【スペック】全長×全幅×全高=4485×1735×1535mm/ホイールベース=2525mm/車重=1410kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4ターボインタークーラー付き(250ps/6000rpm、31.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=260.0万円(テスト車=同じ)

スバル・フォレスターSTiIIタイプM【試乗記】

迷うヒマのないはやさ 2001.11.14 試乗記 スバル・フォレスターSTi(5MT)……260.0万円2001年10月1日、スバル・フォレスターのSTiバージョンに待望のマニュアルモデルが加わった。「STiIIタイプM」がそれ。250psにチューンされたスペシャルSUVに、webCG記者がハコネで乗った。

ウーン、速い!

段差の大きな駐車場から道路に出るとき、「チンスポイラーを擦らないだろうか?」と慎重になりながら、苦笑した。フォレスターに乗っているのに……。
フォレスター「STiIIタイプM」に乗っている。ターボモデル「S/tb」をベースに全高を約45mmシャコタン化、ノーマル比10psアップの2リッター「250ps」4カムボクサーターボを心臓にもち、前後左右に空力パーツを纏ったスペシャルモデルである。手がけたのは、富士重工のモータースポーツ専門会社「STi」ことスバルテクニカインターナショナル。メッシュグリルと濃色ガラス、そして足もとは、RAYSの17インチ鍛造ホイールで、ゴールドにゴージャスにキメる。ルーフエンドの大きなスポイラーがタダモノではない。

実際、タダモノではない。高速道路料金所から、ようやく搭載された5スピードのスティックシフトを駆使して全力加速を敢行すると、3000rpmを超えるあたりでタービン音がにわかに高まって、アッという間にロウで60km/h、セカンドで100km/hを突破して、ウーン、速い! 四角いボディが怒涛のダッシュを見せるさまはさぞ迫力だろう。リアビューミラーに迫られてみたい。すぐに道を譲ります。

“森の人”じゃなくなった

スバル・フォレスターは1997年に登場した、インプレッサのコンポーネンツを活用して開発されたSUV(Sports Utililty Vehicle)である。200mm前後の最低地上高とルーフキャリアなしならタワーパーキングに入る車高、そしてWRC(世界ラリー選手権)出場モデル由来の俊足ぶりをウリとするモデルだ。
いわゆる「ヨンク」が乗用車として一般化するにしたがい、オンロードでの性能がクローズアップされるのは理の当然。デビュー後約3年の2000年5月、最初のSTiバージョン「S/tb-STi」がリリースされた。好評だったと見え、同年12月には、4WDシステムがフロントからリア寄りに変更された第2弾「STiII」が売り出されている。

スポーツに振った特別モデルにもかかわらず、従来なぜかAT車しか用意されなかったが、ここに至ってMTモデル「タイプM」がラインナップされた。フォレスターが、ついに「スポーツ」に特化、いわば“森の人”の顔を捨てたわけだ。ちなみにMT化にともない、四輪駆動システムが「VTD−4WD(不等&可変トルク配分電子制御4WD)から、シンプルな「センターデファレンシャル+ビスカスカプリング」となった。

悩まない人に

「STi」のマークが付いたドアを開けると、スウェード調の生地を使ったバケットシートが迎えてくれる。ステアリングホイール、シフトノブ、ブレーキレバーは革巻きで、いずれもSTiのイメージカラー「チェリーレッド」のステッチが目に華やかだ。フロアコンソールにはシリアルナンバー入りのプレートが貼られる。ペダル類およびフットレストはアルミ製。
2リッターフラット4は、専用CPUを用いるほか、「アルミ製インタークーラーダクト」「シリコン製エアダクトホース」で吸気、「低背圧マフラー」で排気をスムーズにした。「ドコドコドコ……」という独特のボクサーサウンドは勇ましく、STiのエンジニアの人は「(音の元となる排気干渉は)できればなくしたい」とおっしゃっていたが、まあ、いいじゃないですか。個性があって。

5段MTの、クイックギアを用いたシフトフィールはカチッとしたすばらしいもの。どこからでも加速を受け付ける分厚いトルクを意識しながらハイウェイをクルーズしていると、どうしてももう1速欲しくなる。せめてファイナルをもっと上げたら……なんて、貧乏性のリポーターは考える。100km/hで2700rpm付近だから、なんかもったいないんだよね。
強化された足まわりは、しかし手慣れた感じで「乗り心地」と「スポーティ」のバランスがとられる。街なかでも、高速でも、不快なことはない。ブレーキは、フロントが16インチの4ポット対向キャリパー、リアは14インチのベンチレーテッド……とスペックを並べていくと、「SUVっていったい……」と思いはじめる。スバル・フォレスターSTiIIタイプMは、そんなことを考えない人向きだ。800台の限定販売だから、悩んでいるうちに売り切れちゃう。

(文=webCGアオキ/写真=清水健太/2001年11月)

チェリーレッドのステッチをあしらったシフトノブの向こうに見えるのは、シリアルナンバーが刻まれたアルミプレート。

チェリーレッドのステッチをあしらったシフトノブの向こうに見えるのは、シリアルナンバーが刻まれたアルミプレート。


スバル・フォレスターSTiIIタイプM【試乗記】の画像
インタークーラーダクトはアルミ製、エアダクトホースはシリコン製で、変形が少ない強化品が採用された。ストラットタワーバーはカーボン製。

インタークーラーダクトはアルミ製、エアダクトホースはシリコン製で、変形が少ない強化品が採用された。ストラットタワーバーはカーボン製。
運転席にも専用装備がなされ、ステアリングホイール、シフトノブ、ハンドブレーキレバーにSTiのイメージカラー「チェリーレッド」のステッチが、ペダルはアルミ製が装着される。

運転席にも専用装備がなされ、ステアリングホイール、シフトノブ、ハンドブレーキレバーにSTiのイメージカラー「チェリーレッド」のステッチが、ペダルはアルミ製が装着される。


スバル・フォレスターSTiIIタイプM【試乗記】の画像


スバル・フォレスターSTiIIタイプM【試乗記】の画像
ゴールドのRAYS製17インチ鋳造アルミホイール、タイヤは225/45ZR17を履く。

ゴールドのRAYS製17インチ鋳造アルミホイール、タイヤは225/45ZR17を履く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る