【スペック】Xナビパッケージ(FF/4AT):全長×全幅×全高=3395×1475×1590mm/ホイールベース=2360mm/車重=840kg/駆動方式=FF/0.66リッター直4DOHC 12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)/車両本体価格=127.5万円(テスト車=130.4万円)

スズキMRワゴン Xナビパッケージ (2WD/4AT)/ターボT(2WD/4AT)【試乗記】

「見てヨシ、乗ってヨシ」の一台 2001.12.18 試乗記 スズキMRワゴン Xナビパッケージ (FF/4AT)/ターボT(FF/4AT)……130.4万円/127.9万円2001年11月16日デビューの「MRワゴン」は、モノフォルムデザインを持つスズキの新型軽自動車。2001年12月11日から13日に行われた試乗会にて、ナビゲーション搭載の「X ナビパッケージ」と、中低速トルクに重点をおいた「Nターボ」エンジン搭載の「ターボT(2WD)」に、自動車ジャーナリスト河村康彦が試乗した。

「ワゴンR」の骨格ベース

「スズキ・MRワゴン」の“MR”とは「ひょっとしてミドシップのこと!?」と、そんな連想をしてしまったアナタは聡明だ。今から2年前、1999年の東京モーターショーに今回デビューのモデルとほとんど変わらない姿で参考出品をされていた元祖「MRワゴン」は、確かにミドシップレイアウトを採用していた。
けれども、今回市販されたモデルは、ごくごくオーソドックスなFFレイアウトを採用(ヨンクもある)。それもそのはず、多くのライバル軽自動車同様、可能な限り低価格での販売を第一としたMRワゴンは、同社のスーパーヒット作「ワゴンR」の骨格をベースに誕生したからである。

“名前だけがミドシップ”のMRワゴンは、剥きたてのゆでたまごのような、ツルンとしたワンモーションのフォルムが特徴だ。強くスラントした極端に短いボンネットは、ほとんどそのままのラインをAピラーとフロントガラスに受け継がせながら、ルーフ最上部へとスムーズに繋がって行く。ミニバンのようなフロントドアの形状とAピラー基部の三角窓は、こうしたMRワゴンならではのプロポーションを実現にするために出現したもの。ちなみに、フロントシートとステアリングホイール/ペダル類の位置関係は、「ワゴンRのそれからまったく変わっていない」という。ただし、後席レッグスペースはワゴンRより広い。しかも、ワゴンRでは実現できなかった後席スライド機構で最後端の位置を選択すれば、そこでは2リッター級セダンも真っ青なほど、余裕に溢れたレッグスペースが出現する。

しなやかで上質な乗り味

NAエンジン搭載モデルの加速感は、率直なところ物足りなさが残る。耐衝突を考えてボディ骨格が強化され、800kgを越える昨今の軽自動車には、0.66リッターの自然吸気エンジンはどうにも排気量不足である。

一方、ターボ付きモデルは、さすがにグンと力強く走ってくれる。こちらであれば、先頃合法的に認められた高速道路での100km/hクルージングも、まったく問題ないという印象だ。ただしこちらの場合、ひとたびスタートをしてしまえば「常にターボブーストのお世話になりながら走り続ける」という感が強い。カタログデータ上はともかく、このクルマでは「ホンダ・フィット」や「トヨタ・ヴィッツ」など、低燃費が売り物の小型車の実用燃費を凌ぐことは、かなり難しいだろう。
予想以上に好印象だったのは乗り心地だ。メカニズム的にはワゴンRのそれがベースという足回りを採用したというが、時には「しなやか」というフレーズすら使いたくなる“良く動くサスペンション”によって、走りだした瞬間からコツコツと不快なフィットなどより、はるかに上質な乗り味を提供してくれる。

というわけで、三菱「eKワゴン」やダイハツ「MAX」など、ニューモデルひしめく激戦区に投入されたブランニューモデル、MRワゴンは、「見てヨシ、乗ってヨシ」の一台。唯一最大の欠点は、前方に太く存在するAピラーが、実用車としては大き過ぎる死角を生み出してしまうこと。

(文=河村康彦/写真=難波ケンジ/2001年12月)



スズキMRワゴン Xナビパッケージ (2WD/4AT)/ターボT(2WD/4AT)【試乗記】の画像
1999年10月23日から11月3日にかけて開催された、第33回東京モーターショーに出品されたコンセプトモデルの「MR-WAGON」。0.66リッター直3DOHCリーンバーンエンジンをフロア下に「ミドシップレイアウト」。トランスミッションは、MTベースの自動変速機構付きが搭載されていた。

1999年10月23日から11月3日にかけて開催された、第33回東京モーターショーに出品されたコンセプトモデルの「MR-WAGON」。0.66リッター直3DOHCリーンバーンエンジンをフロア下に「ミドシップレイアウト」。トランスミッションは、MTベースの自動変速機構付きが搭載されていた。
NAモデルに搭載される、0.66リッター直4DOHC VVT12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)。

NAモデルに搭載される、0.66リッター直4DOHC VVT12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)。
【スペック】
ターボT(FF/4AT):全長×全幅×全高=3395×1475×1590mm/ホイールベース=2360mm/車重=860kg/駆動方式=FF/0.66リッター直4DOHCターボ インタークーラー付き(60ps/6000rpm、8.5kgm/3000rpm)/車両本体価格=125.0万円(テスト車=127.9万円)

【スペック】ターボT(FF/4AT):全長×全幅×全高=3395×1475×1590mm/ホイールベース=2360mm/車重=860kg/駆動方式=FF/0.66リッター直4DOHCターボ インタークーラー付き(60ps/6000rpm、8.5kgm/3000rpm)/車両本体価格=125.0万円(テスト車=127.9万円)
写真をクリックすると、シートアレンジの様子が見られます

写真をクリックすると、シートアレンジの様子が見られます


スズキMRワゴン Xナビパッケージ (2WD/4AT)/ターボT(2WD/4AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MRワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.5.7 試乗記 「久々のターボモデル復活」と、「アルトワークス」を知る世代の人々の注目を集めることとなった「アルト ターボRS」。新時代のホットハッチをロングドライブに連れ出し、その魅力を味わった。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る