ルノー・トゥインゴ クイックシフト5(5MT)【試乗記】

『オートマと選ぶところがない』 2001.07.28 試乗記 ルノー・トゥインゴ クイックシフト5(5MT-ATモード付き)……149.0万円「トゥインゴはカワイイけれど、オートマがないからァ……」と思っていたアナタに朗報! 2001年7月24日、オートマチックモードを持つ5段MTモデル「トゥインゴ クイックシフト5」が日本に導入された。2ペダル車にして、シフトレバーを操作しないでもドライブ可能。その気になれば、シーケンシャルにギアを変えることもできちゃいます。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告!!


ルノー・トゥインゴ クイックシフト5(5MT)【試乗記】の画像
写真左下は、助手席側エアバッグのOFFスイッチ。
【スペック】
全長×全幅×全高=3425×1630×1435mm/ホイールベース=2345mm/車重=880kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブ(58ps/5250rpm、9.3kgm/2500rpm)/車両本体価格=149.0万円(テスト車=同じ

写真左下は、助手席側エアバッグのOFFスイッチ。【スペック】全長×全幅×全高=3425×1630×1435mm/ホイールベース=2345mm/車重=880kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4SOHC8バルブ(58ps/5250rpm、9.3kgm/2500rpm)/車両本体価格=149.0万円(テスト車=同じ

■本当のオートマを得た

このクルマに乗るのは5年ぶり、ぐらいでしょうか。サッサと結論すると、プレスリリースでのいいぶんを素直に受け入れることができる程度によくなっていた。ブランクが長かったせいでよけいにそう感じられたのかもしれない。
これまで私は、トゥインゴはルノー車としては二軍レベルだと考えていた。けれども最新型を試したいまは一軍半、あるいは準一軍ぐらいに認識を改めたいと思うようになっている。変速が全面的に自動化された「トゥインゴ クイックシフト5」は、安価で“イージー・トゥ・ドライブ”な小型車をほしいと考えている人すべてに躊躇なく推薦することのできる1台だ。まあメデタい。トゥインゴは、今回はじめて本当のオートマを得た。

以前とくらべてずいぶん静かになった。路面の細かい凹凸のアタリの処理も上手くなったような。簡単にいって、ライトバンみたいだった乗りアジがちゃんと乗用車レベルになっていた。あと内装の充実度も。運転席および助手席の形状が普通のルノーのモノになっていて(だいぶ前からそうだったけど)、快適さの向上に関してはそれも大きい。後頭部をくっつけると思わず顔がほころぶヘッドレスト。
同じくだいぶ前からそうなっている部分として、ラクチンなパワステ。やかましくないSOHCエンジン。ミョーに上下に分厚いダッシュボードは、最初の頃こそ違和感が強かったけれど、昨今はもっとあからさまにブワンと肥大して乗りにくいのが溢れかえっているせいか、今回まったく気にならなかった。細かい話だが、助手席エアバッグの装着により分割線が増えて視覚上の印象が少し変わったことも効いているのではないか。



ルノー・トゥインゴ クイックシフト5(5MT)【試乗記】の画像


ルノー・トゥインゴ クイックシフト5(5MT)【試乗記】の画像
クイックシフト5のボディカラーは、 向かって左から「スリーズ・レッド」「ビブラート・ブルー」「ヴェルティゴ・グリーン」「ボレアル・シルバー」「マルゴ・レッド」。

クイックシフト5のボディカラーは、 向かって左から「スリーズ・レッド」「ビブラート・ブルー」「ヴェルティゴ・グリーン」「ボレアル・シルバー」「マルゴ・レッド」。

■エスプリの効いたリフレッシュ

最新型のメダマである完全自動変速機構は「オッケー」のレベル。普通のMT車におけるクラッチの断続と歯車選択をロボットが人間のかわりに操作するようなカタチのシステムだから、「トルコン+遊星歯車列」のいわゆるオートマとまったくいっしょではないけれど(ある段から別の段へ変わる際の谷間が多少もどかしかったりするので)、すくなくとも運転作業の煩雑さに関してはいわゆるオートマと何ら選ぶところがない。それに、たとえば燃費あたりは普通のオートマより間違いなくいいはずだ。

クラッチ操作のみ自動化の「トゥインゴ イージー」と違って、シフトアップ/シフトダウンのたびにギアレバーをイジる必要はないし(いじる必要があることじたいは別にオッケーなのだけどクラッチペダルがないと運転のテンポが狂いがち)、従来ヘタクソだった発進のマナーは、これまた大幅にスムーズになっていた。非常に、メデタい。

あと、メカニズム云々とは関係ないけれど、内外装のカラースキームを定期的に全面入れ替えしているところも評価できる。でまた、その色づかいが毎回けっこういいセンス。あえて陳腐ないいかたをすれば、非常にエスプリの効いたリフレッシュ方法だと思う。意味のない“フルモデルチェンジ”よりよほど良心的だ。

(文=森 慶太/写真=郡大二郎/2001年7月)

関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.25 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール」の中でも、“最高峰モデル”とされる「トロフィー」に試乗。専用チューンのエンジンや足まわりを吟味しつつワインディングロードを走らせてみると、ルノースポールならではの職人技が見えてきた。
ホームへ戻る