【スペック】全長×全幅×全高=4170×1730×1620mm/ホイールベース=2580mm/車重1300kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(138ps/5500rpm、19.2kgm/3750rpm)/車両本体価格=249.0万円(テスト車=同じ)

ルノー・セニックRXE(4AT)【試乗記】

『学習するは我にあり』 2000.10.07 試乗記 ルノー・セニックRXE(4AT)……249.0万円1996年9月にデビュー。97年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝き、同年9月から日本への導入が始まったメガーヌベースのミニバン。独立した、2列、5つのシートをもつ。フランス北部は「ジョルジュ・ベッス・ド・ドゥエ工場」でつくられ、1日あたりの生産台数は、96年9月の300台から、2000年1月には1800台にまで拡大。「コンパクト&ミディアム」クラスのモノボリュームとして、ヨーロッパ全体で65.0%、フランス国内では実に79.5%のシェアを占める。1984年に登場したアバンギャルドな先輩、ルノー・エスパス同様、ヨーロッパで、ニューカテゴリーの牽引役を果たす。

ヒミツの扉

2000年9月9日から日本での販売が開始されたモデルは、可変バルブタイミング機構付き2リッターDOHC16バルブユニット(138ps、19.2kgm)搭載のビッグマイナー版。従来の2リッターシングルカムより、23psと2.4kgmの出力増大。ベロアシートのRXE(249.0万円)とレザーを奢ったRXT(269.0万円)の2グレードが用意される。

ターンシグナルライトを内蔵したツインヘッドライトとプレスラインの入ったボンネットで、顔つきキリリ。リアコンビライトの意匠が変更され、また、リアゲイトが、ガラスハッチだけの開閉が可能になったことも新しい。花束の収納もよりスマートに(カタログ写真より)。

内装では、ヘッドライトレベライザー、リアパワーウィンドウなどのスイッチが運転席正面右下のダッシュボードに集められたほか、センターコンソール下部にエアコンの冷気を導入するクーラーボックスを設置した。セニックに小物入れが多いのは驚くばかりで、リアシート足もと、リアシート下ほか、助手席側ダッシュボード上部、運転席下収納トレイが新設された。探せば見つかるヒミツの扉。

学習が足りない?

定評あるシートの良さはそのままに、革巻きとなったステアリングホイールを握って走り出せば、力強いエンジン、運転そのものが楽しいシュアなステアリング、しなやかかつストローク感ある足まわりと、圧倒的多数の美点が挙がるが、だがしかし、スケジュールの悪いATトランスミッションがブチ壊す。
スロットル開度への依存が高いためか、ペダルを踏む力を緩めるとたちまちシフトダウン、踏む量を増やすと加速もそこそこに高いギアへと移ってしまう。
ルノーフリークの方から、「マニュアル同様に操作すると、キビキビ走れます」とのアドバイスをいただいたが、そういうヒトはオートマを買わないと思います。

とはいえ、セニックのATは、9つのシフトパターンからドライビングスタイルに合ったものを選ぶ学習機能付きだから、プレス向け試乗会の「ちょい乗り」では学習が足りないのかも。ここで断を下すことはできない。「ブリーフテスト」を、乞うご期待。

「自由・平等・博愛」の御旗をかかげる国だけに、リアシートの住人も、コマンダーたる運転手と同等のシートおよび空間が与えられる。背もたれを倒してテーブルにすることはもちろん、ダブルフォールデイングや、特別な工具なくシートそのものを取り外すことが可能だ。ただし決して軽くはないから、ギックリ腰にはご用心。

(web CG アオキ/写真=小河原 認)

ロベルト・パロタ氏。
1954年8月5日生まれのイタリア人。1979年にルノーに入社。ルノー・イタリア広報部に配属される。その後、ルノー・ベルギー、ルノー本社のトゥインゴおよびクリオ(邦名ルーテシア)担当販売プロジェクトマネジャーなどを経て、2000年5月にルノー・ジャポン取締役社長となる。妻と2人の子供がいる。

【特別付録】5年で5倍に

2000年5月にルノージャポン取締役社長に就任したロベルト・パロタさんに話をうかがった。

web CG  日本ではルノー車の認知度が低いのですが、今後どうしますか?
パロタ 2つの方法を取ります。広報、ジャーナリストのヒトを通して、もっと製品を知ってもらうこと。そして、販売ネットワークを強化することです。
web CG  日産との提携のことですか?
パロタ 日産のネットワークはすばらしい。ルノー独自でもネットワークを構築して、存在感を高めたいと思います。
web CG  他社の製品に対するルノー車のアドバンテイジはなんですか?
パロタ 「デザイン」と「スポーティ」です。この場合のスポーティとは、「運転するよろこび」といった意味合いです。
web CG 販売拡大のための具体的な方策を教えてください。
パロタ 実はまだスタート時点なので、どのようにブランド名を高め、どのモデルが日本に合うのかを把握していません。とはいえ、2005年までには1万5000台を日本で売りたいと考えております。

「強気ですね」と笑うと、「自動車業界は複雑怪奇ですが、ルノーはずっと日本で活動していきます」と、パロタさんは、穏やかに、しかし真剣に応えた。

(収録:2000年9月6日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セニックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・グラン セニック(4AT)【試乗記】 2005.9.14 試乗記 ルノー・グラン セニック(4AT)
    ……279万8250円

    ルノーの3列7人乗りマルチパーパスビークル「グラン セニック」。欧州でバカンスを楽しむ際、1000kmを走っても“楽しい”と謳われるニューモデルに試乗した。


  • ジュネーブショー2016の会場から(その19) 2016.3.8 画像・写真 ルノーは第86回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2016年3月1日~3月13日)で、新型「セニック」や「メガーヌ エステートGT」を発表した。同社のブースの様子を画像で紹介する。
  • プジョーの7人乗りSUV「5008」 今秋日本導入へ 2017.4.10 自動車ニュース プジョーが3列7人乗りのミドルサイズSUVである、新型「5008」を日本に導入すると発表した。ラインナップはガソリン車の「アリュール」とディーゼル車の「GT BlueHDi」の2種類で、導入時期は2017年秋とされている。
  • ルノー、新型セニックを公開【ジュネーブショー2016】 2016.2.23 自動車ニュース 仏ルノーは2016年2月23日、新型「セニック」の姿を明らかにした。実車は3月1日に開幕する第86回ジュネーブショーで公開される予定。新型は1996年にデビューした初代から数えて4代目に当たる。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る