【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1590mm/ホイールベース=2360mm/車重=840kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(54ps/6500rpm、6.4kgm/3500rpm)/車両本体価格=127.5万円(テスト車=132.0万円/ABS+ブレーキアシスト=2.5万円、パールイエロー=2.0万円)

スズキMRワゴン Xナビパッケージ(4AT)【試乗記】

21世紀(初頭)のワゴンR 2002.01.09 試乗記 スズキMRワゴン Xナビパッケージ(4AT)……132.0万円「マジカルリラックス」を謳うスズキのニュー軽自動車「MRワゴン」。ショーモデルそのままのワンモーションボディをまとった新しいミニミニバンは、乗るとどうなのか?  NA(自然吸気)エンジンを搭載した上級グレード車を、webCG記者がドライブした。

ミラクルリラックスカー

スズキMRワゴンは好感度の塊だ。一筆で描いたかのようなツルンとした姿が可愛らしい。「モノフォルムデザインの波、軽自動車にまで至る」というか、限られた寸法で広い室内を得るという要件は軽においてこそ切実だから、「シカクシカクの豆腐型はちょっと……」と考えるデザイナーには格好のモチーフなのだろう。全長×全幅×全高=3395×1475×1590mmの軽自動車枠に「大人4人がゆったりと快適に移動できる居住性を備えた」というのが、MRワゴンのウリである。
オリジナルモデルは、1999年の第33回東京モーターショーに、コンセプトモデルとして出展されたMRワゴンこと“ミドシップ”軽。トヨタ・エスティマのスズキ流解釈ともいえるそれは2年の歳月を経て、エンジンの位置こそワゴンRのシャシーを活用する関係上フロントに変更されたが、エクステリアはほぼショーカーのまま、2001年12月4日、市販車として登場した。今度はMRをしてミドシップではなく、「マジカルリラックス」と読ませるところがミソだ。

エンジンは、0.66リッターNA(自然吸気/54ps、6.4kgm)とターボ(60ps、8.5kgm)の2種類。いずれも、直列3気筒のツインカム“オールアルミ”ユニットである。ボンネットに小さなエアインテイクが付くのが「ターボT」。メインの自然吸気モデルは、ナビゲーションシステムを備えた「Xナビパッケージ」とオーディオ、スモークガラス、電動格納式リモコンドアミラーなどを備えた「X」、そしてベーシックグレードの「E」がラインナップされる。

師走の慌ただしい都内を、べージュのミラクルリラックスカー「Xナビパッケージ」で走った。


カワイイだけじゃない

ミニミニバンらしいやや座面の高いシートにアップライトな姿勢で座る。ボンネットからそのまま延長されたAピラーと、サイドウィンドウ前端に三角窓をカタチづくる支柱が、これまたミニミニバン。街なかをチョコマカと走るには、Aピラー、ちょっと太くて寝すぎかなァ……。
車内は、象牙色(カタログには「ベージュ」と記載される)の樹脂類とベージュトリムの組み合わせがシンプルで清潔な印象だ。メーターナセル内には、「軽初!」というオプティトロンメーターが青く淡く光る。無理を承知で言うと、このメーター、MRワゴンに用意されるもう一種類の内装色「ブルー」にはいいけれど、ベージュ内装には白の方がヨカッタかも。
ドライバーズシートは、スズキ車の常で座面は短めだけれど、クッションが厚めで座り心地はいい。じゅうぶんなヘッドクリアランスが取られた位置に曲面の天井がある。MRワゴン、クルマのなかが柔らかく広い。

左右分割式になった後部座席は、ショックアブソーバーの車体側取り付け位置を後にズラすことで、左右とも105mmのスライド量を確保した。シートを一番後にすれば、足もと広々。「ミラクルリラックス」の謳い文句はリアシートにおいても有効だ。

可変バルブタイミング機構「VVT」を備えた658cc直3DOHCは、54ps/6500rpmの最高出力と6.4kgm/3500rpmの最大トルクを発生。スムーズな4段AT(コラム式)と合わせ、過不足ない動力性能を提供する。この「K6A」型ユニットは、平成12年排出ガス規制50%以下の「優-低排出ガス」エンジンであり、また平成22年度燃費基準も達成した。
交通の流れをリードしようとひたすら全力でドライブするとさすがにエンジン音が高まる。ことさら不快な音質ではないが、絶対的には、ウルサイ。まァ、MRワゴンに乗って毎回信号グランプリを挑むヒトはいないでしょうから……。いうまでもなく「0-100km/h加速」より、「4.2mの最小回転半径」といったスペックの方が、MRワゴンにとっては重要である。

1993年に市場に投入した「ワゴンR」で、90年代の軽自動車の流れをつくった「軽ナンバーワンのスズキ」。モノ入れの豊富さ、シートアレンジの容易さ、街なかでの取り回しの良さ、MRワゴンはワゴンRからの細かい改良が重層的に重なった、同車の21世紀(初頭)型といえる。カワイイだけのクルマじゃない。

(文=webCGアオキ/写真=清水健太/2001年12月)



スズキMRワゴン Xナビパッケージ(4AT)【試乗記】の画像


スズキMRワゴン Xナビパッケージ(4AT)【試乗記】の画像
クリックすると後席が倒れるさまが前から見られます。

クリックすると後席が倒れるさまが前から見られます。


スズキMRワゴン Xナビパッケージ(4AT)【試乗記】の画像
クリックすると後席が折りたたまれるさまが見られます。

クリックすると後席が折りたたまれるさまが見られます。
以前はスプリング前方に置かれていたダンパー(黒い棒)が、MRワゴンでは後方に移された。

以前はスプリング前方に置かれていたダンパー(黒い棒)が、MRワゴンでは後方に移された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MRワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス 2015.12.24 画像・写真 スズキから新型「アルト ワークス」登場。エンジンや足まわりなどに独自のチューニングが施されており、胸のすく力強い加速性能と、キビキビとした操縦性が追及されている。15年の時を経て復活した、軽規格の高性能スポーツモデルの詳細な姿を写真で紹介する。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルトF(FF/5AT)【試乗記】 2015.2.26 試乗記 5段ロボタイズドマニュアル「5AGS」を搭載した新型「スズキ・アルト」のエントリーグレードに試乗。スズキの将来を担う、新世代プラットフォームの実力に触れた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
ホームへ戻る