新型「メルセデス・ベンツMクラス」販売開始

2012.06.28 自動車ニュース
新型「メルセデス・ベンツMクラス」(写真の一部は欧州仕様車)
新型「メルセデス・ベンツMクラス」販売開始

新型「メルセデス・ベンツMクラス」販売開始

メルセデス・ベンツ日本は、SUV「Mクラス」シリーズの新型を日本に導入し、2012年6月28日に発売した。

■さらに強く、上質に

メルセデス・ベンツのSUV「Mクラス」がフルモデルチェンジ。第3世代となる新型が日本で発売された。
ニューモデルの顔ぶれは、基本的にこれまでと同様、3.5リッターV6ガソリンエンジンを搭載する「ML350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」、3リッターV6ディーゼルターボの「ML350ブルーテック 4MATIC」、そして自然吸気の6.2リッターV8ガソリンに換えて新たに5.5リッターV8ガソリンターボを積む、ハイパフォーマンスモデル「ML63 AMG」の3モデルとなる。

そのエクステリアは、大型のフロントグリルや後方へと流れるCピラーといった、従来のMクラスが持っていた特徴を継承。一方で、LEDのポジショニングライトやクロムのアンダーガードなどでアグレッシブなテイストも強調される。
インテリアは、塊感のあるダッシュボードを中心とした水平基調のデザインが採用され、本革製シートのほか、トリムやスイッチ類についても厳選された素材で仕立てられる。ダッシュボードからドアパネルにかけては、LEDの間接照明も添えられる。
リアシートは9段階のリクライニング機能付き。荷室は最大2010リッターの容量が確保されている。

快適装備については、カーナビやBluetoothオーディオ、ハンズフリーフォンなどを含むテレマティックシステム「COMANDシステム」を搭載。
SUVらしく、ボタンひとつでABSやギアシフトのパターン、アクセルレスポンスを“オフロード用”に変更できる「オフロードモード」が用意され、ドライバーの注意力の低下を検知して注意を促すシステム「アテンションアシスト」や、夜間の照射範囲を自動調整できる「アダプティブハイビームアシスト」など、安全装備の充実も図られている。

「ML350ブルーテック4MATIC」の3リッターV6ディーゼルエンジン。
「ML350ブルーテック4MATIC」の3リッターV6ディーゼルエンジン。
「メルセデス・ベンツMクラス」の“最強モデル”となる「ML63 AMG」。
「メルセデス・ベンツMクラス」の“最強モデル”となる「ML63 AMG」。

新型「メルセデス・ベンツMクラス」販売開始の画像

■525psのAMG仕様もラインナップ

新型Mクラスに搭載されるエンジンは、前述のとおり、3.5リッターV6ガソリンエンジンと3リッターV6ディーゼルターボ、5.5リッターV8ガソリンターボの3種類。

306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpmの3.5リッターV6ガソリンエンジンは、先代モデルに比べて、アウトプットが34psと2.0kgm増大。唯一のディーゼルとなる3リッターV6ディーゼルターボは、低圧縮比化やフリクションロスの低減が図られ、従来のエンジンより47psと8.1kgm増しの258ps/3600rpmと63.2kgm/1600-2400rpmを発生する。
いずれも、アイドリングストップ機能を搭載。トランスミッションは、高効率な7段AT「7Gトロニックプラス」が組み合わされ、これまでより最大40%以上の燃費向上を実現したとうたわれる。

これら二つのパワーユニットに加えて、“最強エンジン”たる5.5リッターV8ガソリンターボ(525ps/5250-5750rpm、71.4kgm/1750-5000rpm)もラインナップする。
これはハイパフォーマンスモデル「ML63 AMG」に搭載されるもので、トランスミッションも他2モデルとは異なる「AMGスピードシフトプラス」が組み合わされる。

専用デザインのエアスポイラーやフロントワイドフェンダー、21インチホイールなどで外観の差別化が図られる「ML63 AMG」は、専用デザインのスポーツシートやスポーツステアリングホイールといったインテリアパーツはもちろん、専用の電子制御エアサスペンション「AMGライド・コントロール・スポーツサスペンション」やコーナリング時のロールを抑える「アクティブ・カーブ・システム」、専用の強化ブレーキシステムなどがおごられる、“別格のMクラス”となっている。

各モデルの価格は以下のとおり。

・「ML350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」:750万円
・「ML350ブルーテック 4MATIC」:790万円
・「ML63 AMG」:1490万円

ハンドル位置は、全車右のみ。このうち「ML350 4MATIC ブルーエフィシェンシー」は2012年6月28日の発売と同時にデリバリーされるが、ディーゼルの「ML350ブルーテック4MATIC」とハイパフォーマンスモデル「ML63 AMG」は、約3カ月後の9月下旬に納車が開始される。

(webCG 関)

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
ホームへ戻る