「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車

2012.06.28 自動車ニュース

「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車

マツダは2012年6月28日、特別仕様車「アクセラスポーツ20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」を設定し、同日発売した。車両価格は238万円。

ベースモデルは「アクセラスポーツ20S-SKYACTIV」。本革シート、本革巻きパーキングブレーキレバー、運転席8Wayパワーシート、クルーズコントロールなどを装着したほか、遮音ガラスの採用や防音材の追加などにより静粛性を高め、走りの質感を向上させたという。

また、安全装備も充実させ、ステアリングの舵角(だかく)や車速に応じてヘッドランプを自動的に進行方向へ向ける「アダプティブ・フロントライティング・システム」(AFS)や、高速道路でのレーンチェンジの際に後方から接近する車を検知して警戒を促す「リアビークル・モニタリング・システム」などを備える。

車両価格は238万円。エコカー減税により、自動車取得税と重量税が50%減税となる。

<車両の概要>
■インテリアの質感向上
・本革シート、本革巻きパーキングブレーキレバーを採用

■静粛性の向上
・遮音ガラスの採用
・ボンネット裏やインストゥルメントパネル下部への防音材の追加
・前席床下の遮音・制振シートの厚み増し、Aピラー下部に吸音材を設置

■スポーティーな内外装
・「マツダスピードアクセラ」と同形状の大型リアルーフスポイラー(下段部は黒色塗装)
・高輝度塗装を施した17インチアルミホイール
・240km/hスケールのスピードメーター

■安全、快適装備の充実
・アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)
・ディスチャージヘッドランプ(バイキセノン)
・リアビークル・モニタリング・システム
・自動防眩ルームミラー
・運転席8Wayパワーシート
・クルーズコントロール

(webCG 竹下)

「マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車
 
「マツダ・アクセラ」に本革シートの特別仕様車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る