【スペック】全長×全幅×全高=4940×1860×1455mm/ホイールベース=2910mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/3.9リッターV8DOHC32バルブ(256ps/6100rpm、36.9kgm/4300rpm)/車両本体価格=498.0万円(テスト車=498.0万円)

リンカーンLS3.9V8(5AT)【ブリーフテスト】

リンカーンLS 3.9V8(5AT) 2001.01.10 試乗記 ……498.0万円 総合評価……★★★

アメリカ版マークII

アメリカ人が考える「ちょっとヨーロッパ風」な4ドアセダン。日本ではあまり見かけないが、アメリカでは大ベストセラー。
たしかに、見かけはアメリカ人(日本人やもちろんヨーロッパ人ではなく)がヨーロッパを感じるようなカタチをしているが、いざ乗り込むと、ダッシュボードの各種スイッチ類からして完全なアメリカンテイスト。乗り味も、かつてのアメリカ車を思い出させるフワフワした柔らかいものだ。この点、ライバルのキャディラックは従来の「アメ車」の走りから決別した。もっと引き締まっている。
あくまでアメリカ国内に顔を向けたリンカーンLSは、日本人には非常にわかりにくい。ヨーロッパ風を気取ってはいるが、内実は土着的という点で、アメリカ版のトヨタ・マークIIみたいなものか。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1998年のニューヨークショーでデビューした、リンカーンブランドのドライバーズセダン。同じフォードグループのジャガーSタイプと、基本的なプラットフォームを共用する。日本には、3リッターV6、3.9リッターV8の2モデルが導入された。いずれも革内装の、ラグジュアリーな仕様である。トランスミッションは5ATのみ。
(グレード概要)
3.9V8は、リンカ?ンLSの上級モデル。エンジン排気量のほか、装備面では、運転席、ステアリングホイールにメモリー機能が付き、また降車時にステアリングホイールが跳ね上がり、シートが下がる、「イージーエントリー&イグジットシステム」が搭載される。革とウッドのコンビステアリングホイール、グローブボックス内蔵に6連奏CDチェンジャーが標準装備されることなどが、V6モデルとの違い。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
スイッチやレバー類の配置が散漫な印象を受ける。日本で使う場合の重要度や頻度がキチンと反映されていない。たとえば、ハザードスイッチは、日本とアメリカではその使われ方が大きく異なる(日本の方がよく使う)。リンカーンLSではいまだに使いにくいハンドルポスト上にハザードスイッチがあるが、ライバルのキャディラックは、ダッシュボードに移し変えた。日本仕様の作り込みの差だ。
(前席)……★★
Aピラーの傾斜が強く、頭をブツけてしまった。全長4.9m、全幅1.9mとボディは小さくないのに、車内は思いのほか狭い。着座位置が低く、乗り込みにくいが、一度座ってしまえば、大ぶりなシートがラグジュアリー。
(後席)……★★★
座面が大きく落ち込む。従って、前席の背面が大きく目の前に立ちはだかって、閉所感が強い。低く座ることになるから、天井との空間は十分確保されるが……。
(荷室)……★★
天地が薄いトランクルームは、奥に行くに従ってどんどん薄くなる変わった形状。開口部も広くないから、大きなものを積むのは難しい。トランク内のレバーを引くと、リアシートの背もたれが左右分割して倒れるのは便利。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
3.9リッターV8は、排気量のわりに(?)軽快によく回る。3000rpmを超えてから、大いにパワーが盛り上がる。セルシオの4.3リッターやBMWの4.4リッターといった最近のV8よりキャラクターがある。加速していて、気持ちがいい。
しかし、エンジンの好印象をトランスミッションが台無しに。マニュアルモード付き5段ATは、変速のショックが大きく、スムーズさに欠ける。3速と4速のギア比が隔たりすぎるのも欠点。使いにくい。4速をすこし落とした方がいいのでは? 全体に、古くさい印象。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
乗り心地はダンピング不足、といえるほど柔らかい。段差を乗り越えたり凸凹の路面を走ると、ホイールがドタバタと上下するのが車内に伝わる。かつてのアメリカ車の乗り心地。あの味を懐かしみたい人にはいいだろう。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者: 金子浩久
テスト日: 2000年12月4日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式 :1999年型
テスト車の走行距離 :1万6659.7km
タイヤ :(前)215/60R16 94V/(後)同じ(いずれもFirestone Firehawk LH)
オプション装備 :--
テスト形態 :ロードインプレッション
走行状態 :市街地(2):高速道路(7):山岳路(1)
テスト距離 :302.8km
使用燃料 :42.5リッター
参考燃費 :7.1km/リッター


関連記事
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(後編) 2017.5.25 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
  • MINIジョンクーパーワークスGP(FF/6MT)【試乗記】 2013.5.10 試乗記 MINIファミリーきっての武闘派モデル「MINIジョンクーパーワークスGP」に試乗。200台限定の、スポーツカーに比肩するハードコアな走りを堪能した。
ホームへ戻る