【スペック】全長×全幅×全高=4230×1690×1550mm/ホイールベース=2480mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=149.6万円(テスト車=同じ)

スズキ・エリオX(4AT)【試乗記】

『洋行ハッチ』 2001.02.06 試乗記 スズキ・エリオX(4AT)……149.6万円 「これからのスズキを象徴する斬新なデザイン」をまとった、1.5リッター級5ドアモデルのプレス向け試乗会が、神奈川県は大磯で開催された。個性的なリアビューをもつニューモデルは、果たしていかに?
差別化を図るため、フロントグリルには金属調塗装が施される。光によってさまざまに表情を変えるという。「スズキ」のエンブレムが新しくなった。

差別化を図るため、フロントグリルには金属調塗装が施される。光によってさまざまに表情を変えるという。「スズキ」のエンブレムが新しくなった。
エクステリアの「三角形」のモチーフを、インテリアでも反復した。デジタルメーターとあわせ、好みが分かれそうだ。

エクステリアの「三角形」のモチーフを、インテリアでも反復した。デジタルメーターとあわせ、好みが分かれそうだ。

名実ともに新しい

事前説明会に参加したにもかかわらず、スズキの新型小型車の名前をハッキリ思い出せなかったのである。神奈川県は大磯で開かれる試乗会へ向かう道すがら、「エリアだったか、アエリオだったか、エオリアはティッシュだし……」と考えていた。

正解は、「エリオ」であった。英語の「Aerial(空気の)」とスペイン語の「Rio(川)」からの造語で、「『広々とした空間+流れるようにスムーズな走り』を表現」(プレス資料)したそうである。そこで「風の妖精がリオグランデで泳いでいるの図」を記憶のためのキーにしようとしたが、駐車場に並んだズングリした(ようにリポーターには見える)試乗車群とは、いまひとつイメージが結びつかないのであった。

2001年1月23日に発表されたスズキの5ドアハッチ、エリオは、「ミニバンの居住性」「ステーションワゴンの使い勝手」「セダンの走行性能」の融合を狙った欲ばりなモデルである。新開発の1.5リッターオールアルミユニットを搭載。広く黒いガーニッシュを使ったハッチゲイトがチャームポイントだ。

スズキ(株)商品企画グループ小型車企画長鈴木富士往次長に、エリオの立場に関して、「カルタスの後継車にあたるのですか?」と聞くと、「いいえ、完全な新型車です」とおっしゃる。「現行のカルタス、旧名カルタスクレセントは、セダンとワゴンが残って、ハッチバックはなくなるわけですよね」「そういう意味では、ハッチバックはエリオが担当することになります」。

気合いが入ったモデルなのである。
先々代カルタスの輸出名「スイフト」は、軽自動車「Kei」に1.3リッターを乗せて顔を変えたモデルに引き継がれ、国内でカルタスとして売られるクルマは、海外では「バレーノ」と呼ばれる。まもなく欧州へ出されるエリオは、以前のカルタスの役割り「GMグループのボトムレンジ」を微塵も感じさせない、名実ともに新しいモデルとして認識されることになる、はずだ。

クランク軸をセミラダー方式で支持、フルフローティング式シリンダーヘッド、サイレントチェーンの採用など、振動、ノイズに配慮されたニューエンジン。

クランク軸をセミラダー方式で支持、フルフローティング式シリンダーヘッド、サイレントチェーンの採用など、振動、ノイズに配慮されたニューエンジン。
隅のスミまで空間を活用するエリオのトランク。床下には、深さ10cmほどの収納スペースのほか、バケツまで備わる!!

隅のスミまで空間を活用するエリオのトランク。床下には、深さ10cmほどの収納スペースのほか、バケツまで備わる!!

欧風小型車

トヨタ・カローラが採用したことでありがたみが薄れたが、それでも小型車としては贅沢なグリップタイプのドアハンドルを引いて、乗り込む。

ベージュの、ヘリンボーン調の生地を使ったシートがいかにも洒落ている。ドアトリムにも同じ素材がたっぷり使用され、インテリアの雰囲気は非常にいい。質感とはうらはらに、サイズに不満が残りがちなスズキ車にあって、エリオの椅子は適正な大きさで、控え目なサイドサポートが、そっと体を支えてくれる。
乗降性を考慮して、ヒップポイントは高めにとられる。ところが、いざシートを合わせようとすると、座面が高いぶんペダルまでの距離が伸びるうえ、ステアリングホイールの位置が手前にすぎるように感じられ、「これは膝下の長い欧州人向けだな」と足の短いリポーターは思った。ミニモニのメンバーには、ツラかろう。

エリオの1.5リッター直4ユニットは、1.3リッターのストロークを8.5mmストレッチした、78.0×78.0mmのスクエアなボア×ストロークをもつ。吸気側に可変バルブタイミング機構を備えた、よく回る快活なエンジンだ。
一方、車内はさして静かではない。
驚いたのは足まわりの硬さで、「ヨーロッパ走行テストで徹底的に磨きをかけました」と謳われるが、「ちょっと洋行かぶれなんじゃあないかい」というのが、率直な感想だ。ドライビングポジションといい、乗り心地といい、「メインマーケットはヨーロッパ」といわんばかりである。

風とともに

商品企画の鈴木さんに、再びうかがった。
「エリオのリアビューは個性的でカッコいいと思いますが、全体として、ホンダ・シビックに似ていませんか?」
「そうおっしゃる方もいます」と鈴木さん。「あれだけコンセプトが似ていますとねぇ……。もうすこし早く出せばよかった」と残念がる。

プロフェッショナルなデザイナーの目から見れば、フォルムも、ディテイルも、まるで違ったモノかもしれませんが、素人目には、「シビックの試作第3案」と言われてもわからんゾ。実車に接すると、また別の魅力があるんですけどね。

2000年4月に立ち上げられたスズキの新しい販売チャンネル「アリーナ」で、エリオは積極的に展示されるという。どれだけの消費者が、エリオを実際に見て、試乗することができるのか。その前に、名前はおぼえられるのか? 国内市場で、入魂の新型車が、風とともに去らないことを祈るばかりです。

(webCGアオキ/写真=高橋信宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/CVT)【試乗記】 2012.2.12 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/CVT)
    ……183万2250円

    「スイフトスポーツ」に追加されたCVT仕様に試乗。スポーツコンパクトに求める“ファン・トゥ・ドライブ”を感じることはできるのか?
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る