【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1530mm/ホイールベース=2360mm/車重=770kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブターボ・インタークーラー付(64ps/6500rpm、10.8kgm/3500rpm)/車両本体価格=127.8万円(テスト車=同じ)

スズキKeiスポーツ(4AT)【ブリーフテスト】

スズキKeiスポーツ(4AT) 2000.10.23 試乗記 ……127.8万円総合評価……★★★★

「ケイ」っていったい……

1998年10月に3ドアボディでデビューするも、「軽のスペシャルティ」とは認知されず、いつの間にか5ドアモデルに。
2000年10月12日のマイチェンで心機一転、シャコタン「Keiスポーツ」とスッキリ「Kei」で、アルトの上級車種として棲み分ける。
「横桟+メッシュ」グリルが雄々しいKeiスポーツは、内装も黒のセミバケットシートと大径タコメーターがスポーティ。
自主規制上限の64psを発生するツインカムターボ(インタークーラー付き)は、厚いトルクと穏やかなパワーカーブをもつ大人のユニット。「ドコいっちゃうの?」感皆無。
15mmダウンのサスを組んだ足まわりも良くて、路面からの突き上げの角をとり、接地感高し。運転していると、隣の人と肩が触れあわんばかり、ということをのぞけば、「ホントに軽?」
プライスタグは、127.8万円。車両本体価格だけなら、ヴィッツだってマーチだって買えちゃいます。「ケイ」っていったい……?

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1998年の軽自動車の規格改変で登場したスペシャルティ、Kei。クルマのコンセプトより、もっぱらネーミングのうまさが話題をさらった。当初3ドアだけだったが、すぐに5ドアが追加され、主流に。3ドア、NAモデルはフェードアウトした。2000年10月にマイチェンを受け、「Kei」と「Keiスポーツ」にラインを分け、アルトからの上位車種移行組の受け皿となる。パワーソースは、DOHC、SOHC、2種類のターボユニットと、ツインカムNAユニット。いずれも直列3気筒である。
(グレード概要)
Keiスポーツは、その名の通りKeiのスポーティバージョン。シングルカムターボ(60ps)搭載の「スポーツF」と、DOHCターボ(64ps)の「スポーツ」の2種類。FFのほか4WDあり。いずれもパワステ、パワーウィンドウ、キーレスエントリー、電動ドアミラーなど、装備は充実。  

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
簡潔かつ機能的なインパネまわり。革巻きステアリングホイールが浮かない全体の品質感。ステアリングコラム、グローブボックス下の、横いっぱいにわたるモノ入れはいかにも便利そう。 本革ステアリングホイール、4スピーカー、助手席下のトレイが、下位グレード「スポーツF」との差別ポイント。
(前席)……★★
フンワリとあたりが柔らかく、無闇にお尻が沈まない、座り心地のいいシート。ただ、MTモデルでのクラッチ操作を考慮したためか、座面長が短く、落ち着かない。
(後席)……★★★
スクエアな車型が奏功。後席は意外なほど広い。頭部まわりに余裕あり。足先が自然に前席の下に入ることもあって、膝前スペースもじゅうぶん。バックレストはリクライニング可能。高さ調整付きのヘッドレストが備わる。
(荷室)……★★
前後席にスペースを取られるため、トランクルームは必要最低限。幅120cm、奥行き50cm、天井までの高さは約80cm。「グランドツーリングという、オリジナルなコンセプト」(カタログ)はともかく、日常の買い物には不便あるまい。後席背もたれは分割可倒式だ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
3気筒を感じさせないスムーズなツインカムターボ。パワーの出方がプログレッシブで、ターボバンでステアリングが取られる、といったことはない。これでVVT(可変バルブタイミング)が搭載されれば、軽のターボユニットは完成!? 3500rpmを超えるとさすがにウルサイが、大抵その前にシフトアップする。なお、4段ATはロックアップ機構付き。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
165/60R15というスポーティなサイズのタイヤを履く。「軽」の軽々しさがない乗り心地。ハンドリングも、タイヤのグリップに過度に頼ったところがなく、落ち着いている。乗り心地、ハンドリングとも、車高を落とした弊害が感じられない、というより、むしろ向上した印象を得た。

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2000年10月18日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:737km
タイヤ:(前)165/60R15 77H(後)同じ(いずれもブリヂストン Potenza RE88)
オプション装備:-
テスト形態:ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態:市街地(6):山岳路(4)
走行距離:-
使用燃料:-
参考燃費:-

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る