新型「メルセデス・ベンツMクラス」販売開始

2012.06.28 自動車ニュース
新型「メルセデス・ベンツMクラス」(写真の一部は欧州仕様車)
新型「メルセデス・ベンツMクラス」販売開始

新型「メルセデス・ベンツMクラス」販売開始

メルセデス・ベンツ日本は、SUV「Mクラス」シリーズの新型を日本に導入し、2012年6月28日に発売した。

■さらに強く、上質に

メルセデス・ベンツのSUV「Mクラス」がフルモデルチェンジ。第3世代となる新型が日本で発売された。
ニューモデルの顔ぶれは、基本的にこれまでと同様、3.5リッターV6ガソリンエンジンを搭載する「ML350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」、3リッターV6ディーゼルターボの「ML350ブルーテック 4MATIC」、そして自然吸気の6.2リッターV8ガソリンに換えて新たに5.5リッターV8ガソリンターボを積む、ハイパフォーマンスモデル「ML63 AMG」の3モデルとなる。

そのエクステリアは、大型のフロントグリルや後方へと流れるCピラーといった、従来のMクラスが持っていた特徴を継承。一方で、LEDのポジショニングライトやクロムのアンダーガードなどでアグレッシブなテイストも強調される。
インテリアは、塊感のあるダッシュボードを中心とした水平基調のデザインが採用され、本革製シートのほか、トリムやスイッチ類についても厳選された素材で仕立てられる。ダッシュボードからドアパネルにかけては、LEDの間接照明も添えられる。
リアシートは9段階のリクライニング機能付き。荷室は最大2010リッターの容量が確保されている。

快適装備については、カーナビやBluetoothオーディオ、ハンズフリーフォンなどを含むテレマティックシステム「COMANDシステム」を搭載。
SUVらしく、ボタンひとつでABSやギアシフトのパターン、アクセルレスポンスを“オフロード用”に変更できる「オフロードモード」が用意され、ドライバーの注意力の低下を検知して注意を促すシステム「アテンションアシスト」や、夜間の照射範囲を自動調整できる「アダプティブハイビームアシスト」など、安全装備の充実も図られている。

「ML350ブルーテック4MATIC」の3リッターV6ディーゼルエンジン。
「ML350ブルーテック4MATIC」の3リッターV6ディーゼルエンジン。
「メルセデス・ベンツMクラス」の“最強モデル”となる「ML63 AMG」。
「メルセデス・ベンツMクラス」の“最強モデル”となる「ML63 AMG」。

新型「メルセデス・ベンツMクラス」販売開始の画像

■525psのAMG仕様もラインナップ

新型Mクラスに搭載されるエンジンは、前述のとおり、3.5リッターV6ガソリンエンジンと3リッターV6ディーゼルターボ、5.5リッターV8ガソリンターボの3種類。

306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpmの3.5リッターV6ガソリンエンジンは、先代モデルに比べて、アウトプットが34psと2.0kgm増大。唯一のディーゼルとなる3リッターV6ディーゼルターボは、低圧縮比化やフリクションロスの低減が図られ、従来のエンジンより47psと8.1kgm増しの258ps/3600rpmと63.2kgm/1600-2400rpmを発生する。
いずれも、アイドリングストップ機能を搭載。トランスミッションは、高効率な7段AT「7Gトロニックプラス」が組み合わされ、これまでより最大40%以上の燃費向上を実現したとうたわれる。

これら二つのパワーユニットに加えて、“最強エンジン”たる5.5リッターV8ガソリンターボ(525ps/5250-5750rpm、71.4kgm/1750-5000rpm)もラインナップする。
これはハイパフォーマンスモデル「ML63 AMG」に搭載されるもので、トランスミッションも他2モデルとは異なる「AMGスピードシフトプラス」が組み合わされる。

専用デザインのエアスポイラーやフロントワイドフェンダー、21インチホイールなどで外観の差別化が図られる「ML63 AMG」は、専用デザインのスポーツシートやスポーツステアリングホイールといったインテリアパーツはもちろん、専用の電子制御エアサスペンション「AMGライド・コントロール・スポーツサスペンション」やコーナリング時のロールを抑える「アクティブ・カーブ・システム」、専用の強化ブレーキシステムなどがおごられる、“別格のMクラス”となっている。

各モデルの価格は以下のとおり。

・「ML350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」:750万円
・「ML350ブルーテック 4MATIC」:790万円
・「ML63 AMG」:1490万円

ハンドル位置は、全車右のみ。このうち「ML350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」は2012年6月28日の発売と同時にデリバリーされるが、ディーゼルの「ML350ブルーテック4MATIC」とハイパフォーマンスモデル「ML63 AMG」は、約3カ月後の9月下旬に納車が開始される。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Mクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る