【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1580mm/ホイールベース=2360mm/車重=860kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブターボ インタークーラー付き(64ps/6500rpm、10.8kgm/3500rpm)/車両本体価格=134.0万円(テスト車=同じ)

スズキ・MRワゴン スポーツ(4AT)【試乗記】

カワイすぎず、カワイくなさすぎず 2002.06.22 試乗記 スズキMRワゴン スポーツ(4AT)……134.0万円モノフォルムのマイクロミニバン、スズキ「MRワゴン」に、ターボエンジンと10mmローダウンサスペンションを搭載したトップグレード「スポーツ」が追加された。山梨県は河口湖で開催された、試乗会でのチョイ乗り報告。

「オトコノコ」っぽい

ツルンとした卵形デザインがカワイイ「MRワゴン」。20代〜30代の既婚女性をメインターゲットとするマイクロミニバンは、約7000〜8000台/月を売り上げる人気ぶり。日産にOEM供給される「MOCO」が、約5000台/月だというから、合計すると1万台超! 売れてます。
そのMRワゴンに、ターボエンジンと10mmローダウンサスペンションを搭載したトップグレード、その名も「スポーツ」が追加された。今までも、中低速トルク重視の「Mターボ」エンジンを搭載する「ターボT」があった。しかし今回追加されたスポーツには、スズキ軽自動車のなかで最もホットなモデル「ワゴンR RR」と同じエンジンを積む。ターボTの60ps/6000rpmと8.5kgm/3000rpmというアウトプットに対し、ニューモデルは64ps/6500rpmと10.8kgm/3500rpm。4psと2.3kgmの差は、NAとMターボのパワー差、6psと2.1kgmにせまる数値だ。

もちろん基本的なカタチは変わらないが、10mm低い車高、チンスポイラーと大きめなメッシュのインテイクを備えたスポーツバンパー、アイシャドウのような縁取り入りのディスチャージヘッドランプで、「オトコノコ」ぽい顔つきになった。さらにサイドアンダースポイラーとリアスポーツバンパー、マフラーカッターでスポーティを演出。タイヤは標準より1インチアップされた、155/55R14インチ。ブリヂストンのハイグリップタイヤ「ポテンザ」を履くのは、ちょっと生意気!? スポーク型のアルミホイールで、足元もバッチリきめた。

パンプスからスニーカー

10mmローダウンされたが、絶対的な視点が高い。アップライトなシートポジション。シート形状は、変わらない。リアシートの105mmスライド機構、分割可倒などは従来通り行える。スポーツになっても大人4人がゆったり座れる、「マジカルリラックス」は健在だ。
明るい色使いの従来モデルと較べると、黒を基調にシルバーアクセントをつけたインテリアは、グッと落ちついた印象。センターパネルの丸いスイッチ類やシート生地のチェック模様が、カジュアルな楽しさもかもしだす。
従来モデルの、「軽自動車初」を謳ったオプティトロンメーターに変わり、文字盤が光る発光メーターを採用。“MRワゴン初”のタコメーターが備わった。キーをひねると、まず盤面、続いて赤いニードルが光り、1度右いっぱいに振れてから、左のスタート位置に戻る。過剰な演出が、カワオカシイ。また、通常は走行距離が表示される液晶パネルに「HELLO」、エンジンを切ると「SEE YOU」と表示される。愛想の良さも、そのままだ。

雨が降るなか、富士五湖のひとつ西湖を目指して走る。ターボTの上級スポーツ版ということで、「高回転型モデルか?」と思ったら、3500rpmで最大トルクを発生する特性のおかげか、まわさなくても一般道の流れに乗るのに充分。一方、2人乗車+撮影機材を積んだ状態でも、アクセルをベタ踏みするとけっこう速い。ビィーンとさすがにエンジン音は高まるが、レーンチェンジや合流で緊張しないですむ。
ローダウンされた専用サスペンションと14インチのアシをもつスポーツだが、適度に締められた程度なので、乗り心地の良さが損なわれていない。コーナーではロールが抑えられ、安心してコーナリングできるのに加え、ポテンザの踏ん張りも利いている。パンプス(履いたことありませんが)から、スニーカーに履き替えるとこんな感じ? 電動パワステに変更はないが、タイヤの踏ん張りが利くせいか、それともサスペンションのセッティングによるのか、センター付近のスカスカが減少しステアリングフィールが良くなった、と感じた。

写真をクリックすると、シートが倒れるさまが見られます。



フクザツな女性心理

試乗会場で、ラインナップに「スポーツ」を追加した理由をエンジニアの方にうかがうと、「タコメーターの搭載やスポーティな外観の要望が、お客様からありました」とおっしゃる。しかも、MRワゴンのメインターゲットである女性からの声だというから、最近の女性はカワイイだけじゃダメらしい。

リポーターは“スポーツ”という名のニューモデルが、硬い乗り心地のスポーツモデルになっているんじゃないか、と心配していた。しかし乗ってみると、乗り心地や広々感という美点はそのまま。加えてパワーユニットに余裕があり、街乗りから高速走行をラクにこなす。
「スポーツという名前がついていますが、スポーツ走行と直結するわけではありません。“最上級”という意味も込められています」との説明も、まあ納得。そのコトバの裏に、「カワイイだけじゃダメだけど、カワイくなさすぎるのもダメ」という微妙さを求める、フクザツな女性心理を垣間見た、というのは、いいすぎでしょうか〜。

(文=webCGオオサワ/写真=難波ケンジ/2002年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MRワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る