【スペック】全長×全幅×全高=4565×1720×1375mm/ホイールベース=2690mm/車重=1420kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブスーパーチャージャー(163ps/5300rpm、23.4kgm/2500?4800rpm)/車両本体価格=535.0万円(テスト車=564.0万円)

メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】

メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT) 2000.09.24 試乗記 ……564.0万円 総合評価……★★★★

「後付け」キャラクター

力強い発進。3500rpmを超え、回転計の針が右半分に移ると、しかし籠もった冴えない音を発しながら、CLK200コンプレッサーは素晴らしい加速をみせる。ターボ車の、浮遊感伴う「ワープ」とは一味違う、地に足のついた(って、ターボ車だって地に足ついとりますが)リアルな増速感。
2リッター直4はスーパーチャージャーを得て、27psと4kgmアップの163psと23.4kgmを発生。クランクシャフトから直接動力を取り出す過給器は、中低回転域でのトルク増のため。実際、わずか2500rpmで最大トルクを発生するが、街なかの加減速では「ボーボー」ウルサイ。むしろ高速巡航時にこそ頼もしい。
洒落た外観にはともかく、重厚な乗り味にはよく合った「伝統の」一品。価格上昇が5.0万円に納まったのも、「後付け」ゆえか。
スリーポインテッドスターの2リッタークーペは、V6モデルより195.0万円(!)安いだけではない、新たなキャラクターを獲得した。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1997年のデトロイトショーで姿を現わしたCクラスベースの2ドアクーペ。翌年、カブリオレが追加。2リッター、同スーパーチャージャー、2.3リッタースーパーチャージャー、いずれも直4。3.2リッターV6、4.3リッターと5.4リッターV8と豊富なエンジンラインナップを誇る。日本には、クーペが2リッター、3.2リッターV6、オープンは後者のみが輸入され、2000年には、2リッターがNAからスーパーチャージャー付きに変えられた。
(グレード概要)
CLK200コンプレッサーアバンギャルドは、従来の2リッターNAにかわり、2000年8月25日から導入されたスーパーチャージャー付きモデル。CLKには、当初より南欧諸国向けに過給器付き2リッターエンジン(192ps、27.5kgm)をラインナップしていたが、新たに導入されたのは、ニューCクラスに搭載される163ps版。5段ATが組み合わされる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
グレーとダーククレーの2トーンカラーのオプション本革内装に色を合わせた、瀟洒なインパネ回り。オーソドクスだが、使い手を迷わせない。ディスプレイへの視線移動が大きいのが減点ポイント。
(前席)……★★★★
大仰なサイドサポートを生やしたりはしないが、微妙に左右を高くした座面形状とバックレストでドライバーを拘束する。クルマのキャラクターをキッチリ反映したシート。スチール製シェルをプラスチックのリーフスプリングを介してフレームに固定、クッションは多素材の階層式と、カネかかってます。
(後席)……★★
前席背もたれ側面にあるレバーを操作すると、自動的にフロントシートが前方に移動、後席への乗り降りを容易にする「イージーエントリーシステム」装備。ただし、後席の住人は頭が天井につかえ、長時間は座れないため、別名「イージーゲットオフシステム」(ウソ)。
(荷室)……★★★
奥行き105cm、床面最大幅125cmと、数値的にはなかなかだが、マルチリンクサスの出っ張りが大きいのが欠点。ヒンジ横のレバーを引くと、後席バックレストを倒すことができる。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
2つの繭型ローターをかみ合わせて回すことでエアを充填するルーツ式スーパーチャージャー装着。ワクワクするスペックとラグのない過給が魅力だが、CLKのエンジンノートは、「ボー」と冴えない籠もり音。ストップ&ゴーの多い都会では耳につく。しかし、ひとたび高速道路にのれば、リアルな力強い加速を約束してくれる。5段ATは、スムーズなシフト。よく合ったギア比。文句なし。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
205/55R16というスポーティなサイズのタイヤのせいもあってか、微速時のステアリングは重め。乗り心地は、スタイリッシュな外観とはうらはらに重厚。正確なステアリング、高い接地感、しかし軽快にノーズの向きを変える、といった類のハンドリングではない。細かい「曲がり」では、切り返し時のロールの戻りが遅く、ノソッとした印象を受ける。

(写真=五條伴好)

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日: 2000年9月6日
テスト車の形態 :広報車
テスト車の年式 :2000年型
テスト車の走行距離 :694km
タイヤ :(前)205/55R16 91H/(後)同じ(いずれもGoodyear Eagle NCT5)
オプション装備 :本革シート+フロントシートヒーター(29.0万円)
テスト形態 :ロードインプレッション
走行状態 :高速道路(6):市街地(3):山岳路(1)
走行距離 :323.9km
使用燃料 :43.0リッター
参考燃費 :7.5km/リッター




メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像


メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像


メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像


メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像


メルセデスベンツCLK200コンプレッサーアバンギャルド(5AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ポルシェ718ボクスター(前編) 2016.10.6 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「ポルシェ718ボクスター」である。フラット4ターボエンジン搭載のミドシップポルシェを谷口はどう評価する?
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスベンツCLK240(5AT)【試乗記】 2002.6.7 試乗記 メルセデスベンツCLK240(5AT)
    ……590.0万円

    メルセデスベンツ「Cクラス」ベースの2ドアクーペ「CLK」。Bピラーのないスタイリッシュなデザイン、クルマとしてのできばえは、多方面から「絶賛」される。しかし、webCGエグゼクティブディレクターの大川悠は、「待った」をかける。なぜか?


ホームへ戻る