【スペック】全長×全幅×全高=4575×1780×1740mm/ホイールベース=2800mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/2.7リッターV6DOHC24バルブ(177ps/6000rpm、24.7kgm/4000rpm)/車両本体価格=229.8万円(テスト車=同じ)

スズキ・グランドエスクード(4AT)【試乗記】

『国際的本格派の憂鬱』 2000.12.15 試乗記 スズキ・グランドエスクード(4AT)……229.8万円2000年12月12日、スズキの小型SUV「エスクード」をストレッチ、3列シートを実現した「グランドエスクード」が登場した。「クロスカントリーセダン」が開発テーマのエスクードに対し、こちらは「クロスカントリーワゴン」。デビュー2日後、千葉県幕張にて、プレス向け試乗会が開催された。

2.7リッター、3列シート

グランドエスクードの試乗を終え、スズキのエンジニアの方にお話をうかがった。
--- グランドエスクードは3列シートということで、たとえばホンダ・ストリームがライバルになるかもしれませんね
--- そうですね!
---ユーザーにとって、いまやクルマのカテゴリーなんて意味を失っていますから
--- そうですね!!
--- そう考えた場合、ストリームに対するアドバンテイジは何ですか?
--- ……本格的な4WDシステムでしょうか……
軟弱な都市生活者には、「本格的な4WDシステム」のありがたみはピンとこないが、きっとそうなのでしょう。

グランドエスクードは、エスクード5ドアモデルのホイールベースを320mm、全長を485mm延長したモデル、とはいえ、全長×全幅×全高=4575×1780×1740mmのボディサイズは、いまだ三菱パジェロよりひとまわり小さい。
「パジェロさんにもビッグホーンさんにも、7人乗りがありますから」というエンジニア氏の言葉通り、シートを3列にして、乗車定員を7名としたことが最大のウリだ。
1620kgと200kg以上重くなったウェイトを補うため、V6ユニットの排気量は、2.5リッター(160ps)から2.7リッター(177ps)に拡大された。
価格は、5ドアの2.5リッターモデルより27.0万円高い、229.8万円。

流行のあとに

スズキのクルマに乗るたびに、「いいな」と思うのが、シンプルなインテリアである。グランドエスクードも、スズキ4WD車のフラッグシップだけあって、本革巻きステアリングホイールや、シフターまわりに木目調パネルが奢られるが、造形に妙に凝ったところがないのでイヤミがない。「万人向け」というより、「謙虚なよさ」がある。
「軽ナンバーワンのスズキ」だけあって(?)、同社のクルマはシートサイズが小さめのモデルが多いが、グランドエスクードは座面長にも不満がない。ソフトだけれどコシのある、いいシートだ。この日は寒かったので、シートヒーターがありがたかった。

ミニバン的側面「シートアレンジメント」も豊富で、6:4に分割されたセカンドシートは、個別にスライドすることが可能。前後に200mmも移動することができる。
3列シート車の弱点として、荷室は小さく、奥行きは30cmほどしかないが、これはサードシートのバックレストを簡単に倒してラゲッジスペースを拡大することができるから、一家郎党7人で夜逃げ、という事態でも生じない限り、実質的な不便はあるまい。

以前、2.5リッターのエスクードに乗ったとき、「ヨンクにはもったいない」と感じたほど嬉々として回ったV6は、200ccの排気量拡大を受け、若干重くなった印象を受けた。しかし、依然としてドライブすると心地よい。

一方、ウィークポイントは、市街地での乗り心地。実際には改まっていうほどは悪くないが、しかし、トヨタRAV4をはじめ、ハリアー、マツダ・トリビュート、日産エクストレイルなど、乗用車ベース、4輪独立懸架のシャシーをもつ「街乗りヨンク(FFモデルあり)」が続々と登場するいま、ラダーフレームと後リジッドサスペンションがもたらす乗り心地は、さすがに古くさい。
シフターの後に備わった、2WD-4WD切り替え用の副変速機を指して「本格4WDの証」、とエバってみても、「カッコだけワイルドっぽければ、オッケー!」という風潮のなかでは、効果なかろう。

しかし、エスクード・シリーズは日本国内ではけっして人気車種とはいえないが、北米ではサイドキック(シボレー・トラッカー)、欧州ではビターラと名を変えて親しまれる国際派である。
「4WDっぽいのが好き!」な人たちが、本格クロカンの乗り心地に疲れ、SUVの大きさに辟易し、再びセダン、ワゴン、もしくは別形態のクルマに移っても、エスクード・シリーズは一定の人気を保っているだろう、というのは、楽観的に過ぎましょうか。

(文=web CG 青木禎之/写真=小河原 認/2000年12月14日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
ホームへ戻る