【スペック】全長×全幅×全高=4390×1810×1770mm/ホイールベース=2555mm/車重=1580kg/駆動方式=4WD/2.5リッターV6DOHC24バルブ(177ps/6250rpm、24.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=335.0万円(テスト車=同じ)

ランドローバー・フリーランダー5ドアES(5AT)【試乗記】

『歩留まりよく使えるヒトに』 2001.03.27 試乗記 ランドローバー・フリーランダー5ドアES(5AT)……335.0万円ベイビィランドローバーことフリーランダー。小柄なボディから「街乗りヨンク」かと思いきや、さにあらず。老舗ヘヴィーデューティメーカーの“入門用”モデルに、下野康史が乗った。


岩場もガレ場も

1997年の本国デビューから3年半、やっとATモデルが出て日本に上陸したカジュアルランドローバー。カタチはホンダCR-Vに似ていても、オープンバックの軽快な3ドアモデルがあっても、背筋の正しさはランドローバーそのもの。

CR-VやトヨタRAV4のような2WDモデルの品ぞろえはなし。悪路踏破性能の追求もマジ。昨秋、フランスで開かれた国際試乗会では、イヤってほど岩場やガレ場を走らせたあと、「RAV4やCR-Vにあそこが走れると思うか」と、開発者の質問攻めにあう。同じところを走ったわけじゃないから、わからないと正直に答えたが、彼ら曰く、フリーランダーはあくまで「入門用ランドローバー」だそうだ。

シフター手前の黄色いスイッチが、急勾配の下り坂で使う「HDC(ヒル・ディセント・コントロール)」のスイッチ。ギアがロウに入った状態で押すと、HDCが作動し、ABSを自動で効かせて速度を6km/h程度に抑えたまま、坂を下ってくれる。

ナンチャッテ四駆を見下ろす

そのかわり、オンロードでの乗用車的洗練は、国産ライトクロカンには及ばない。2.5リッターV6は、5段ATも含めてローバー75と共通だが、遮音/防振対策は75ほど徹底せず、音も振動もガソリンの6気筒エンジンとしては大きめ。とくにアイドリングでの電動ファンの音は聞こえすぎ。
だから、フルタイム4WDをすこしでも歩留まりよく活用できる人に向く。いわば“自動坂下り装置”のHDC(ヒル・ディセント・コントロール)も、宝の持ち腐れにしておくには惜しい。
周囲をヘイゲイする伝統のコマンドポジションから、国産ナンチャッテ四駆を見下ろすカイカン。高めの価格もちょうどよい。

(文=下野康史/撮影=岡倉禎志/2001年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る