【スペック】全長×全幅×全高=4230×1690×1550mm/ホイールベース=2480mm/車重=1160kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=149.6万円(テスト車=同じ)

スズキ・エリオX(4AT)【ブリーフテスト】

スズキ・エリオX(4AT) 2001.05.22 試乗記 ……149.6万円総合評価……★★★★

モノシェイプなバックシャン

「軽ナンバーワン」のスズキが放つ5ドア普通乗用車。主戦場たるヨーロッパには、1.3/1.6リッターモデルが輸出されるが、国内向けには、VVT(可変バルブタイミング機構)を奢った1.5リッターオールアルミユニットが積まれる。
「ミニバン」「セダン」「ワゴン」を融合したという欲張りな“モノシェイプ”ボディは、黒いガーニッシュを大きく使ったハッチゲイトが魅力のバックシャン。ただし、サイドビューは、Aピラーを前に出したキャブフォワードデザインを採ることもあって、ちょっとズングリ。
グリップタイプのドアハンドルを引いて乗り込むと、三角形をモチーフにしたインパネまわりにギョッとするが、たしかに室内は広い。特にリアシートは小さなミニバンといっていい。快適。インテリアに独特のセンスの良さを見せるスズキ車らしく、トリム類の品質感は高く、居心地がいい。ヘリンボーン調の生地を使ったベージュ内装はオススメです。
走りに際立ったところはないけれど、新開発1.5リッターツインカムは快活で楽しい。トヨタ・カローラ、ホンダ・シビックといった強力ライバルひしめくなか、斬新な、しかし生活に根ざしたニューコンセプトで斬り込むその意気やよし。惜しむらくは、フロントフェイスにリアほどの個性がないことか。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「ミニバンのゆとりある居住性とセダンの走行性能、ステーションワゴンの使い勝手を融合させた」とカタログで謳われるスズキの欧州戦略車。2001年1月23日にデビューした。国内では、カルタス(旧カルタスクレセント)のハッチバックにかわるモデルとなり、「1.5リッター+4AT/5MT」が用意される。車種構成は、ベーシックな「G」、装備を奢った「X」、「X」の4WD版の3グレード。輸出モデルの排気量は、1.3と1.6リッターの2種類。2001年度の輸出台数は3万台を計画する。欧州名は、「Life In A New Age」の頭文字をとって「LIANA」(リアーナ)。まず欧州から、その後北米ほかに拡大する予定だ。
(グレード概要)
「X」は「G」の上級グレード。ルーフエンドスポイラー、ひとまわり大きなホイール、マフラーカッター、ボディ同色ドアミラー&ハンドルなどで、スポーティに装う。フロントドアの窓にはUVカットガラス、リアドア、クォーター、バックドアはスモークトガラスを使用する。運転席シートリフター、前後席アームレスト、MD/CD付きカセットステレオ(2DIN)ほか、装備充実。助手席シートアンダートレイも、Xの専用品だ。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
助手席前のパネル、メーターナセル、ステアリングホイール、センターコンソールなどに「三角のモチーフ」を反復して未来感を出したインパネまわり。テーマは“フューチャーリラックス”だそう。驚きの第一印象とはうらはらに、ミラー、空調等、ボタン、スイッチ類は少なく、操作に迷う余地はない。「X」グレード標準装備の四角く黒いMD/CD付きカセットステレオ(2DIN)の、まあシンプルなこと。ダイヤル式のボリューム調整に、ホッとするヒトも多いのでは。
(前席)……★★★★
さすがに欧州仕様だけあって、たっぷりしたサイズのシート。硬めだが厚いクッション感がいい。1550mmの車高を活かして座面を高めに設定、いわゆるアップライトな着座姿勢をとらせる。運転席には、座面の角度調整用ダイヤルが備わる(助手席はリクライニングのみ)。
(後席)……★★★★
高い天井、四角いボディ形状ゆえ、後席の居住性はすばらしい。高めの着座位置にもかかわらず、頭まわり、足もととも、スペースに不満はない。シートのかけ心地も前席同様によい。小ぶりなアームレスト(カップホルダー内蔵)が付くのはご愛敬。
(荷室)……★★★
床面最大幅130cm、奥行き80cmのラゲッジルーム。右側壁に小物入れ有り。リアシートは6:4の分割可倒式で、ダブルフォールディング可能。背もたれを倒せば奥行きは150cm程度まで延長される。さらに、床下には、深さ10cm前後、幅×奥行き=88×60cmの広さのサブトランクが用意される。バケツ付き。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
1.3リッター直4ユニットのストロークを8.5mmストレッチした1.5リッターエンジン。78.0×78.0mmのスクエアなボア×ストロークをもつ。吸気側に可変バルブタイミング機構を備え、110ps/6000rpmの最高出力と14.6kgm/4000rpmの最大トルクを発生。クランク軸受けの剛性向上、ヘッドとブロックの間にゴムを挟む「フルフローティング式シリンダーヘッドカバー」やサイレントチェーンの採用といった音・振動対策をとる。とりたてて「静粛性」に感銘を受けることはないが、車内に侵入するのは朗らかなサウンドで、不快ではない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
2001年1月31日、デビュー直後に開催されたプレス向け試乗会では、卸したてゆえか“ヨーロピアン”を謳う足まわりがやたらと硬かったが、今回のテスト車はグッとソフトに。5000km余の走行でこなれたか? 乗り心地はむしろイイ。
そもそも「地を這うようなハードなスポーツ走行はしない」コンセプトだが、ためしにカーブの続く山道でトバしてみる。と、いわゆる「アンダー(ステア)の出やすい」ハンドリングのため丁寧な運転を要求される一方、パラレルリンクを用いたコンベンショナルなストラット式リアサスはスロットル操作に素直に反応する。運転していてけっして退屈ではない。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2001年5月18日から19日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:5313km
タイヤ:(前)195/55R15 88V/(後)同じ(いずれもYokohama Advan A-460)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:357.6km
使用燃料:40.0リッター
参考燃費: 9.0km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトXS-DJE(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.1 試乗記 デュアルジェットエンジンを採用し燃費性能の向上をはかった「スズキ・スイフト」。高速道路と一般道でその性能を確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る