしかラインナップされないが、1.5リッターモデルには、FFモデルもある。テスト車はそれ。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
スバルのクルマは、おしなべてインテリアの仕立てが野暮ったい。I'sスポルトはモモのレザーステアリングホイールとオフブラックの内装が標準装備だが、スポーティさの表現が相変わらずこれでは情けないし、だいいち暑苦しい。メーターの見やすさやスイッチ類の使い勝手は問題なしだが、オプションのビルトインナビゲーションはちんまりとして見づらい。今時CD-ROMだし。
(前席)……★★★
ドライバーズシートは小さめでやや薄っぺらな感じだが、実用上は問題なし。色調のせいもあって室内は広く感じないが、ヘッドルームだけは余裕あり。気になるのはステアリングホイール(チルト機構のみ)の径が大きすぎること。ペダルに合わせると特に身体の小さい人には回しづらいはずだ。
(後席)……★★
リアシートは、現代の水準を考えればこのクラスとしては決して広くない。またリアドアの実質的な開口部が小さいので乗り降りしにくい。開放感も薄いし……。総じて居心地はあまり良くない。新しいのに古臭い印象を拭えない。
(荷室)……★★★
ラゲージスペースはワゴンとして考えると、ちょっと期待外れ。ハッチバックと見てもこれまた平均的と言わざるをえない。リアシートを倒して荷室を広げることが可能だが、ストラットハウジングが左右から大きく侵食しているのが難点。

【ドライブフィ―ル】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
1.5リッターとしてはまずまずのパワーだが、3000rpm以下の実用域でのトルクがちょっと薄い。むしろトップエンド(メーターは8000rpmまであるがリミットは6000rpm)までスムーズに回って力を出す高回転型。ただしエンジンの音はガサガサと若干うるさい。スタッガード式のATゲートは切り方が不適切だ。「N-D-3」「3-2-1」と一直線になっているため、ゲートをギザギザにしている意味がない。そのうえ誤作動を防ぐためかタッチが渋く、マニュアル操作には不向きだ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
この車の最大の美点はハンドリング。ステアリングフィールは自然で、操舵に対してノーズは鋭すぎず鈍すぎずリニアに反応してくれる。コーナリング中の外乱に対する安定性も高い。乗り心地も街なかではおおむね良好だが、左右輪同時に目地を越えるような時にはドシンという突き上げあり。意外に大入力にはだらしないようだ。もうちょっと上等でがっちりした足まわり(とボディ)を望む。ハンドリングで4ツ星、乗り心地は3ツ星といったところか。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:高平高輝(CG編集委員)
テスト日:2001年7月26日から28日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:1万0658km
タイヤ:(前)175/70R14 84S/(後)同じ(いずれもブリヂストン SF-213)
オプション装備:ナビゲーションシステム+MDプレーヤー+AM/FMラジオ(18.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
市街地(4):高速道路(6)
テスト距離:259.8km
使用燃料:31.4リッター
参考燃費:8.3km/リッター







写真をクリックすると、シートが倒れるさまが見られます。



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る