【スペック】全長×全幅×全高=3575×1600×1695mm/ホイールベース=2360mm/車重=960kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(88ps/6000rpm、12.0kgm/3400rpm)/車両本体価格=134.8万円(テスト車=同じ)

スズキ・ワゴンRソリオ1.3(4AT)【試乗記】

ふたりにはウレシイ 2002.02.14 試乗記 スズキ・ワゴンRソリオ1.3(4AT)……134.8万円スズキの大ヒット作となったワゴンRに、「軽」の枠を越え、より大きな排気量のエンジンを搭載したのが「ワゴンRソリオ」。1リッターと1.3リッターの2種類がラインナップされる。アグレッシブな顔つきの「ソリオ1.3」に、webCG記者が乗った。

ちょうどいいコワさ

「人生に、インパクトを。」。のっけから「ワゴンRソリオ」のカタログにそう記載される。 うーん、たしかに街角でヌッとソリオ1.3の四角くいかつい顔が現われると、「ギョッ」とするもんなぁ。

ワゴンRソリオは、販売台数でカローラをしのぐことも珍しくないスズキの大ヒット軽「ワゴンR」をベースに、より大きな1リッターまたは1.3リッターエンジンを積んだクルマだ。1993年に登場したワゴンRは、90年代の日本の小型車にもっとも影響を与えた傑作にして軽自動車としてひとつの完成形だと思う。が、それでも「もうすこし……」と欲張るユーザーがいるわけで、4年後の97年に排気量アップ版たる「ワゴンRワイド」がリリースされた。98年にワゴンRがフルモデルチェンジを受けると翌年「ワゴンR+(プラス)」が、そして2000年11月のマイナーチェンジで名称がワゴンRソリオと変更されて現在にいたる。
車名のSOLIO(ソリオ)とは、「王座」「王権」を意味するスペイン語。にしては、デビュー当初の、小坊主の一休さんならぬイッテンサン(1.3リッター)がミニ浴衣を着た女の子の熱い視線を浴びながらホウキを握っているの雑誌広告は……オモシロカッタ。

マイチェンの目玉モデルとして登場した1.3は、サンシェードのような大きなグリルを備え、大型4灯異形ハロゲンランプが目をむく。大型の前後バンパー、サイドシル、ルーフエンドスポイラーが、いかにも猛々しい。柔和な顔つきの1リッターモデルと明確な差別化が図られた。足もとも、一まわり大きな15インチアルミホイールに55タイヤを履いて、ばっちりキメる。

国内では「軽ナンバーワン」として知られるスズキだが、実は生産量の半数強を海外で生産するグローバルカンパニーでもある。ロング&ベストセラー「アルト」は、ずいぶん前から800cc超に拡大されて、インドほかで販売・生産され、人気を博している。
ソリオ1.3の大仰なフェイスも、さてはインドや東南アジア向けの意匠なのかと思いきやさにあらず。意外や、ハンガリーはマジャール工場で生産され、ヨーロッパ各地にデリバリーされるのが唯一の海外バージョンだという。オペル版ソリオというべき「アギーラ」(ソリオをベースにオペルエンジンを搭載)に1リッターモデルの穏やかなフロントマスクが使われるから、やはり1.3はこれくらいコワい顔でちょうどいいのだろう。

セカセカしない

室内は、背が高く四角いボディを活かした小部屋的空間。前席はベンチシートを模したものだが、もちろん、助手席は個別でスライドする。クッションは柔らかく、ラクシャリー寄りの座り心地。「峠でのホールド性“命”」の若者がいれば、「横に座る彼女もしくは彼氏への密着安易性を重視」するヤングもいるのが世のならい。助手席下には、スズキコンパクト車の標準装備というべきバケツ(シートアンダーボックス)が備わるから、カップルで洗車するのもまた楽し。
シートアレンジも豊富だ。後席は背もたれが分割可倒式になっていて、荷物の量に合わせて左右どちらかもしくは両方を前に倒して荷室を拡大することが可能。一方、フロントシートのヘッドレストを抜けば、前席背もたれを後に倒してリアシート座面につなげ、いわゆるフルフラットにすることができる。またまた若いふたりにはウレシイ。

イッテンサンのエンジンは、可変バルブタイミング機構「VVT」を装備した1.3リッター水冷直4DOHC16バルブ「M13」型ユニット。88ps/6000rpmの最高出力と12.0kgm/3400rpmの最大トルクを発生するスズキ自慢のオールアルミエンジンだ。実用性と静粛性に考慮されたユニットで、街なかを普通に走るかぎり、ふたりのささやきをジャマすることはない。いざガスペダルを踏み込めば、レッドゾーンが始まる6500rpmまで軽々と回るさわやかなパワーソース。シフトプログラムは、俊敏なピックアップより燃費に配慮された、早めにギアを上げるタイプ。見かけのわりに、トロい。王者はせかせかしないものなのか。

車両本体価格は、134.8万円。ワゴンRのターボ版 「RR」と「RR-SWT」が、64psと10.8kgmで134.3万円から154.8万円だから、自然吸気のフィールが好きで、「維持費の面で特に軽でなくても……」というヒトに、ソリオ1.3はいいかもしれない。

(文=webCGアオキ/写真=須藤章一/2002年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴン&軽トールワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは? 競合車にはないソリオならではの魅力を探る。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ(FF/CVT)/ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.17 試乗記 スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」がフルモデルチェンジ。新設計のプラットフォームによる大幅な軽量化や、さらなる高効率パッケージの実現、新開発のエンジンにマイルドハイブリッドシステムの搭載など、トピック満載の新型の実力を試した。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッド:合理的で美しい 2015.11.5 自動車ニュース 第44回東京モーターショーにおいて、スズキブースの片隅に展示された青いコンパクトワゴン。一見するとただの「ソリオ バンディット」なのだが、実はこれ、スズキが独自に開発中のハイブリッドカーなのだ。いかにも“スズキらしい”その機構の特徴を解説する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
ホームへ戻る