マツダ、「アクセラ」を一部改良

2012.06.28 自動車ニュース

マツダ、「アクセラ」を一部改良

マツダは2012年6月28日、「アクセラ」を一部改良して発売した。

今回の商品改良では、2リッター直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車の燃費を、燃料制御プログラムを見直して向上させた。これにより、5ドアハッチバックの「アクセラスポーツ20C-SKYACTIV」および「20S-SKYACTIV」の15インチタイヤ装着車は、17.4km/リッターの燃費(JC08モード)を実現。エコカー減税により、自動車取得税と重量税が75%減税となる。

また、2.3リッター直噴ターボエンジンを搭載する「マツダスピードアクセラ」は、新たにアルミホイールとリアバンパー下部をガンメタリック色で塗装し、「シャークフィンアンテナ」を採用するなど、スポーティーさを増したデザインとした。

車両価格はアクセラセダンが166万円から210万円まで。アクセラスポーツが166万円から215万円まで。マツダスピードアクセラが270万円。

<一部改良の概要>
■「SKYACTIV-G 2.0」搭載車の燃費性能を向上
●セダン ※カッコ内の数字はタイヤ径
20C-SKYACTIV(15)……17.8km/リッター 50%減税
20E-SKYACTIV(15)……17.8km/リッター 50%減税
20E-SKYACTIV(16)……16.4km/リッター 50%減税
●スポーツ
20C-SKYACTIV(15)……17.4km/リッター 75%減税
20S-SKYACTIV(15)……17.4km/リッター 75%減税
20S-SKYACTIV(16/17)……16.4km/リッター 50%減税


■15インチタイヤの設定モデルを拡大
・「20C-SKYACTIV」は、オプション設定のアルミホイールを16インチから15インチに変更
・「セダン20E-SKYACTIV」と「スポーツ20S-SKYACTIV」は、15インチアルミホイールと他のオプション装備を組み合わせた選択肢を拡大

■内外装の変更
・アルミホイールのセンターキャップの色をシルバーから黒へ
・1.5リッターエンジン搭載車の本革巻きシフトノブを「SKYACTIV-G 2.0」搭載車と同じデザインへ

■「マツダスピードアクセラ」の内外装を変更
・「シャークフィンアンテナ」の採用
・18インチアルミホイールとリアバンパー下部をガンメタリックに塗装
・ドアミラーと大型リアルーフスポイラーの下段部を黒に変更

(webCG 竹下)

マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV
マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV
マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV
マツダ・アクセラスポーツ20S-SKYACTIV
マツダスピードアクセラ
マツダスピードアクセラ
マツダスピードアクセラ
マツダスピードアクセラ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「マツダ・アクセラ」発表会の会場から 2013.10.9 画像・写真 マツダが新型「アクセラ」を発表。会場の様子を写真で紹介する。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る