プジョーRCZに“シックでスポーティー”な限定車

2012.06.28 自動車ニュース

プジョー、「RCZ」の限定車「ブラウンストーン」を発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは、スポーツクーペ「プジョーRCZ」に限定車「Brownstone(ブラウンストーン)」を設定し、2012年6月28日に発売した。右ハンドル・6段ATモデル30台、左ハンドル・6段MTモデル20台の限定販売となる。

今回の「RCZブラウンストーン」は、仏オートモビル・プジョー社が今年のジュネーブモーターショーで「シック&スポーティー」をコンセプトに発表したモデル。

エクステリアでは、ダークブラウンのボディーカラー「ビスタ−」をRCZとして初めて採用。ボンネットからリアエンドまで続くスペシャルステッカーを装着するほか、19インチアロイホイール「Solstice(ソルスティス)」とブレーキキャリパー、フロントグリルがブラックで統一されている。

インテリアには、ブラウンのナッパレザーとベージュのアルカンタラを組み合わせた専用ハーフレザーシートを採用。リアシートも同様に、ブラウンのナッパレザー(ヘッドレストとサイドサポート)とアルカンタラ(シートバックと座面)の組み合わせとなる。さらに、センターアームレスト、ドアアームレストもブラウンのナッパレザーがコーディネートされる。そのほか、メタルリング付きの革巻きスポーツステアリングホイールも標準で備わる。

価格は、ベース車から据え置かれ、右ハンドル・6AT車が399万円。左ハンドル・6MT車は423万円。

(webCG)

「プジョーRCZブラウンストーン」
「プジョーRCZブラウンストーン」

プジョーRCZに“シックでスポーティー”な限定車の画像

プジョーRCZに“シックでスポーティー”な限定車の画像

プジョーRCZに“シックでスポーティー”な限定車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.7.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る