「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車

2012.06.28 自動車ニュース

「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車

マツダは2012年6月28日、特別仕様車「アクセラスポーツ20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」を設定し、同日発売した。車両価格は238万円。

ベースモデルは「アクセラスポーツ20S-SKYACTIV」。本革シート、本革巻きパーキングブレーキレバー、運転席8Wayパワーシート、クルーズコントロールなどを装着したほか、遮音ガラスの採用や防音材の追加などにより静粛性を高め、走りの質感を向上させたという。

また、安全装備も充実させ、ステアリングの舵角(だかく)や車速に応じてヘッドランプを自動的に進行方向へ向ける「アダプティブ・フロントライティング・システム」(AFS)や、高速道路でのレーンチェンジの際に後方から接近する車を検知して警戒を促す「リアビークル・モニタリング・システム」などを備える。

車両価格は238万円。エコカー減税により、自動車取得税と重量税が50%減税となる。

<車両の概要>
■インテリアの質感向上
・本革シート、本革巻きパーキングブレーキレバーを採用

■静粛性の向上
・遮音ガラスの採用
・ボンネット裏やインストゥルメントパネル下部への防音材の追加
・前席床下の遮音・制振シートの厚み増し、Aピラー下部に吸音材を設置

■スポーティーな内外装
・「マツダスピードアクセラ」と同形状の大型リアルーフスポイラー(下段部は黒色塗装)
・高輝度塗装を施した17インチアルミホイール
・240km/hスケールのスピードメーター

■安全、快適装備の充実
・アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
・ディスチャージヘッドランプ(バイキセノン)
・リアビークル・モニタリング・システム
・自動防眩ルームミラー
・運転席8Wayパワーシート
・クルーズコントロール

(webCG 竹下)

「マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」
「マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車の画像
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車の画像
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る