【スペック】全長×全幅×全高=4565×1720×1375mm/ホイールベース=2690mm/車重=1420kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブスーパーチャージャー(163ps/5300rpm、23.4kgm/2500?4800rpm)/車両本体価格=535.0万円(テスト車=564.0万円)

メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】

メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT) 2000.09.24 試乗記 ……564.0万円 総合評価……★★★★

「後付け」キャラクター

力強い発進。3500rpmを超え、回転計の針が右半分に移ると、しかし籠もった冴えない音を発しながら、CLK200コンプレッサーは素晴らしい加速をみせる。ターボ車の、浮遊感伴う「ワープ」とは一味違う、地に足のついた(って、ターボ車だって地に足ついとりますが)リアルな増速感。
2リッター直4はスーパーチャージャーを得て、27psと4kgmアップの163psと23.4kgmを発生。クランクシャフトから直接動力を取り出す過給器は、中低回転域でのトルク増のため。実際、わずか2500rpmで最大トルクを発生するが、街なかの加減速では「ボーボー」ウルサイ。むしろ高速巡航時にこそ頼もしい。
洒落た外観にはともかく、重厚な乗り味にはよく合った「伝統の」一品。価格上昇が5.0万円に納まったのも、「後付け」ゆえか。
スリーポインテッドスターの2リッタークーペは、V6モデルより195.0万円(!)安いだけではない、新たなキャラクターを獲得した。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1997年のデトロイトショーで姿を現わしたCクラスベースの2ドアクーペ。翌年、カブリオレが追加。2リッター、同スーパーチャージャー、2.3リッタースーパーチャージャー、いずれも直4。3.2リッターV6、4.3リッターと5.4リッターV8と豊富なエンジンラインナップを誇る。日本には、クーペが2リッター、3.2リッターV6、オープンは後者のみが輸入され、2000年には、2リッターがNAからスーパーチャージャー付きに変えられた。
(グレード概要)
CLK200コンプレッサーアバンギャルドは、従来の2リッターNAにかわり、2000年8月25日から導入されたスーパーチャージャー付きモデル。CLKには、当初より南欧諸国向けに過給器付き2リッターエンジン(192ps、27.5kgm)をラインナップしていたが、新たに導入されたのは、ニューCクラスに搭載される163ps版。5段ATが組み合わされる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
グレーとダーククレーの2トーンカラーのオプション本革内装に色を合わせた、瀟洒なインパネ回り。オーソドクスだが、使い手を迷わせない。ディスプレイへの視線移動が大きいのが減点ポイント。
(前席)……★★★★
大仰なサイドサポートを生やしたりはしないが、微妙に左右を高くした座面形状とバックレストでドライバーを拘束する。クルマのキャラクターをキッチリ反映したシート。スチール製シェルをプラスチックのリーフスプリングを介してフレームに固定、クッションは多素材の階層式と、カネかかってます。
(後席)……★★
前席背もたれ側面にあるレバーを操作すると、自動的にフロントシートが前方に移動、後席への乗り降りを容易にする「イージーエントリーシステム」装備。ただし、後席の住人は頭が天井につかえ、長時間は座れないため、別名「イージーゲットオフシステム」(ウソ)。
(荷室)……★★★
奥行き105cm、床面最大幅125cmと、数値的にはなかなかだが、マルチリンクサスの出っ張りが大きいのが欠点。ヒンジ横のレバーを引くと、後席バックレストを倒すことができる。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
2つの繭型ローターをかみ合わせて回すことでエアを充填するルーツ式スーパーチャージャー装着。ワクワクするスペックとラグのない過給が魅力だが、CLKのエンジンノートは、「ボー」と冴えない籠もり音。ストップ&ゴーの多い都会では耳につく。しかし、ひとたび高速道路にのれば、リアルな力強い加速を約束してくれる。5段ATは、スムーズなシフト。よく合ったギア比。文句なし。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
205/55R16というスポーティなサイズのタイヤのせいもあってか、微速時のステアリングは重め。乗り心地は、スタイリッシュな外観とはうらはらに重厚。正確なステアリング、高い接地感、しかし軽快にノーズの向きを変える、といった類のハンドリングではない。細かい「曲がり」では、切り返し時のロールの戻りが遅く、ノソッとした印象を受ける。

(写真=五條伴好)

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日: 2000年9月6日
テスト車の形態 :広報車
テスト車の年式 :2000年型
テスト車の走行距離 :694km
タイヤ :(前)205/55R16 91H/(後)同じ(いずれもGoodyear Eagle NCT5)
オプション装備 :本革シート+フロントシートヒーター(29.0万円)
テスト形態 :ロードインプレッション
走行状態 :高速道路(6):市街地(3):山岳路(1)
走行距離 :323.9km
使用燃料 :43.0リッター
参考燃費 :7.5km/リッター




メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像


メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像


メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像


メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像


メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • デトロイトショー2016(その2) 2016.1.15 画像・写真 メルセデスの新型オープン2シーター「SLC」の姿を写真で紹介する。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る